健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|「もずく」と「めかぶ」、どっちがいいの?

健康メニュー|「もずく」と「めかぶ」、どっちがいいの?

「もずく」と「めかぶ」は、どちらもスーパーなどで並んで販売されていることが多い海藻です。この2つ、見た目やパッケージが似ているため、何がどう違うのか区別がついていない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、もずくとめかぶの違いや食べ方、特徴的な栄養素とその効果について解説します。


「もずく」と「めかぶ」は、どちらもスーパーなどで並んで販売されていることが多い海藻です。この2つ、見た目やパッケージが似ているため、何がどう違うのか区別がついていない方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、もずくとめかぶの違いや食べ方、特徴的な栄養素とその効果について解説します。

「もずく」と「めかぶ」の違い

糸状でぬめりがあるもずくとめかぶは、見た目も似ているので違いがよく分からないという方も多いのではないでしょうか。どちらも同じ海藻ですが、まず違うのが種類です。めかぶはわかめの根元にあるひだの部分なので、わかめと一緒に収穫されます。 一方、もずくはモズク科やナガマツモ科という異なる海藻の一種です。めかぶはわかめの根元の部分を細く切り刻んでいますが、もずくは元々糸のように細いという形状の違いもあります。

もずくとめかぶは、食感も異なります。めかぶは肉厚でコリコリとした食感ですが、もずくはシャキシャキとした歯ごたえがあります。どちらも海藻独特の磯の匂いがあるものの、ほぼ無味で、市販品のもずくは黒酢やリンゴ酢、めかぶはうす塩やだししょうゆなどで味付けされています。

もずくは、「岩もずく」「糸もずく」「沖縄もずく(太もずく)」の3種類に分けられ、国内で流通している国産もずくの大半は、沖縄で養殖されたものがほとんどを占めています。

味付けされていない「もずく」「めかぶ」のおいしい食べ方

元々無味のもずくやめかぶは、味付けされて市販されていることが多いです。もずくは相性のよい酢で味付けされるのが定番ですが、酢の風味や酸味が苦手という方は、味付けされていないもずくをアレンジしてみましょう。もずくは必ずしも酸味と合わせる必要はなく、めんつゆと合わせてもおいしく食べられます。

しょうゆと合わせやすいめかぶは、ごま油との相性が抜群。少し垂らすだけでコクが出ます。納豆やオクラなどのねばねば食材と一緒に丼にのせた「ねばねばサラダ丼」も、めかぶを使ったおすすめメニューです。

もずくとめかぶも、実は相性のよい食材です。2種類の海藻を黒酢やめんつゆなど、好みの味付けで合わせてもおいしく食べられます。

栄養面ではどちらが優秀?

もずくとめかぶは、どちらも同じねばねば系の海藻特有の共通する栄養素を含んでいます。両者を比較してどちらが優秀とは言えないものの、栄養素の含有量が異なるので、期待する効果や健康成分に合わせてどちらかを選ぶとよいでしょう。

もずくの特徴的な成分、効能

もずくに含まれる特徴的な成分は、ぬめりの元となっている水溶性食物繊維「フコイダン」。めかぶにも含まれていますが、もずくのほうが約2.5倍も含有量が多いので効率よく摂取できます。

フコイダンには、免疫機能を活性させる効果が期待できます。また、尿をアルカリ化する作用があるので、痛風や尿路結石、高尿酸血症などの予防効果も期待できます。

めかぶの特徴的な成分、効能

めかぶの特徴的な成分は、「アルギン酸」です。こちらも海藻のぬめりの元となっている水溶性食物繊維なのでもずくにも含まれていますが、めかぶのほうが含有量の多い成分です。

アルギン酸には、塩分を吸着して血圧を下げてくれるカリウムが含まれています。その他にも、コレステロールの排出や血糖値や中性脂肪値上昇を抑える効果などが期待できるので、生活習慣病の予防効果も期待できます。めかぶを食前に食べると血糖値上昇を抑制できると言われるので、食事の前に食べるのもおすすめです。

世田谷自然食品では、相性のよいもずくとめかぶを一緒に味わえるおみそ汁を含む「おみそ汁 30食入(10種×各3食)」を販売しています。フリーズドライのおみそ汁なので、お湯を注ぐだけで磯の香り豊かなこだわりの味噌とだしを使ったもずくとめかぶのおみそ汁を味わえます。

もずくやめかぶは、健康効果が期待できる栄養を摂取できる海藻。そのまま酢やめんつゆと合わせて、またはおみそ汁として普段の食事にプラスして、もずくの栄養を摂取してみましょう。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。


健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

天気のいい日は体を動かしたくなるもの。特別な予定はなくても、お出かけしたい気分になったら「ご近所アウトドア」はいかがでしょうか。外で食べるご飯はおいしいですよね。ご飯があたたかければ、さらによし。ちょっとしたアイデアで、「ご近所アウトドアグルメ」を満喫できる方法をご紹介します。


健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

季節ごとに初めて取れる「初物」には、農作物や魚類までさまざまな食材が含まれます。初物の代表ともいえる「初鰹」は5月に旬を迎え、これから食べる機会が増えるでしょう。鰹以外にも、日本人が初物の食材を好んで食べるのには、江戸時代の文化にルーツがあります。今回は、そんな初物の由来についてご紹介します。


健康メニュー|朝食をちょっとした工夫でヘルシーに

健康メニュー|朝食をちょっとした工夫でヘルシーに

朝食は、1日のスタートを切るための大事な栄養源です。できるだけ栄養バランスのとれたヘルシーメニューを摂りたいものですが、毎朝続けるのはなかなか難しいと感じている方は多いのではないでしょうか。今回は、少しの工夫で朝食をヘルシーにするコツをご紹介します。


最新の投稿


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。


健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

天気のいい日は体を動かしたくなるもの。特別な予定はなくても、お出かけしたい気分になったら「ご近所アウトドア」はいかがでしょうか。外で食べるご飯はおいしいですよね。ご飯があたたかければ、さらによし。ちょっとしたアイデアで、「ご近所アウトドアグルメ」を満喫できる方法をご紹介します。


健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

旬の梅が出回る5月から6月にかけての間は、梅の実やガラス瓶をスーパーなどで見かける機会が多いものです。この時期は、「梅仕事」を行うことが一種の季節行事とされてきました。夏の疲労回復対策も兼ねて、いちばんおいしい時期の梅を使った自家製の保存食作りにチャレンジしてみましょう。


健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

季節ごとに初めて取れる「初物」には、農作物や魚類までさまざまな食材が含まれます。初物の代表ともいえる「初鰹」は5月に旬を迎え、これから食べる機会が増えるでしょう。鰹以外にも、日本人が初物の食材を好んで食べるのには、江戸時代の文化にルーツがあります。今回は、そんな初物の由来についてご紹介します。