健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

「美容のため」というイメージが強い保湿ケア。きれいでいるために欠かせなお手入れですが、肌の乾燥が進んでしまうと美容はもとより健康面でも弊害が出てしまいます。乾燥すると肌が美しく見えないだけでなく、かゆみや湿疹などの症状に悩まされることもあります。今回は、健やかな美肌を守るための保湿について、見直したいポイントをご紹介します。


「美容のため」というイメージが強い保湿ケア。きれいでいるために欠かせなお手入れですが、肌の乾燥が進んでしまうと美容はもとより健康面でも弊害が出てしまいます。乾燥すると肌が美しく見えないだけでなく、かゆみや湿疹などの症状に悩まされることもあります。今回は、健やかな美肌を守るための保湿について、見直したいポイントをご紹介します。

きちんと保湿できていないと、肌はどうなるの?

肌の保湿ケアが万全でないと乾燥がみるみる進み、美容面はもとより健康面でのトラブルも出てきます。肌の表面がカサつくだけでなく、かゆみや痛みの症状もあらわれ、もっと乾燥が進行すると、ひび割れができたり、皮がむけたりします。
肌に適さないケアをそのまま続けていると、赤みや水ぶくれを伴う湿疹にまで発生することもあります。このような段階になったら、病院できちんと受診することをおすすめします。乾燥が進むと症状が悪化し、治りにくいという負のスパイラルに陥ってしまうため、ひどい状態に陥る前に、肌が乾燥してしまう原因や生活習慣について考えてみませんか。

保湿ケアの見直しポイント (1)湿度の高さ

冬は湿度が低く空気が乾燥し、肌も乾きやすくなります。乾燥から肌を守るには、室内の湿度を60%程度に保つことが大切です。部屋に加湿器をおく、濡れたタオルや洗濯物を室内干しすることで、理想的な湿度を保ちやすくなります。お風呂上りにバスルームのドアを少し開けておくことでも、部屋全体の湿度を高め、肌のうるおいを守ることにつながります。
また、室内の湿度を高く保つことは、肌の乾燥のみならず、喉をうるおして風邪やインフルエンザなどの対策としても役立ちます。

風邪予防と湿度の関係について詳しく知りたい方は、こちらをご覧ください。

保湿ケアの見直しポイント (2)スキンケア&生活習慣

肌の保湿に欠かせないのは、美容アイテムや化粧品だけとは限りません。市販の皮膚薬やケア用品などを活用して積極的にケアしてみてはいかがでしょうか。
例えば、刺激が少ないピュアワセリンは、保湿効果はないといわれていますが、さまざまな刺激から肌を守る皮膚保護薬として役立ちます。素肌に身につける肌着などは、肌の水分を奪う化学繊維ではなく、綿やシルクなどの天然素材のものを選び、肌のうるおいを守りましょう。
また、ストレスや睡眠不足は、肌本来の力を弱める原因に。バランスのとれた食事や適度な運動、趣味の時間などを取り入れ、生活習慣を見直してみませんか。

保湿ケアの見直しポイント (3)入浴の仕方

洗い過ぎは肌の大敵です。皮脂を必要以上に落としてしまい、乾燥を招きます。特に、年齢を重ねるほど、洗うことで取り去った皮脂が復活するのに時間がかかり、乾燥しやすくなります。
日ごろから硬いタオルでゴシゴシこすりすぎたり、洗浄力の高い洗顔料やボディーソープを使っていたりしないか、ぜひ見直してみてください。メイクをしている方は、落としやすいメイクアイテムを選ぶことも、乾燥しにくい肌への第一歩。日々洗いすぎないよう、心がけてみましょう。

乾燥が気になる時は、温度の高すぎるお風呂や長湯は禁物です。必要以上に皮脂を落としてしまうことになります。湯温は40℃ほど、湯舟につかるのは15分位までを目安にしましょう。保温効果のある入浴剤やバスオイルなどを利用するのもおすすめです。入浴後は、スキンケアでしっかり保湿し、肌のうるおいが逃げないようにするのがポイントです。

寒い季節に欠かせない保湿ケア。肌をカサつかせる原因をひとつずつ取り除きながら、乾燥に負けないうるおい続ける肌を保ちましょう。

関連するキーワード


健康の知識 健康習慣

関連する投稿


健康習慣|毎月違う品種が開花する、花の女王「バラ」を愛でる

健康習慣|毎月違う品種が開花する、花の女王「バラ」を愛でる

華やかで愛情を表現する花の代表格といえる「バラ」。バラは5~6月に咲くのが一般的ですが、品種によっては1年を通して楽しめるのも特徴です。今回は、バラが咲く時期やバラの花言葉、さまざまな健康効果も期待できるバラ茶やバラの香りについてご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

秋から冬にかけては、日に日に乾燥が厳しくなります。この時期の風邪は、喉の痛みからはじまる方も多いもの。なかには、この季節になると、喉からくる風邪に悩まされている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、喉の痛みがつらい時にすぐ試したい、さまざまな対処法やおすすめの生活習慣についてご紹介します。


健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

パソコンやスマホによる目の疲れや、涙の量が減少するドライアイ、慢性的な目の疲れによる眼精疲労など、増加する目のトラブルは現代病のひとつ。目の疲れが続くと、肩こりや頭痛などの症状も出てしまうので厄介です。今回はご自身でできる、目のセルフケアをご紹介します。


健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

木の棒を投げてピンを倒す、ボウリングのようなスポーツ「モルック」。一見シンプルながら、点数計算やゲームの進め方などには意外と戦略性があり、脳トレにもなるスポーツとして近年注目されています。今回は、モルックの概要についてご紹介します。


最新の投稿


楽しいコミュニケーションで心身の健康アップ!

楽しいコミュニケーションで心身の健康アップ!

コミュニケーションの大切さや、心身の健康維持に効果的なポイントをご紹介します。


健康メニュー|春の郷土寿司、全国津々浦々の美味しさを訪ねて

健康メニュー|春の郷土寿司、全国津々浦々の美味しさを訪ねて

春の旬の食材が味わえる「郷土寿司」。古くから保存食としてや、お祭りやお祝いの席で食べられてきた趣のある料理で、地域ごとにさまざまな個性を持っています。今回は、長く愛され続けてきたその歴史や味わいについて詳しくご紹介します。


健康習慣|毎月違う品種が開花する、花の女王「バラ」を愛でる

健康習慣|毎月違う品種が開花する、花の女王「バラ」を愛でる

華やかで愛情を表現する花の代表格といえる「バラ」。バラは5~6月に咲くのが一般的ですが、品種によっては1年を通して楽しめるのも特徴です。今回は、バラが咲く時期やバラの花言葉、さまざまな健康効果も期待できるバラ茶やバラの香りについてご紹介します。


健康メニュー|旬の食材をあしらい、四季を感じる「お吸い物」

健康メニュー|旬の食材をあしらい、四季を感じる「お吸い物」

日々の食卓を彩る、上品な味わいの「お吸い物」。起源は奈良時代まで遡り、当時の文献にはお吸い物の元となった「羹(あつもの)」の記載が残っています。室町時代には「吸い物」と呼ばれるようになり、江戸時代には具材の数が増え、季節ごとに趣向を凝らしたお吸い物が登場したといわれています。今回はお吸い物の基本から主役となる具材、お吸い物をいただくマナーをご紹介します。


不用品処分 環境にもお財布にもやさしく!

不用品処分 環境にもお財布にもやさしく!

引っ越し時や家電製品の買い替えなど、不用なものが発生した時に困るのが、処分方法ではないでしょうか。不用品の処分は品目によって方法が異なり、業者を利用するなどの方法もあります。そこで今回は、家庭で発生した不用品の処分方法について解説します。