健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる

言葉の語源に関する記事


語源・由来|「うだつが上がらない」「どういたしまして」 江戸時代の文化が垣間見える表現

語源・由来|「うだつが上がらない」「どういたしまして」 江戸時代の文化が垣間見える表現

日本語の語源には、歴史と深くかかわりがある言葉が多く存在しています。今回は、日本古来の文化に根付いた「うだつが上がらない」と、「どういたしまして」という二つの言葉の語源をご紹介します。


語源・由来|「けりをつける」「油を売る」 歴史が見える言葉の由来

語源・由来|「けりをつける」「油を売る」 歴史が見える言葉の由来

普段よく聞く表現には、想像していたものとまったく違う語源を持つ表現があります。今回は、決着をつける、結論を出すという意味の表現の「けりをつける」と、時間をつぶし怠ける・無駄話をするという表現の「油を売る」の意外な語源を紐解いていきましょう。


語源・由来|「もったいない」「伸(の)るか反(そ)るか」

語源・由来|「もったいない」「伸(の)るか反(そ)るか」

言葉の語源をたどると、思わぬ由来や新しい意味を発見できることがあります。今回は、ものを無駄にしてしまった時、または分不相応で恐れ多いという時に使う言葉「もったいない」と、成功するかどうかは分からないが、運を天に任せてやってみるという意味の言葉「伸るか反るか」の、日常で耳にすることがある二つの表現の語源をご紹介します。


語源・由来|漢字の成り立ち「上下」「弓偏」 正反対の意味で同じ成り立ちを持つ漢字

語源・由来|漢字の成り立ち「上下」「弓偏」 正反対の意味で同じ成り立ちを持つ漢字

普段よく使う漢字には、意味が正反対でも由来が同じものがいくつかあります。今回は、そんな由来を持つ「上・下」と、弓偏の漢字「強・弱」の成り立ちをひもといていきましょう。


語源・由来|「どんでん返し」「大盤振る舞い」

語源・由来|「どんでん返し」「大盤振る舞い」

聞き慣れた表現の中には、意外な語源を持つ言葉があります。今回は、物語などの内容や展開が正反対になるという意味の言葉「どんでん返し」と、人に金品や食事などを気前よく振る舞う際に用いられる表現「大盤振る舞い」の言葉の由来をご紹介します。どちらも、昔使われていたあるものが語源となっている言葉です。


語源・由来|「大晦日」「元旦/元日」 よく使うその言葉、正しい使い方と語源はご存じですか?

語源・由来|「大晦日」「元旦/元日」 よく使うその言葉、正しい使い方と語源はご存じですか?

日本語には、季節を表す言葉が数多く存在しています。挨拶の機会が増える年末年始も、季節的な言葉が増える時季。今回は、その中から「大晦日」と「元旦/元日」について、正しい使い方と語源をご紹介します。


語源・由来|「洒落」「蜃気楼」 由来をたどると見えてくる歴史

語源・由来|「洒落」「蜃気楼」 由来をたどると見えてくる歴史

意味は知っていても、使われている漢字の由来を知ると、言葉の意味がさらにおもしろく感じられることもあります。今回は、「洒落」と「蜃気楼」、この二つの語源・由来をご紹介します。


語源・由来|「野次馬」「面白い」 日常でよく使われる言葉の意外な由来

語源・由来|「野次馬」「面白い」 日常でよく使われる言葉の意外な由来

日常会話の中でよく用いられる表現には、思いもよらない由来を持つものがいくつも存在しています。今回は、自分には無関係なことに関して興味本位で騒ぎ立てたり、人に便乗して面白半分で口を出したりする人のことを指す「野次馬」と、楽しく感じ笑いたくなるような時に用いる「面白い」の二つをご紹介します。


語源・由来|「紅一点」「朝飯前」 語源をたどってわかる、昔の文化

語源・由来|「紅一点」「朝飯前」 語源をたどってわかる、昔の文化

言葉の語源を掘り下げていくと、昔の風習や人々の生活などさまざまなものが関係しており、調べれば調べるほど興味深いものです。今回は、中国の詩を語源とする「紅一点」と、朝食前の様子を語源とする「朝飯前」をご紹介します。


語源・由来|漢字の成り立ち「鳥」「健」

語源・由来|漢字の成り立ち「鳥」「健」

日常的に使っている漢字ですが、どのような経緯で今の形になったのでしょうか? 今回は、「鳥」にまつわる漢字の由来と、「健」 という文字に込められた3つの意味についてお届けします。


語源・由来|暑さ寒さも彼岸まで・暑さ忘れて陰忘る 夏にまつわる言葉の由来

語源・由来|暑さ寒さも彼岸まで・暑さ忘れて陰忘る 夏にまつわる言葉の由来

日本には夏の暑さを用いた言葉がいくつかあります。今回はその中から、本来涼しくなる、または暖かくなる時期なのにまだ暑かったり寒かったりする時に使われる慣用句「暑さ寒さも彼岸まで」と、苦労した時期にありがたかったことでも、その時期を抜けてしまえばありがたみを忘れてしまうということを例えた表現「暑さ忘れて陰忘る」の、2つの言葉の由来をご紹介します。


語源・由来|飛んで火に入る(いる)夏の虫・戴く物は夏も小袖 夏にまつわる言葉の由来

語源・由来|飛んで火に入る(いる)夏の虫・戴く物は夏も小袖 夏にまつわる言葉の由来

夏という単語が用いられている表現も、よく考えてみるとどうやってできたのだろう?と不思議に思う言葉があります。今回は、自ら危険や災難・リスクを伴うところへ進んで飛び込むことを表す「飛んで火に入る(いる)夏の虫」と、人の欲深さ・強欲さを表現する言葉「戴く物は夏も小袖」の言葉の由来を探ってみました。


語源・由来|「足を洗う」「お茶を濁す」

語源・由来|「足を洗う」「お茶を濁す」

ごく普通に使っている言葉でも、どうやってできたのだろう、と思う表現はありませんか?語源をたどってみると、ユニークな由来がある言葉は多いのです。今回は、悪いことや好ましくないことをやめる、身を引く際に使われる「足を洗う」と、その場しのぎをする・うやむやにすることを意味する「お茶を濁す」の、 語源をお届けします。


語源・由来|岐阜と日光 地名の由来

語源・由来|岐阜と日光 地名の由来

普段慣れ親しんでいる地名でも、どうやってできたのだろう、と思う表現はありませんか。語源をたどってみると、ユニークな由来がある言葉は多いのです。今回は、「岐阜県」と「栃木県日光」の、地名の由来をお届けします。


語源・由来|「関の山」「逆鱗に触れる」の語源

語源・由来|「関の山」「逆鱗に触れる」の語源

ごく普通に使っている言葉でも、どうやってできたのだろう、と思う表現はありませんか。語源をたどってみると、ユニークな由来がある言葉は多いのです。今回は、これ以上はできないという力の限界を表現する言葉「関の山」と、激しく怒らせるという意味の表現「逆鱗に触れる」の、語源をお届けします。


語源・由来|難波・太秦 関西の地名の由来

語源・由来|難波・太秦 関西の地名の由来

ごく普通に使っている言葉でも、どうやってできたのだろう、と思う表現はありませんか。語源をたどってみると、ユニークな由来がある言葉は多いのです。今回は、関西地方の「大阪市 難波」と「京都市 太秦」の、意外と知られていない地名の由来をお届けします。


語源・由来|「胡散臭い」「サバを読む」

語源・由来|「胡散臭い」「サバを読む」

ごく普通に使っている言葉でも、どうやってできたのだろう、と思う表現はありませんか? 語源をたどってみると、ユニークな由来がある言葉は多いのです。今回は、なんとなく怪しい、どこか疑わしくて油断できない人や状況を表す「胡散臭い」と、数をごまかす時に使う表現の「サバを読む」の語源をお届けします。


語源・由来|「にべもない」「しっぺ返し」

語源・由来|「にべもない」「しっぺ返し」

ごく普通に使っている言葉でも、どうやってできたのだろう、と思う表現はありませんか? 語源をたどってみると、ユニークな由来がある言葉は多いのです。今回は、「愛想がない」「冷たい」といったそっけない様を表す言葉の「にべもない」と、何かをしてきた相手に対しすぐに仕返しをする様を表した「しっぺ返し」の、なかなか知られていない語源をご紹介します。


語源・由来|“東京都八重洲・福井県東尋坊” 地名の由来

語源・由来|“東京都八重洲・福井県東尋坊” 地名の由来

ごく普通に使っている言葉でも、どうやってできたのだろう、と思う表現はありませんか。語源をたどってみると、ユニークな由来がある言葉は多いのです。今回は、「東京都八重洲」と「福井県東尋坊」の、意外と知られていない地名の由来をお届けします。


語源・由来|“濡れ手で粟・癪(しゃく)に障る”言葉の由来

語源・由来|“濡れ手で粟・癪(しゃく)に障る”言葉の由来

ごく普通に使っている言葉でも、どうやってできたのだろう、と思う表現はありませんか。語源をたどってみると、ユニークな由来がある言葉は多いのです。今回は、苦労せずに利益を得ることを表現した言葉「濡れ手で粟」と、物事が気に入らず、不快である様を表した表現の「癪(しゃく)に障る」の、言葉の語源をご紹介します。