健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
日本一の旅|自然あふれる日本最大の池「湖山池」(鳥取県)

日本一の旅|自然あふれる日本最大の池「湖山池」(鳥取県)

鳥取県北部のほぼ中央にある湖山池(こやまいけ)は、沿岸部の湖山砂丘(古砂丘、新砂丘)の発達により形成された潟湖で、「池」がつく湖沼のなかでは日本最大級の広さを誇ります。池に浮かぶ青島、西側の金沢・福井地区、東側の湖山南地区の3カ所は、湖山池公園として整備され、のんびりと雄大な自然や美しい景観を満喫できると人気です。今回は湖山池の見どころについてご紹介します。


鳥取県北部のほぼ中央にある湖山池(こやまいけ)は、沿岸部の湖山砂丘(古砂丘、新砂丘)の発達により形成された潟湖で、「池」がつく湖沼のなかでは日本最大級の広さを誇ります。池に浮かぶ青島、西側の金沢・福井地区、東側の湖山南地区の3カ所は、湖山池公園として整備され、のんびりと雄大な自然や美しい景観を満喫できると人気です。今回は湖山池の見どころについてご紹介します。

画像提供:鳥取市

湖山池へのアクセス

湖山池公園へは、JR西日本・山陰本線鳥取駅から車で約20~30分、バスで約30~40分で到着します。
湖山池は、「休養ゾーン」、「子供の遊びゾーン」、「湖山池オアシスパーク」と拠点が3カ所に分かれています。「休養ゾーン」は湖山池の西側、福井地区から金沢地区にあり、湖山池を眼下に望む絶景が楽しめます。「子供の遊びゾーン」は湖山池に浮かぶ鳥取で一番大きな島・青島を整備したエリアです。1周約30~40分の遊歩道や展望台が整備されています。「湖山池オアシスパーク」は季節を通じて花や植物を愛でるのに最適な場所です。お弁当を広げてピクニックをしたり、夕陽を眺めたりと思い思いに過ごすことができます。
池に浮かぶ青島にある「子供の遊びゾーン」へは、車の乗り入れが禁止されているので、湖畔から青島大橋を歩いて渡ります。

画像提供:鳥取市

桜や夕日など四季折々の美しい景観が池を彩ります

画像提供:鳥取市

穏やかで自然あふれる湖畔では、春は桜、夏はオミナエシ、秋は桔梗、冬は梅や椿など、数種類の花が咲き、てんとう虫やチョウ、トンボ、野鳥などにも癒やされます。湖山池に浮かぶ子供の遊びゾーンは桜の名所としても有名です。ソメイヨシノを中心に約30種、500本余りが咲き、種類によって見頃が違うので長い期間楽しめるのも魅力的です。
また、湖畔からは美しい夕日が楽しめます。特に湖山池オアシスパーク内の四阿(あずまや)からの景観は絶景で、湖面に映る夕日や湖面全体を茜色に染める様子は、とても幻想的です。

ジオパークとは?

周囲18キロメートル、面積6.9平方キロメートルの日本一大きな湖山池は、山陰海岸ジオパークの大きな見どころのひとつです。
では、山陰海岸ジオパークの「ジオパーク」とは何でしょうか。「geo(ジオ)」は大地、「park(パーク)」は公園を意味していて、科学的にみても貴重な地球活動遺産を有する「大地の公園」のことです。地域の歴史や自然現象がよくわかる地質遺産を多く含み、考古学や生態系を体験し学ぶことができる、文化的な価値のある場所なのです。この貴重な場所は、博物館やガイド付きツアーなどを行い、教育、観光、産業などに活用されています。
山陰海岸ジオパークは、ユネスコの事業である世界ジオパークネットワークに認定されています。山陰海岸国立公園の中核に位置しており、「日本の海岸がどのように作られたか」現在までの歴史や文化が分かる地質や地形を見ることができます。

冬の風物詩「石がま漁」は湖山池の独特な漁法

画像提供:鳥取市

湖山池では、1月下旬から2月上旬にかけて「石がま漁」と呼ばれる漁が行われており、コイやフナなどを捕獲しています。石がま漁は、大小の石を組み合わせてできた大きな道具とつつき棒を使って魚を捕る方法で、300年ほどの歴史があり、全国でもここだけにしかないものといわれています。
寒くなって水が冷たくなると、石の陰などの温かい場所に身を寄せるという魚の習性を利用した漁法で、冬の湖畔で漁の様子を見ることができます。

湖山池の広さを物語る伝説も伝わっています

画像提供:鳥取市

約20万年前は入り海であった湖山池周辺は、数万年かけて、砂丘の堆積が進み、海と分離し湖沼となり、弥生時代にほぼ現在の湖山池の形になったといわれています。そんな湖山池には、池の誕生にまつわる「湖山長者伝説」も伝わっています。

かつて大金持ちの長者がおり、長者の村では、「村人が1日で田植えを終わらせる」という習慣がありました。ある年、夕方になっても田植えが終わらず、長者が太陽に向かって「いっときの間、戻ってくれ」と唱えたところ再び太陽が昇り、田植えが終わりました。しかし、その翌日は、植えたばかりの田んぼが大きな池に変わっており、「太陽を招いた罪で田んぼを池に変えられた」と人々は恐れました。この伝説に登場する池が湖山池なのです。

広く穏やかな池には美しい景観が広がり、散策にもぴったりです。夕暮れ時に日が沈むまで湖面を眺めてみるのもおすすめです。ぜひ、日本一広い池の大きさを実感してみてください。

湖山池公園
所在地:鳥取県鳥取市桂見、高住、金沢ほか
電話番号:0857-31-2900(湖山池情報プラザ)
URL:http://www.city.tottori.lg.jp/www/contents/1317716418363/index.html

※掲載されている情報は2018年12月現在のものです。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


楽しいコミュニケーションで心身の健康アップ!

楽しいコミュニケーションで心身の健康アップ!

コミュニケーションの大切さや、心身の健康維持に効果的なポイントをご紹介します。


健康メニュー|春の郷土寿司、全国津々浦々の美味しさを訪ねて

健康メニュー|春の郷土寿司、全国津々浦々の美味しさを訪ねて

春の旬の食材が味わえる「郷土寿司」。古くから保存食としてや、お祭りやお祝いの席で食べられてきた趣のある料理で、地域ごとにさまざまな個性を持っています。今回は、長く愛され続けてきたその歴史や味わいについて詳しくご紹介します。


健康習慣|毎月違う品種が開花する、花の女王「バラ」を愛でる

健康習慣|毎月違う品種が開花する、花の女王「バラ」を愛でる

華やかで愛情を表現する花の代表格といえる「バラ」。バラは5~6月に咲くのが一般的ですが、品種によっては1年を通して楽しめるのも特徴です。今回は、バラが咲く時期やバラの花言葉、さまざまな健康効果も期待できるバラ茶やバラの香りについてご紹介します。


健康メニュー|旬の食材をあしらい、四季を感じる「お吸い物」

健康メニュー|旬の食材をあしらい、四季を感じる「お吸い物」

日々の食卓を彩る、上品な味わいの「お吸い物」。起源は奈良時代まで遡り、当時の文献にはお吸い物の元となった「羹(あつもの)」の記載が残っています。室町時代には「吸い物」と呼ばれるようになり、江戸時代には具材の数が増え、季節ごとに趣向を凝らしたお吸い物が登場したといわれています。今回はお吸い物の基本から主役となる具材、お吸い物をいただくマナーをご紹介します。


不用品処分 環境にもお財布にもやさしく!

不用品処分 環境にもお財布にもやさしく!

引っ越し時や家電製品の買い替えなど、不用なものが発生した時に困るのが、処分方法ではないでしょうか。不用品の処分は品目によって方法が異なり、業者を利用するなどの方法もあります。そこで今回は、家庭で発生した不用品の処分方法について解説します。