健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康法|「つま先立ち・つま先歩き」 自分の自然な姿勢を知り、体の無理を減らそう

健康法|「つま先立ち・つま先歩き」 自分の自然な姿勢を知り、体の無理を減らそう

つま先立ちはトレーニングやダイエットの手段だと思われがちですが、それだけではありません。つま先立ちは、姿勢を正して体の負担を減らし、疲れにくくするためにも有効な方法なのです。今回は、自分の姿勢を見直すための「つま先立ち・つま先歩き」についてご紹介します。


つま先立ちはトレーニングやダイエットの手段だと思われがちですが、それだけではありません。つま先立ちは、姿勢を正して体の負担を減らし、疲れにくくするためにも有効な方法なのです。今回は、自分の姿勢を見直すための「つま先立ち・つま先歩き」についてご紹介します。

つま先立ちは自分の自然な姿勢を知るきっかけに

つま先立ちをするにあたって重要なことは、足先まで意識しながら、余計な力を入れず自然に立つ状態をつくることです。その状態が維持できていれば、かかとを降ろした時にも、バランスが取れていて余計な力の入らない「自分にとって最も自然な姿勢」で立つことができます。
この自然な姿勢、つまり安定していて持続しやすい姿勢を知ることで、体に負担がかかりにくくなり、体の能力を効率よく使えるようになります。姿勢を正すことでより楽に、快適に過ごせるようになるというわけです。

姿勢を確かめる!つま先立ちの手順

まずは下の手順に沿ってつま先立ちをし、自分の「自然な姿勢」を見つけましょう。

上体を動かさないで足踏みできる左右の足幅を見つける

鏡の前で、軽く足踏みをしながら、上体を揺らさず楽に足踏みできる足幅を探っていきましょう。上体が力んで反っていたり、猫背になっていないかも確かめてください。

正面を向き、体に力を入れずにつま先立ちをする

どのくらいかかとが上がるかは、体力によっても違ってきます。無理をせず、体が安定しない場合は壁に軽く手をついたり、体の真横に椅子の背もたれがくるように置き、背もたれに手をついて支えながらやってみましょう。ただし、体重をかけ過ぎないように気をつけてください。

ゆっくりとかかとを降ろしていく

ここでは運動が目的ではありませんので、つま先立ちが安定したらすぐにかかとを降ろしてもOK。最初の手順から2~3回つま先立ちを繰り返して、安定する姿勢を見つけていきます。かかとを降ろしていても、つま先まで意識が通っている感覚をつかみましょう。

「自然な姿勢」の感覚がつかめてきたら、鏡のないところでもつま先立ちに挑戦してみましょう。毎日家事をする前、歩き始める前など、体を動かす前の準備として取り入れるのがおすすめです。

つま先立ちに慣れてきたら歩いてみよう

つま先立ちに慣れて余裕が出てきたら、自然なつま先立ちの姿勢を保ったまま歩く「つま先歩き」に挑戦してみましょう。足の親指側で床をつかむようにするのがポイントです。
トレーニング法としても知られている通り、つま先歩きをすると足の筋肉が鍛えられることでヒップアップにもつながり、血液やリンパの循環する力が高まるため、冷え性改善も期待できます。
また、つま先まで意識が通っている感覚をよりはっきりとつかみ、体全体のバランスを取る力をつけるためにも、つま先歩きはおすすめです。そうすることで、日常生活の中でもさらに体に負担がかかりにくくなり、体の能力を効率よく使えるようになっていきます。
ただし、無理につま先歩きを続けるのは転倒などを引き起こしかねないため、やり過ぎにはご注意を。長くても1回あたり数分程度にしましょう。

生活の中でも自然な姿勢を意識して

つま先立ちやつま先歩きで得た「自然な姿勢」の感覚は、日常生活の中でもぜひ生かしたいもの。ポイントは、ついつい無理な姿勢を取ってしまいがちな場面であっても、体全体の自然な動きを優先することです。

遠くのものの取り方

その場に立ったまま無理な姿勢で手を伸ばすのではなく、自然な姿勢で無理なく取れるところまで、体ごと近づくようにしましょう。

掃除機の持ち方

腰をかがめず、自然な姿勢のまま持てる位置に構えて、その姿勢のまま移動しましょう。掃除機の先に余計な力をかけないようにします。

洗濯物の干し方

高いところへ手を伸ばして干すのではなく、踏み台などを使って無理なく干せる体勢をつくります。洗濯かごも、床に置くより台などに置いて、無理なく取れるようにするといいでしょう。

思い立ったらすぐ実践できるつま先立ち。感覚をつかむために、まずは裸足でやってみるのがおすすめです。ただ、靴を履いていても効果はあるので、日常のさまざまな場面に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。


健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

だんだんと朝晩の気温が涼しくなる秋は、運動や行楽が楽しい季節。9月は、「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動月間」が実施される時期でもあります。この機会に、健康寿命をのばすためのちょっとした習慣をはじめてみてはいかがですか。今回は、健康寿命をのばすための習慣5つをまとめてご紹介します。


健康法|季節の変わり目に 自律神経を整えるアロマ活用法

健康法|季節の変わり目に 自律神経を整えるアロマ活用法

日常生活にアロマを取り入れている人は、そうでない人に比べて幸せ度が高いという説があります。気持ちの切り替えやリラックス、リフレッシュと、アロマは効果的なセルフメンテナンス法のひとつです。そこで今回は、マグカップを使ってすぐできる芳香浴の方法と、秋冬の不調におすすめのアロマをご紹介します。


健康習慣|食育 完食より「楽しく食べて」学ぶ

健康習慣|食育 完食より「楽しく食べて」学ぶ

毎日の食事は、生活の基本となる重要なものです。そんな食について学ぶ「食育」では、どのようなことを学べるのでしょうか。今回は、食育の基本や楽しく食育を学ぶ方法など、食育について解説していきます。


最新の投稿


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

だんだんと朝晩の気温が涼しくなる秋は、運動や行楽が楽しい季節。9月は、「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動月間」が実施される時期でもあります。この機会に、健康寿命をのばすためのちょっとした習慣をはじめてみてはいかがですか。今回は、健康寿命をのばすための習慣5つをまとめてご紹介します。


郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

里芋は、十五夜のお供え物や季節のイベントにぴったりな料理の具材として幅広く食べられています。今回は、里芋を供える十五夜に合わせて知っておきたい、里芋をおいしく食べられる郷土料理や里芋の栄養素、効果についてご紹介します。