健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
おみそ汁|はもの吸い物 体を作る栄養素たっぷり

おみそ汁|はもの吸い物 体を作る栄養素たっぷり

関西・九州地方などで夏の風物詩として愛されている「はも」は、あっさりとした白身魚のイメージですが、実は独特のうま味がたっぷりと出ます。また、筋肉や血液など、体を作る栄養素にも優れているのです。今回は、はもの吸い物についてご紹介します。


関西・九州地方などで夏の風物詩として愛されている「はも」は、あっさりとした白身魚のイメージですが、実は独特のうま味がたっぷりと出ますし、栄養にも優れているのです。今回は、はもの吸い物についてご紹介します。

関西・九州で愛される夏の味覚 はも

東北地方以南に見られ、関西・九州でよく食べられる

はもは東北地方以南の日本各地や東シナ海、太平洋西部からインド洋で捕れる魚で、6月から9月にかけて出回ります。小骨が多いことから関東地方などではあまり食べられてきませんでしたが、関西地方などでは身に約2ミリメートルずつの細かい切り目を入れる「骨切り」を施して食べる方法が根付いています。

古くから「活力の強い魚」として知られてきた

関西でも特にはも料理で有名なのが京都です。実は、鮮魚の輸送ルートなどが確立していない頃、明石で捕れたはもを京都まで運んでも活けで食べられるほど、はもの活力が強かったからだといわれています。

たんぱく質、カルシウムが豊富で栄養満点

独特のうま味はたんぱく質と脂肪の合わせ技

細長い姿が特徴のはもは、うなぎやあなご、太刀魚など同じように細長い魚の中でも、たんぱく質を多く含んでいます。さらに、旬のはもは脂ものって栄養たっぷり。はもの独特のうま味は、この豊富なたんぱく質と脂肪のうま味が重なって生まれるとされています。
たんぱく質は筋肉や血液を作るのに欠かせませんし、脂肪もエネルギーの元となる栄養素。夏の活力源としても注目すべき食材が、はもなのです。

「骨切り」はカルシウムを補うためにも良い食べ方

「骨切り」は読んで字のごとく、はもの小骨を細かく切って食べやすくする調理法です。魚の小骨と聞くと、きれいに取り除かれている方が食感もよく丁寧に感じられますが、栄養面では骨切りをすることに理由があります。はもはカルシウムに富む魚だといわれていて、この骨にはカルシウムが多く含まれているからなのです。

軟骨や靱帯を丈夫にするコンドロイチンも

はもには、軟骨や靱帯を丈夫にする働きのあるコンドロイチンも多く含まれています。加齢とともに減りがちな栄養素ですから、積極的に摂りたいところです。

実はビタミンAの量は多くない

ひと昔前まで、はもはビタミンA(レチノール)を比較的多く含む魚だと考えられ、「はもの身一切れで、大人の1日のビタミンA必要量をほぼ満たす」とまでいわれてきました。しかし現在は、大人に必要とされる量の10分の1にも満たないことが分かっています。

温かいはもの吸い物で夏も元気に

温かい汁もので疲れた胃にやさしく

梅雨の影響や夏バテなどで食欲が落ちやすい初夏から夏にかけて、脂がのっていて、冷たくしてさっぱりいただけるはもはありがたい食材のひとつ。ただ、温かい汁ものは胃にもやさしく、食事の最初にいただけば、体を温めて食欲を増す効果も期待できます。あっさりとした味わいの吸い物であれば、食欲のない時にも取り入れやすいでしょう。

はもの骨切りは、細かい間隔で身に包丁を入れ、しかも皮までは切らないよう加減するという難しい技術です。家庭でできないわけではありませんが、技術に長けた鮮魚店で調理してもらったりすることも多いものでした。ただ最近では、活けはもの骨切りを自動で行う機械も登場するなどして、骨切り済みのはもも、手に入りやすくなっています。この夏はぜひ、温かいはもの吸い物で夏の暑さを乗り切ってみませんか。

関連する投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


最新の投稿


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。