健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
語源・由来|「洒落」「蜃気楼」 由来をたどると見えてくる歴史

語源・由来|「洒落」「蜃気楼」 由来をたどると見えてくる歴史

意味は知っていても、使われている漢字の由来を知ると、言葉の意味がさらにおもしろく感じられることもあります。今回は、「洒落」と「蜃気楼」、この二つの語源・由来をご紹介します。


意味は知っていても、使われている漢字の由来を知ると、言葉の意味がさらにおもしろく感じられることもあります。今回は、「洒落」と「蜃気楼」、この二つを見ていきましょう。

洒落

着ているものや身につけているもの、またはスタイルなどが垢抜けている人を「オシャレ」と呼びますよね。この言葉を漢字で書くと、「お洒落」となります。同じ漢字を使った「洒落」には、人を笑わせるという意味もあります。どちらも「洒」と「落」から成り立つ単語ですが、どうしてこの言葉が「垢抜けている人」や「人を笑わせる」という意味を持つようになったのでしょうか。
洒落という言葉は、長い間日光にさらされて白っぽくなるという意味を持つ「晒る(さる)」と、たわむれるという意味を持つ「戯る(さる)」、この同じ読み方をする二つの言葉が語源だといわれています。そして「晒る」の意味が転じて、「洗練された」「趣や風情がある」という意味を持つようになったのだとか。
「晒る」の読み方が「しゃれ」になったのは、室町時代以降だといわれています。そして、「洒落」という漢字が当てられた理由としては、心がさっぱりとしていて物事にこだわらないという意味を持つ漢語「洒落(しゃらく)」と、意味と音が似ていたからという説があります。この漢字が使われるようになったのは江戸時代前期以降で、洒落に接頭語の「お」が付いた「お洒落」が使われるようになったのは、江戸時代後期頃だと伝えられています。
人を笑わせたり、気が利くという意味も持つことから、言葉遊びの一種である「ダジャレ」も、漢字で書くと「駄洒落」となり、同じ「洒」「落」という言葉が使われています。
また、ふざけてたわむれることを「じゃれる」といいますよね。この言葉の由来も、実は洒落と同じ「戯る」が語源で、平安時代から使われている言葉なのだそうです。

蜃気楼

蜃気楼とは、大気中の温度・密度の差によって光が屈折し、遠くの風景などが逆さまになったり浮き上がったりするという現象です。富山県魚津市で見られることがよく知られていますが、「蜃気楼」の由来をたどってみると、古代中国の歴史に関わりがある言葉だということがわかります。
蜃気楼という言葉は、中国・漢の時代に司馬遷(しばせん)によってまとめられた歴史書「史記」の中の、天文・気象について記された「天官書」の一節に登場します。それは、「海旁蜃気象楼台」=「海旁(海のそば)の蜃の気は楼台(=高い建物)を象(かたど)る」という一文。「蜃」という生物が吐き出す息で楼台(ろうだい)、つまり高い建物を出現させたという意味です。「蜃」とは大きなハマグリ、または竜の一種である蛟(みずち)だという説があります。この話から、空に浮かび上がる不思議なものを「蜃気楼」と呼ぶようになったといわれています。そしてハマグリと竜のどちらも「蜃」と呼ばれていたため、両方が蜃気楼を作り出す生物と伝えられるようになったそうです。
「史記」の中に記されていることから、この書物が編纂された時代にはすでに蜃気楼は人に認識されていたことがわかります。紀元前100年頃のインドの書物「大智度論(だいちどろん)」でも蜃気楼に関する記述があり、日本でも元禄10年(1697年)に成立した軍学書「北越軍談」の中にも、戦国大名である上杉謙信が蜃気楼を見たという逸話があるなど、歴史にかかわる書物にも蜃気楼についての話が残されているんですね。

言葉の由来をたどると、とても深い歴史を知ることができるので、ぜひみなさんも調べてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

しょうがのピリッとした風味が食欲をそそる「豚のしょうが焼き」。豚肉は疲労回復、しょうがは冷え性対策に効果的で、暑さで疲れやすく冷房で体が冷えやすい夏にぴったりのメニューです。今回は、豚のしょうが焼きの具材とその栄養、あわせて味わいたい副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。


隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

高血圧や高血糖、高尿酸血症や血液ドロドロなどの引き金になり、健康リスクの大きな原因になる肥満。見た目でわかる肥満だけでなく、体型や体重に表れにくい、隠れ肥満も増えています。<br>そこで、改めて自分が肥満かどうか、肥満ならどんなタイプなのかを知り、健康な体を目指しましょう。ここで紹介するのは、「ダイエット」ではなく「やせ習慣」。継続しやすい生活習慣から、気軽に、前向きに取り組んでみましょう。


健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

食材のコクやうま味を引き出す調味料として、今や定番となっているのが「塩こうじ」。肉や魚を漬け込むのはもちろん、ドレッシングとしても使える便利な発酵調味料です。そこで今回は、塩こうじの種類や使い方について解説します。