健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|蒸して作るのになぜ「焼売」?

健康メニュー|蒸して作るのになぜ「焼売」?

焼売は、日本の定番中華メニューとして親しまれている料理です。蒸して作るのが一般的ですが、なぜ「焼」という文字が付いているのでしょうか。今回は焼売の名前の由来をはじめとして、日本独自の焼売文化や焼売の栄養、アレンジメニューをご紹介します。


焼売は、日本の定番中華メニューとして親しまれている料理です。蒸して作るのが一般的ですが、なぜ「焼」という文字が付いているのでしょうか。今回は焼売の名前の由来をはじめとして、日本独自の焼売文化や焼売の栄養、アレンジメニューをご紹介します。

「焼売」の名前の由来は?

焼売とは、中国・広東省発祥の中華料理の一種です。小麦粉で作った皮を薄く伸ばし、ひき肉に玉ねぎなどの刻んだ野菜、調味料を混ぜた「肉あん」を包んで蒸したもので、点心を代表する料理として知られます。

日本で焼売が販売されたのは、古くから中華街がある横浜が最初だといわれます。中国から渡ってきた料理人が、横浜の中華料理店で提供した焼売が好評を博し、やがて全国に広まりました。

焼売は中国全土で食べられていますが、「焼売」と表記するのは中国南方の方で、北方では「焼麦」と表記します。日本での表記は中国南方と同じですが、蒸して作る料理なのになぜ「焼売」と書くのか、疑問に思ったことはありませんか?

「焼売」という名称の由来には諸説ありますが、ひとつは中国語の「焼」という字に惣菜を作る、調理するという意味があったこと。作った惣菜を街頭で販売する意味で、「焼売」と名付けられたといわれます。また、かつての中国では伝染病を防ぐために、病害で真っ黒になった麦を焼いていたそうです。その姿が焼売に似ていたことから「焼麦」と表記し、それが「焼売」になったという説もあります。

日本独自の焼売文化も面白い

日本で食べる焼売といえば、グリーンピースが乗っているのが定番。しかし、実は本場中国の焼売にはグリーンピースは乗っていません。これは、日本独自の焼売文化なのです。なぜ日本の焼売にグリーンピースが乗っているのかについても、いちごのショートケーキのように見せるため、数を数えやすくするためなど諸説あります。

中国から日本に渡った焼売は、その他にも日本で独自の文化を生んでいます。例えば横浜のシウマイ弁当は、メインのおかずとして焼売が入った、全国的に有名な名物です。その他にも、玉ねぎと片栗粉を練って蒸し、足利産のソースをかけて食べる、皮がなく肉も入っていない栃木県足利市の名物「足利シュウマイ」など、日本各地でご当地の名物を使った焼売が味わえます。

焼売の主な具材と栄養

焼売に使われている主な具材といえば、豚肉と玉ねぎです。これらの具材には、さまざまな健康効果が期待できます。

豚肉

たんぱく質を多く含む豚肉はビタミンB群が多い食材として知られており、他の肉よりもはるかに多く含まれているのが特徴です。なかでも、ビタミンB1の含有量は全ての食品で上位に入るほど。ビタミンB1は糖質の代謝に欠かせない栄養素で、パンやご飯などの糖質を燃焼してエネルギーに変えてくれる働きを持ちます。さらに、ビタミンB1には筋肉の疲れの元となる乳酸がたまるのを防ぐ役割もあるため、よく運動をする方、疲れやすい方は積極的に摂取したい栄養素です。

玉ねぎ

玉ねぎに含まれる栄養素としてよく知られているのが、ポリフェノールの一種である「ケルセチン」と、玉ねぎの辛味の元である硫化アリルが変化した「アリシン」です。
ケルセチンには強力な抗酸化作用と抗炎症作用があり、血栓予防や血流を改善、動脈硬化予防や関節痛を和らげる効果などが期待できます。アリシンには免疫力アップや血行促進効果に加えて、ビタミンB1の吸収をサポートする働きも。つまり、玉ねぎとビタミンB1豊富な豚肉を具材に作る焼売は、ビタミンB1を効率よく摂取できるメニューなのです。
玉ねぎの栄養については、こちらの記事も参考にしてください。

焼売のおすすめの食べ方

焼売はそのまま食べてもおいしいですが、アレンジすることでまた新しい焼売の味わいを楽しめます。そこで、焼売をおいしく食べられるおすすめのアレンジ方法を2種類ご紹介します。

焼売の炊き込みご飯

焼売を使った炊き込みご飯は、冷凍焼売を使って簡単に作れます。冷凍焼売と鶏ガラスープ、しょうゆにおろし生姜やねぎなどの香味野菜をお米と一緒にポリ袋に入れて軽く混ぜ、耐熱皿を敷いた鍋で20分ゆでてから10分おくだけで、中華ちまきのような味わいの炊き込みご飯ができます。

焼売と白菜の中華あんかけ

焼売に白菜などの野菜をたっぷり加えたあんをかけた中華あんかけは、ボリュームアップできる上に野菜の栄養も摂取できるバランスのよいメニューです。焼売自体にうま味があるので、中華あんの塩分を控えられるのもポイントです。白菜に含まれる、若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなどをおいしく摂りましょう。
白菜の栄養については、こちらの記事も参考にしてください。

世田谷自然食品で販売している「温彩特選便 彩り御膳 12食セット」でも、副菜として焼売と白菜の中華あんかけを含むメニューを提供しています。レンジで加熱するだけで栄養バランスの取れた本格的な料理が味わえるので、焼売の調理が面倒な方にもおすすめです。

中国発祥の焼売は日本でも広く親しまれているメニューで、ご当地メニューとして個性的な焼売も生まれています。そのままはもちろん、アレンジしても味わえるので、さまざまな方法で焼売を楽しんでみましょう。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。