健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
間違いやすい日本語|「つまらないものですが」「どうぞ召し上がってください」 マナーにまつわる言葉

間違いやすい日本語|「つまらないものですが」「どうぞ召し上がってください」 マナーにまつわる言葉

相手に贈り物をする時や、食べ物をおすすめしたい時、なんといって差し出すのがよいでしょうか。今回は、定型句となっている言葉をあらためて見直しながら、気持ちを丁寧に伝える言い方を探ります。「つまらないものですが」の本当の意味と、食べてほしい気持ちを丁寧に伝える時の「どうぞ召し上がってください」をご紹介します。


相手に贈り物をする時や、食べ物をおすすめしたい時、なんといって差し出すのがよいでしょうか。今回は、定型句となっている言葉をあらためて見直しながら、気持ちを丁寧に伝える言い方を探ります。

贈り物を差し出す時に使いたい言葉 「つまらないものですが」

「ご立派ですね」とほめられると、つい「そんなことはありません」と謙遜し、打ち消す方が多いのではないでしょうか。「謙遜」は、自分の能力や功績、価値をおごらず、控えめに振る舞うこと。奥ゆかしさを美徳とする日本らしい価値観です。こうした謙遜の表現のひとつが、相手に贈り物をする時に使う「つまらないものですが」という言葉です。

問. 「つまらないものですが」の真意は?

1. 取るに足らないつまらないものを贈って申し訳ない
2. 精いっぱい選んだものですが、立派なあなたを前にすると取るに足らないものに見えます

答えは2の「精いっぱい選んだものですが、立派なあなたを前にすると取るに足らないものに見えます」です。

最近は、「つまらないものですが」という言葉の本当の意味を知らずに「つまらないものを贈るとは失礼」ととらえる人もいたり、そこまでへりくだることはないという考え方を持つ人もいるようです。また、それほどかしこまった間柄ではない相手に対しては、実際に謙遜の言葉を使うと不自然なケースもあるでしょう。こうした場合、どのような言い方で贈り物を差し出すのがよいでしょうか。

使いやすいのは「心ばかりですが」とか「心ばかりの品」という言葉です。「心ばかり」は「わずかに心の一部を表したものであること」を表し、「このようなものでは私の気持ちは表しきれないのですが」という意味で使われます。同じような言い方に「ほんの気持ちですが」というフレーズもあります。ほんの気持ち、というには大きなものや高価なものを贈る際には、「精いっぱいの(感謝の)気持ちで」というとよいですね。

「気に入っていただけるとうれしいのですが」とか、食べ物であれば「お口に合うかどうかわかりませんが」という言葉も、贈る相手に心遣いする気持ちが伝わる表現です。

「食べてください」を丁寧に言うには?

お客さまに食べ物をお出しして、食べてほしい気持ちを丁寧に伝える時には、どのような言い方をするとよいでしょうか。

問. 「食べてください」を丁寧に伝える正しい敬語表現は?

1. どうぞお召し上がりください
2. どうぞ召し上がってください

答えは、2の「どうぞ召し上がってください」です。


「食う」「飲む」の尊敬語が「召し上がる」です。これに丁寧語の「ください」がついた形が「召し上がってください」で、敬語として正しい言い方です。

1の「どうぞお召し上がりください」は、よく使われていることもあり、一見、どこも間違っていないように思えますが、実は「召し上がる」という尊敬語に、同じく尊敬語の「お~になる」をつけた二重敬語なのです。しかし、現在は購入する食品などにも「お早めにお召し上がりください」などと書かれていることも多く、この表現は慣習として定着した言い回しとなり、使用してもよいと考えられています。

「食べてください」「お食べください」も丁寧な表現ではありますが、目上の方に使うのであれば、丁寧さにやや欠けるので、やはり「召し上がってください」や「お召し上がりください」を使うほうがよいでしょう。

同じく食べてほしい気持ちを伝える時に使うのが「ご賞味ください」という言い方です。実はこの言葉も親しい方に使うのは問題ないのですが目上の方には避けたい言い方です。詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください。

心からの気持ちがきちんと伝わるように、言葉の使い方は正しく知っておきたいですね。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

健康メニュー|「サワラ(鰆)」 旬が地域によって異なる出世魚

漢字で春の魚と書いて「鰆(サワラ)」。春の季語としても有名なため、サワラは春の魚だと思われがちですが、実は春だけでなく秋(冬)にも旬を迎えます。今回は、サワラの旬や切り身の選び方、栄養などについてご紹介します。


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。