健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|筋肉アップに年齢制限なし! 筋力をつける生活習慣

健康習慣|筋肉アップに年齢制限なし! 筋力をつける生活習慣

筋トレというと、若い世代の方が筋肉をつけるために行うだけの運動と思われがちです。しかし、筋トレは年齢に関係なく取り組める運動で、筋肉量アップも期待できます。今回は、日常生活でも実践しやすい筋力をつけるための運動や生活習慣についてご紹介します。


筋トレというと、若い世代の方が筋肉をつけるために行うだけの運動と思われがちです。しかし、筋トレは年齢に関係なく取り組める運動で、筋肉量アップも期待できます。今回は、日常生活でも実践しやすい筋力をつけるための運動や生活習慣についてご紹介します。

筋肉を増やすのに、年齢制限はない

年齢を重ねていくと、筋肉量はだんだんと減っていき、筋力も落ちてしまいます。これは加齢により、筋肉の増加に必要なたんぱく質、その合成に関係するホルモンの効果が落ちてしまうことが原因です。高齢者でも、筋肉をつけていれば体力がアップして健康維持につなげられるほか、転倒や腰痛、骨粗しょう症予防など健康によい効果が期待できます。

筋トレをすれば、年齢にかかわらず筋肉は増やせます。高齢者が筋トレで筋肉量を増やすためには、週2回程度の筋トレが必要といわれます。90歳前後でも、筋トレで筋肉量を増やして筋力アップができることが分かっているほどなので、年を取ってからでも、筋トレをすることは決して遅くはありません。

まずは週2回、おすすめ筋トレ記事4選

筋力をアップさせるには週2回程度を目安に、無理のない簡単な筋トレから始めてみましょう。

まず、自宅にあるタオルを使って背中の筋肉を鍛えましょう。背中の筋肉を鍛えれば、猫背が改善して姿勢がよくなります。筋トレで血流が改善されることにより、腰痛や肩こり予防にもつなげられます。

タオルを使って背中の筋トレをするには、肩幅程度に両脚を開いた状態で膝を軽く曲げて腰を落とします。両手を肩幅の1.5倍ほど広げてフェイスタオルをピンと張った状態で持ち、肘を伸ばしたままで頭の斜め上まで持ち上げましょう。その状態から両手を引っ張ってタオルに力をかけて胸へ下ろします。これを20回×3回繰り返しましょう。詳しくは、以下のリンクもご参照ください。

脚やお尻の筋肉を鍛えるなら、スクワットや足上げがおすすめ。道具不要で、自宅でも簡単にできます。スクワットは、上半身を垂直にしたまま直角になるまで腰を落とします。足上げは、あおむけの状態でゆっくりと両脚を真上に上げる動きです。詳しくは、以下のリンクもご参照ください。

日常生活で筋肉を鍛えるには、つま先立ち・つま先歩きがおすすめ。つま先立ちは、姿勢を正すことで体への負担を減らし疲れにくい体にしてくれます。慣れれば、自宅の中でも日常的にできる筋トレとなります。正しい手順は、以下のリンクでご紹介しています。

「体幹」や「インナーマッスル」を鍛える体幹トレーニングは、転倒や腰痛防止、姿勢改善などに効果が期待できます。道具不要で取り組めるドローインや腹筋運動などで体幹を鍛えられるので、以下の情報を参考に、自宅で取り組んでみましょう。

筋肉量を維持するために「たんぱく質」はどのくらい必要?

日本サルコペニア・フレイル学会では、加齢による筋肉量の低下「サルコペニア」の予防のために、1日あたり体重1キロにつき1グラム以上のたんぱく質摂取を推奨しています。つまり、体重60キロの方なら1日60グラムのたんぱく質摂取が必要というわけです。筋肉量を維持するためにも、同等のたんぱく質摂取が必要といえます。

たんぱく質は、卵や大豆製品、肉や魚などに多く含まれています。食事からこれらの食材を摂取することが理想ですが、食品だけで必要な量のたんぱく質を摂取するのが難しいこともあるでしょう。そんな時は、プロテインを摂取するのもひとつの方法です。本格的な筋トレをする方以外でも、全身の組織づくりに関わるたんぱく質を摂取できるので、健康維持や美容にも効果が期待できます。

筋トレに加えて、毎日10分でも歩く

ウォーキングは手軽にできる代表的な運動で、運動不足の解消にはなりますが、筋肉への負荷は小さいため、筋肉を鍛える効果はあまり期待できません。ただし、ウォーキングは脂肪を燃焼する有酸素運動なので、肥満解消や中性脂肪減少、高血圧や高血糖の改善効果が期待できるほか、運動による心肺機能向上や骨粗しょう症予防も見込めます。筋トレに加えて毎日10分ほど歩くだけでも、健康効果が期待できるでしょう。

ウォーキングと意気込む必要はなく、近所を散歩するだけでも運動効果は得られます。毎日の習慣として気軽に散歩を続けるところから、体を動かしてみるのも一案です。

年を取ってからでも筋トレをして筋肉量を維持できれば、いくつになっても健康的に過ごせます。日常生活に取り入れやすい運動も多いので、ちょっとした空き時間からでも運動習慣を作ってみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


健康の知識 健康習慣

関連する投稿


健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

梅雨から初夏にかけては、季節の変化が大きく体に負担がかかりやすいもの。疲れやだるさ、冷えなどを感じる前に、食の健康パワーを味方につけて備えましょう。気になる食事が見つかったらぜひ試してみてください。


健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

一般的な呼吸法として知られる腹式呼吸を実践したことがある方は多いと思いますが、その反対の動きを行う「逆腹式呼吸」はご存じでしょうか?逆腹式呼吸は、慣れないうちは動きが難しいと感じやすいですが、血流アップやリラックス効果が期待できる呼吸法です。今回は、逆腹式呼吸の効果ややり方を解説します。


健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

旬の梅が出回る5月から6月にかけての間は、梅の実やガラス瓶をスーパーなどで見かける機会が多いものです。この時期は、「梅仕事」を行うことが一種の季節行事とされてきました。夏の疲労回復対策も兼ねて、いちばんおいしい時期の梅を使った自家製の保存食作りにチャレンジしてみましょう。


健康法|自転車で「一石二鳥の運動」を!

健康法|自転車で「一石二鳥の運動」を!

5月は「自転車月間」と国土交通省でも定められ、自転車での健康づくりにより注目が集まるはずです。過ごしやすい爽やかな時期だからこそ、ご近所の移動だけでなく、行動範囲を広げてサイクリングに散歩、ウォーキングを組み合わせる方法をご紹介。自転車によって得られるメリットについても触れています。


健康習慣|寿命を延ばすスポーツ第1位はテニス、その理由とは?

健康習慣|寿命を延ばすスポーツ第1位はテニス、その理由とは?

人生100年時代に向けて寿命の捉え方も変化し、日常を制限なく生活できる期間とされる健康寿命への関心が高まっています。健康的な人生の時間を延ばすには、どんな生活を送るといいのでしょう。近年の研究では、テニスをする人はまったくしない人に対して死亡率が47%少なく、習慣化している人は平均寿命が9.7年も長いことが分かっています。今回は、テニスの習慣化による健康効果や寿命を延ばす理由について解説します。


最新の投稿


健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

健康法|備えて疲れ知らず 梅雨・夏の食養生まとめ

梅雨から初夏にかけては、季節の変化が大きく体に負担がかかりやすいもの。疲れやだるさ、冷えなどを感じる前に、食の健康パワーを味方につけて備えましょう。気になる食事が見つかったらぜひ試してみてください。


健康メニュー|初夏の風物詩、アユ

健康メニュー|初夏の風物詩、アユ

夏の魚といえば、川に生息するアユです。アユは水のきれいな川に生息する天然ものと養殖ものの2種類があり、栄養を豊富に含んでいます。今回は、アユの基本的な情報と豆知識、栄養価や食べ方についてご紹介します。


健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

健康法|逆腹式呼吸を会得しよう リラックス&血流アップの呼吸法

一般的な呼吸法として知られる腹式呼吸を実践したことがある方は多いと思いますが、その反対の動きを行う「逆腹式呼吸」はご存じでしょうか?逆腹式呼吸は、慣れないうちは動きが難しいと感じやすいですが、血流アップやリラックス効果が期待できる呼吸法です。今回は、逆腹式呼吸の効果ややり方を解説します。


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。