健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
語源・由来|難波・太秦 関西の地名の由来

語源・由来|難波・太秦 関西の地名の由来

ごく普通に使っている言葉でも、どうやってできたのだろう、と思う表現はありませんか。語源をたどってみると、ユニークな由来がある言葉は多いのです。今回は、関西地方の「大阪市 難波」と「京都市 太秦」の、意外と知られていない地名の由来をお届けします。


ごく普通に使っている言葉でも、どうやってできたのだろう、と思う表現はありませんか。語源をたどってみると、ユニークな由来がある言葉は多いのです。今回は、関西地方の意外と知られていない地名の由来を二つお届けします。

大阪市 難波

難波(なんば)は、大阪市の二大繁華街の一つ・ミナミの中心部にある地名。この「難波」の由来は次のうちどれでしょうか。

1:激しい波が打ち付けていた場所だから
2:地形が波を打つような形で、整地するのが難しい場所だったから
3:高い波が多く、住みにくい場所だったから
このエリアは昔、難波村(なんばむら)と呼ばれていました。ではどうしてこの地が「難波」と名付けられたのでしょうか。
諸説ある難波という地名の由来には、海が大きく関係しています。現在の大阪平野は、かつて「河内湾(かわちわん)」と呼ばれる海でした。そこが長い時間をかけて運ばれた土砂により「河内潟(かわちかた)」と呼ばれる潟となり、潮の満ち干きによって激しい波が打ちつけていたといわれています。その様子から、日本最古の歴史書『古事記』にも記されている地名「浪速(なみはや)」ができたと伝えられています。難波の由来には、この「浪速」が訛ったという説と、潟に難儀な波が寄せる様子から「難波」という名ができた説があるそうです。ということで、正解は「1」でした。
また、一説には日本最古の首都ともいわれる「難波宮(なにわのみや)」は奈良時代から存在していた地名ですが、この名前も「浪速」からきているといわれているそうです。
「浪速」「難波」いずれも「なにわ」と読むこともできます。この読み方の由来については、難波は川が多く、魚の多い場所だったからという説があります。魚は昔「ナ」と呼ばれており、魚が多く棲む庭という意味で「なにわ」と読むようになり、これが変化して「なんば」と読むようになったのだとか。
現在も「なんば」と「なにわ」の二通りの読み方が混在し、さらに「浪花」という地名も「なにわ」と読むため、複数の表記で同じ読み方を持つ、珍しい地名となっています。

京都市 太秦

京都市の太秦(うずまさ)は、映画やドラマの撮影スタジオや時代劇のテーマパークがあることで知られるエリアです。
この「太秦」の由来は次のうちどれでしょう。

1:古代中国の秦から渡ってきた人が住んでいたエリアだから
2:秦氏の拠点となっていたから
3:大きな「旗」が建てられていた様が転じた
「東洋のハリウッド」とも称される京都市の太秦ですが、読み方が難しい難読地名のひとつとして知られています。
太秦という地名の由来にも諸説ありますが、応神(おうじん)14年(283年)、朝鮮半島から渡来したと『日本書紀』に記述が残る、弓月君(ゆづきのきみ)を先祖に持つ豪族・秦氏(はたうじ)の存在が欠かせません。現在の福岡県・大分県にまたがる豊前国(ぶぜんのくに)から中央政権へ進出した秦氏は、現在の太秦に定住しました。秦氏は優れた養蚕や機織、土木技術を持ち、その技術により太秦で栄えたそうです。中でも絹布は朝廷への租税とされており、そのため太秦には絹布が「うずたかく」積まれていたといわれています。この様から、秦氏は朝廷から「禹豆満佐(うずまさ)」という姓を与えられました。この姓が、拠点という意味を持つ「太」と「秦」の名を合わせ、秦氏の拠点という意味の「太秦」に当てられたという話が太秦の由来の定説となっています。ということで、答えは「2」です。

太秦にある広隆寺は、秦氏が創建した寺院だといわれています。同じく太秦にある木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)は、通称「蚕ノ社(かいこのやしろ)」とも呼ばれる、養蚕技術を持っていた秦氏ゆかりの神社。境内には蚕の神を祀る蚕養神社が鎮座しています。 ちなみに太秦が時代劇の撮影所として選ばれたのは、秦氏が太秦の地で発展させた織物業により、時代劇に必要な衣装などの生産拠点があったことが理由の一つ。また、神奈川県秦野市をはじめとして、全国の「秦」と付く地名の多くは、秦氏の一族が居住したことに由来しているそうです。

今回ご紹介した二つの地名は、どちらも『古事記』や『日本書紀』に登場するほど長い歴史を持つ名前でした。このような歴史を知ると、その場所を訪れる旅がより一層興味深いものになりそうですね。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。