健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
語源・由来|飛んで火に入る(いる)夏の虫・戴く物は夏も小袖 夏にまつわる言葉の由来

語源・由来|飛んで火に入る(いる)夏の虫・戴く物は夏も小袖 夏にまつわる言葉の由来

夏という単語が用いられている表現も、よく考えてみるとどうやってできたのだろう?と不思議に思う言葉があります。今回は、自ら危険や災難・リスクを伴うところへ進んで飛び込むことを表す「飛んで火に入る(いる)夏の虫」と、人の欲深さ・強欲さを表現する言葉「戴く物は夏も小袖」の言葉の由来を探ってみました。


夏という単語が用いられている表現も、よく考えてみるとどうやってできたのだろう?と不思議に思う言葉があります。今回は、そんなふたつの言葉の由来を探ってみました。

飛んで火に入る(いる)夏の虫

この言葉は、自ら危険や災難、リスクを伴うところへ進んで飛び込むことを表しています。例えば、「釣りをしていたら、遠くの魚がわざわざこちらまで来てくれた。まさに飛んで火に入る夏の虫だ」のように使われます。
夜行性の昆虫は夜間、光に向かって飛ぶ習性があります。特に夏の夜、街灯のまわりをたくさんの虫が飛んでいる光景を見かけることが多いのではないでしょうか。これは、光の刺激に反応して近寄っていく「走光性」という昆虫の本能からくる行動です。しかし、光源が火である場合、飛び込んだ先では焼け死んでしまいます。また、人間が設置した誘蛾灯などである場合も、虫は命の危険にさらされます。このように、先に危険が待ち構えているにもかかわらず、飛び込んでしまう昆虫の習性を人間に置き換えたのが、「飛んで火に入る夏の虫」という表現です。
この表現に出てくる「虫」のモデルとなったのは、蛾の一種「ヒトリガ」だといわれています。漢字で「火取蛾・燈取蛾・火盗蛾」などの表記があるほど、夜行性の昆虫の中でもとりわけ自ら火の光へ飛び込んでいく習性をもっているそうです。

戴く物は夏も小袖

この言葉は「貰う物は夏も小袖」という場合もあり、どちらも「まだ使えそうな粗大ごみをついもらってしまったけれど、やっぱり不要だったので『戴く物は夏も小袖』になってはいけないと痛感した」のように、人の欲深さを表現しています。一見するとあまり悪い印象は持たない言葉のようですが、由来をたどってみると、良くない意味で使う表現だということがわかります。
「小袖」とは、袖口の開きを狭くし、絹で作られた綿入りの着物のこと。冬の季語とされている布子(ぬのこ)とも呼ばれています。寒さをしのぐための綿入りの防寒着ですから、小袖を暑い夏に着ることはまずありませんし、夏にもらえば不要なものであることは明らかです。しかし、不要なものでもタダでもらえるのであればもらっておこうと考える人の様子から、人の欲深さ、強欲さを表現する言葉になったといわれています。
「戴く物は夏も小袖」と同じ意味を表す別の表現には、「貰う物なら藜(あかざ)でも」があります。藜とは粗末な食べ物・粗食とされることも多い、ゆでれば食べることができる雑草のことですが、そんな粗末な食べ物であっても、もらえるものならもらっておこうという、小袖と同じ意味を持つ表現です。
ちなみに江戸時代、幕府は年4回の衣替えの時期を制度化しました。旧暦の9月9日が着物に綿を入れる日、4月1日が着物から綿を抜く日などと定めていたそうです。難読名字として知られる「四月一日(わたぬき)」は、文字通りこの衣替えの日付が由来となっていると伝えられています。

今回は、夏にまつわる表現とその由来をご紹介しました。季節にまつわる慣用句があるのは、四季が楽しめる日本ならではですね。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。