健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。

知っておきたい白菜の栄養

白菜は、そのほとんどが水分で、あっさりとしたクセのない味わいが特徴。そのため、ほかの食材と相性がよく、いろいろな料理に活用できる便利な野菜です。秋から冬にかけて旬を迎えた白菜は、甘みがぐんと増し、価格も手頃になるので、日々の食卓で大活躍してくれるはず。また、野菜のなかでは低カロリーでありながら、体にうれしい栄養価がたっぷりと含まれています。

若々しさを保つビタミンC

コラーゲンの合成を助けることで知られるビタミンCは、シミやしわの予防に欠かせません。また、免疫力の強化にも役立つといわれています。白菜(生)の可食部100グラムあたりのビタミンC含有量は19ミリグラムで、同重量のりんご(生・皮なし)の約5倍。ビタミンCをより効率よく摂るためには、白菜の葉の部分を食べるとよいそうです。

健やかな骨をつくるビタミンK

ビタミンKは、骨にカルシウムが吸収されるのを助ける作用があり、丈夫な骨をつくるのに役立ちます。年齢とともに気になる骨粗しょう症を予防するためにも、積極的に摂りたいビタミンです。ビタミンKは脂溶性ビタミンなので、炒め物にして油と一緒に食べるのがおすすめです。

栄養を逃さない!白菜のおすすめの食べ方

おすすめレシピ1:白菜のホワイトシチュー

白菜に豊富に含まれるビタミンCは水溶性のビタミンで、ゆでると栄養素が水に溶け出してしまいます。そのため、白菜の栄養を逃さず摂るためには、汁ごと味わえる鍋ものや煮込み料理がおすすめ。加熱することによってさらに甘みが引き立ち、かさが減るのでたくさん食べられるメリットもあります。

野菜たっぷりのホワイトシチューは、冷えた体をあたためてくれる冬にぴったりのメニュー。白菜は煮込めば煮込むほど、やわらかくとろとろになります。また、白菜に含まれるビタミンKが、牛乳に含まれるカルシウムの吸収を助けてくれます。

おすすめレシピ2:白菜のツナサラダ

白菜はシャキシャキした食感も魅力のひとつ。サラダや漬物など生でも味わいたいものです。白菜のツナサラダは、食卓にもう一品ほしい時に簡単につくれるメニュー。きれいに洗った白菜を食べやすい大きさに切り、ツナ・すりごま・塩・うまみ調味料を入れて和え、しばらくおいて味をなじませるだけでできあがり。白菜にツナのうまみが染み込み、箸が進みます。

漬物の場合、ビタミンCを摂るには漬け汁も利用するのがよいでしょう。しかし塩分の摂りすぎには要注意。塩分ひかえめの浅漬けにするのがおすすめです。

白菜をたっぷりおいしく味わえる方法は、下記の記事でもご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

世田谷自然食品が販売する野菜ジュースには、白菜が使用されています。トマトベースですっきりとした飲み心地の「十六種類の野菜」と、にんじんベースで濃厚な飲み心地の「コクとろ 極みの野菜」の2種類で、毎日の食生活にお役立ていただけます。

白菜は冬を代表する野菜のひとつ。栄養価が高く一番おいしく味わえる旬の時期だからこそ、たっぷりと味わいたいものです。鍋料理をはじめ、炒め物にサラダにと、白菜を楽しむお気に入りのレシピを見つけてみてください。

関連する投稿


健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

麻婆茄子は、日本でポピュラーな中華料理。中華料理店で食べられるほか、簡単に調理できるソースが市販されているので、家庭でも広く食べられているメニューです。そこで今回は、麻婆茄子に使われる定番の具材とその栄養、おすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

夏はミネラルを意識的に摂ることが重要。ミネラルとブドウ糖が豊富な黒糖は、体が疲れた時も、仕事や勉強で頭が疲れた時にもおすすめです。持ち歩きや使い勝手も良いので、夏の間は常備しておきたい食材です。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。


健康メニュー|中華丼 多彩な具材で栄養満点

健康メニュー|中華丼 多彩な具材で栄養満点

たくさんの野菜が入った具を乗せた中華丼は、家庭でも比較的簡単に作れて、おいしく栄養を摂れる料理です。今回は、そんな中華丼の定番具材に注目し、それぞれの具材の栄養素と健康効果についてご紹介します。


最新の投稿


健康法|クエン酸についておさらいしよう そもそも「クエン」とは?

健康法|クエン酸についておさらいしよう そもそも「クエン」とは?

「クエン酸」と聞いてどのようなことをイメージするでしょうか。「疲労回復に効果的」「掃除に活躍する」という知識はあっても、その正体を意外と知らないかもしれません。今回は、健康的な暮らしに役立つクエン酸の活用方法をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

麻婆茄子は、日本でポピュラーな中華料理。中華料理店で食べられるほか、簡単に調理できるソースが市販されているので、家庭でも広く食べられているメニューです。そこで今回は、麻婆茄子に使われる定番の具材とその栄養、おすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

夏はミネラルを意識的に摂ることが重要。ミネラルとブドウ糖が豊富な黒糖は、体が疲れた時も、仕事や勉強で頭が疲れた時にもおすすめです。持ち歩きや使い勝手も良いので、夏の間は常備しておきたい食材です。