健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康法|梅雨の不調を改善する健康メニュー5選

健康法|梅雨の不調を改善する健康メニュー5選

湿度も気温も高くなる梅雨。急激な気候の変化は、体調にさまざまな不調をもたらし、食欲もなくなりがち。そんな時は、体をいたわりながらさっぱりと味わえる健康メニューを取り入れてみてはいかがでしょうか。おいしく食べて、梅雨に負けない体作りを目指しましょう。


湿度も気温も高くなる梅雨。急激な気候の変化は、体調にさまざまな不調をもたらし、食欲もなくなりがち。そんな時は、体をいたわりながらさっぱりと味わえる健康メニューを取り入れてみてはいかがでしょうか。おいしく食べて、梅雨に負けない体作りを目指しましょう。

梅雨の時期の食養生

梅雨の時期に起こる不調の主な原因は、体内の余分な水分や冷えだと考えられています。そこで、毎日の食生活にひと工夫。余分な水分の排出を促してくれる食材を積極的に摂りましょう。体内の水分バランスを整える働きを持つ玄米やハトムギなどの穀類、利尿作用のある小豆や大豆などの豆類がおすすめです。このような食材を意識して摂りながら、「冷たい・濃い・甘い・生食・脂っこい」の5つを避けるようにすることもポイントです。

梅雨の不調から体を守るおすすめメニュー5選

1:食欲が出ない時は「薬味」の力を借りよう

料理の味わいや彩りに欠かせない薬味。独特の香りは、気分をスッキリさせたり、食欲を増進させたりする効果もあるといわれています。薬効が高く、生薬として漢方薬に入っているものも少なくないようです。のどの調子がおかしい時にぴったりのみょうがや、胃腸の働きを助けてくれるシソなど、体の不調に応じてうまく活用してみてください。

2:“三毒”を断つ「梅」を食卓に取り入れよう

「梅雨」という名前は、梅の実が熟する頃に降る雨であることに由来するという説があります。梅は古くからその効能が知られ、江戸時代には「梅は三毒を断つ」「梅干しの七徳」などと謳われていたようです。「三毒」とは、水毒(体内に余分な水分がたまった状態)、食毒(不規則な食生活により体内のバランスがくずれた状態)、血毒(血液の状態が滞った状態)のこと。身近な食材でありながら意外と知らない、梅干しの効能をご紹介します。

3:さっぱりと味わえる「イワシの梅煮」

イワシは梅雨の時期に旬を迎えます。特に、この時期に水揚げされるマイワシの別称を「入梅イワシ」といい、脂がのって美味。良質の動物性たんぱく質や、骨を健やかにするカルシウム、カルシウムの働きを助けるビタミンB6などの栄養素が豊富です。骨ごとじっくり煮物にすれば、栄養を逃さず食べられます。梅と組み合わせて、イワシの梅煮にするのがおすすめですよ。

4:優しい味わいの「卯の花」でたんぱく質補給

梅雨の時期は、普段あまりむくみを感じない人でもむくみやすくなります。食養生の観点では、梅雨の1~2ヵ月前から水分代謝を助ける食材を積極的に摂り、体に準備させておくことが重要です。大豆は余分な水分代謝を促し、むくみの解消に役立つ食材だと考えられています。大豆からできたおからを使った副菜の定番「卯の花」を、食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。

5:疲れた胃をいたわる「はもの吸い物」

関西や九州などで、夏の風物詩として親しまれている「はも」。細長い姿が特徴で、独特のうま味があります。筋肉や血液をつくるのに欠かせないたんぱく質や、エネルギーの元となる脂肪も豊富で、夏の活力源としてぴったりの食材です。梅雨の時期には、あたたかいお吸い物で味わってみてください。

心も体もずっしりと重たく感じられる梅雨の時期。旬の食材を取り入れたバランスのよい食生活をすることで、症状がやわらぐかもしれません。雨が続く憂鬱な日々を軽やかに乗り切りたいですね。

関連する投稿


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

健康法|運動嫌いでも知ってほしい「METs(メッツ)」 意識してダイエット効率アップ

おうち時間や感染予防対策が日常になってから、慢性的な運動不足や体調不良に悩まされている方も多いようです。METs(メッツ)とはスポーツだけでなく、料理や通勤、草むしりなど、生活上のさまざまな活動の運動強度が分かる単位です。スポーツが苦手でも、日常生活でMETsの高い動きを心がければ、いまよりも運動不足を解消でき、ダイエット効果も期待できるはずです。


健康法|季節の変わり目に 自律神経を整えるアロマ活用法

健康法|季節の変わり目に 自律神経を整えるアロマ活用法

日常生活にアロマを取り入れている人は、そうでない人に比べて幸せ度が高いという説があります。気持ちの切り替えやリラックス、リフレッシュと、アロマは効果的なセルフメンテナンス法のひとつです。そこで今回は、マグカップを使ってすぐできる芳香浴の方法と、秋冬の不調におすすめのアロマをご紹介します。


健康法|クエン酸についておさらいしよう そもそも「クエン」とは?

健康法|クエン酸についておさらいしよう そもそも「クエン」とは?

「クエン酸」と聞いてどのようなことをイメージするでしょうか。「疲労回復に効果的」「掃除に活躍する」という知識はあっても、その正体を意外と知らないかもしれません。今回は、健康的な暮らしに役立つクエン酸の活用方法をご紹介します。


最新の投稿


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。