健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

野菜の豆知識|「白菜」 淡白だけど栄養たっぷり

9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。


9割以上が水分といわれる白菜。そう聞くと「栄養があまりないのでは?」と思うかもしれませんが、実は若々しさを保つビタミンCや健やかな骨をつくるビタミンKなど、食事で摂りたい栄養をたっぷり含んでいる野菜です。白菜の旬は秋から冬で、10~2月頃がもっとも甘みが増しておいしくなります。今回は、白菜の持つ知られざるパワーと、栄養を逃さずに味わう方法をご紹介します。

知っておきたい白菜の栄養

白菜は、そのほとんどが水分で、あっさりとしたクセのない味わいが特徴。そのため、ほかの食材と相性がよく、いろいろな料理に活用できる便利な野菜です。秋から冬にかけて旬を迎えた白菜は、甘みがぐんと増し、価格も手頃になるので、日々の食卓で大活躍してくれるはず。また、野菜のなかでは低カロリーでありながら、体にうれしい栄養価がたっぷりと含まれています。

若々しさを保つビタミンC

コラーゲンの合成を助けることで知られるビタミンCは、シミやしわの予防に欠かせません。また、免疫力の強化にも役立つといわれています。白菜(生)の可食部100グラムあたりのビタミンC含有量は19ミリグラムで、同重量のりんご(生・皮なし)の約5倍。ビタミンCをより効率よく摂るためには、白菜の葉の部分を食べるとよいそうです。

健やかな骨をつくるビタミンK

ビタミンKは、骨にカルシウムが吸収されるのを助ける作用があり、丈夫な骨をつくるのに役立ちます。年齢とともに気になる骨粗しょう症を予防するためにも、積極的に摂りたいビタミンです。ビタミンKは脂溶性ビタミンなので、炒め物にして油と一緒に食べるのがおすすめです。

栄養を逃さない!白菜のおすすめの食べ方

おすすめレシピ1:白菜のホワイトシチュー

白菜に豊富に含まれるビタミンCは水溶性のビタミンで、ゆでると栄養素が水に溶け出してしまいます。そのため、白菜の栄養を逃さず摂るためには、汁ごと味わえる鍋ものや煮込み料理がおすすめ。加熱することによってさらに甘みが引き立ち、かさが減るのでたくさん食べられるメリットもあります。

野菜たっぷりのホワイトシチューは、冷えた体をあたためてくれる冬にぴったりのメニュー。白菜は煮込めば煮込むほど、やわらかくとろとろになります。また、白菜に含まれるビタミンKが、牛乳に含まれるカルシウムの吸収を助けてくれます。

おすすめレシピ2:白菜のツナサラダ

白菜はシャキシャキした食感も魅力のひとつ。サラダや漬物など生でも味わいたいものです。白菜のツナサラダは、食卓にもう一品ほしい時に簡単につくれるメニュー。きれいに洗った白菜を食べやすい大きさに切り、ツナ・すりごま・塩・うまみ調味料を入れて和え、しばらくおいて味をなじませるだけでできあがり。白菜にツナのうまみが染み込み、箸が進みます。

漬物の場合、ビタミンCを摂るには漬け汁も利用するのがよいでしょう。しかし塩分の摂りすぎには要注意。塩分ひかえめの浅漬けにするのがおすすめです。

白菜をたっぷりおいしく味わえる方法は、下記の記事でもご紹介しています。ぜひ参考にしてみてください。

世田谷自然食品が販売する野菜ジュースには、白菜が使用されています。トマトベースですっきりとした飲み心地の「十六種類の野菜」と、にんじんベースで濃厚な飲み心地の「コクとろ 極みの野菜」の2種類で、毎日の食生活にお役立ていただけます。

白菜は冬を代表する野菜のひとつ。栄養価が高く一番おいしく味わえる旬の時期だからこそ、たっぷりと味わいたいものです。鍋料理をはじめ、炒め物にサラダにと、白菜を楽しむお気に入りのレシピを見つけてみてください。

関連する投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。


健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。


野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

お正月料理や茶わん蒸しなどに使われる「ユリ根」。下処理に手間がかかりそうなイメージがありますが、実は洗って1枚ずつはがすだけで簡単。今回は、ホクホクの食感とほのかな甘味が特徴の冬の味覚「ユリ根」の食べ方や栄養などについてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。