健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
野菜の豆知識|女性の果実「ザクロ」の栄養&おいしい食べ方

野菜の豆知識|女性の果実「ザクロ」の栄養&おいしい食べ方

中近東地域が原産のフルーツ「ザクロ」は、ジュースやサプリメントとしても多く販売されています。加工品が多く市販されていますが、最近では丸ごとのザクロの実も店頭で見かける機会も増えています。今回は、ザクロの栄養やおいしいザクロの見分け方、食べ方をご紹介します。


中近東地域が原産のフルーツ「ザクロ」は、ジュースやサプリメントとしても多く販売されています。加工品が多く市販されていますが、最近では丸ごとのザクロの実も店頭で見かける機会も増えています。今回は、ザクロの栄養やおいしいザクロの見分け方、食べ方をご紹介します。

女性にうれしい「ザクロ」の栄養

栄養豊富なスーパーフードのひとつであるザクロは、古くから「女性の果実」と呼ばれてきたフルーツです。その理由は、豊富に含まれる女性にうれしい成分にあります。

ザクロには、女性ホルモンの分泌を促し、ホルモンバランスを整える働きを持つ「エストロン」が豊富に含まれています。このエストロンの効果により、ホルモンバランスの変化で起こる更年期障害の症状緩和効果が期待できます。

さらに果実や野菜などの赤い色の元であるアントシアニン、タンニンやエラグ酸というポリフェノールは、抗酸化作用や抗炎症作用で、体の酸化を防ぐことにより美肌効果やアンチエイジング効果も期待されます。また、エラグ酸にはメラニンの生成を抑える働きがあり、シミやそばかすの予防効果も期待できるため、ザクロは女性にとってうれしい効果が多いフルーツなのです。

生活習慣病が心配な方にも

ザクロに含まれるポリフェノールの抗酸化作用は、女性の美肌やアンチエイジングなどのほか、がんや動脈硬化、生活習慣病の予防などの効果も期待できます。また、ザクロはカリウムやビタミンCも多く含むので、カリウムの高血圧予防やむくみ解消効果、ビタミンCの白血球の働きを高めて菌やウイルスを撃退する効果で感染症の予防効果もあります。

このように、ザクロは女性に限らず、健康によい効果が得られるスーパーフードといえます。

おいしいザクロの見分け方

ザクロは実が割れているイメージが多いですが、樹上で熟した場合に自然に割れます。しかし店頭で販売されているザクロは、直売所で売られているものを除き、実が割れているものは少なく、中身を確認できません。おいしいザクロを見分けるには、まず果皮をチェックしましょう。市販されているザクロの多くは輸入品ですが、輸入品の場合は全体がきれいな赤色のものがベストです。
国産の在来種のザクロは果皮の色が薄めなので、色での判別はできませんが、熟しているものであれば問題なく食べられます。熟したザクロは果皮が張っているので、店頭で熟しているかどうかを確認するには、まずは果皮をチェックするのがよいでしょう。

また、重量感のあるザクロは果肉や水分が多いと判断できます。丸くふっくらとした形状で、手に持つとずっしりと重さを感じるものは、おいしいザクロといえます。

ザクロは日持ちがよいので、熟す前なら常温保存が可能。熟した後でも、皮をむかずに袋などに入れて密閉して冷蔵庫で保管すれば、1~2ヵ月は保存できます。冷凍保存したい場合は、果肉をほぐして密閉容器に入れておきましょう。冷凍なら、2~3ヵ月ほど保存できます。

生ザクロのおいしい食べ方

生のザクロは、無造作に半分に切ってしまうと果汁が流れ出てしまいます。ザクロは房ごとに小さな実が付いているので、果汁を逃さず食べるには、まずザクロの実のとがった端の部分を切り落として芯をくり抜きます。房の筋に沿ってナイフで切れ込みを入れていくと、房ごとに分けられるので、切れ込みを入れたらそのまま房単位で割っていきましょう。

甘酸っぱい生ザクロの実はそのまま食べられますし、種は食べても問題ありません。小さな実は、サラダのトッピングとして散らすのもおすすめ。そのまま食べて種の硬さが気になる場合は、ミキサーにかけて潰してジュースにして飲んだり、フルーツソースとしてアイスやヨーグルトに使ったりできます。

店頭でも見かける機会が増えている生ザクロは、さまざまな健康によい効果が期待でき、切るだけで簡単に食べられるフルーツです。加工品よりもダイレクトに栄養を摂取できる生ザクロを、健康習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


食の知識 野菜の豆知識

関連する投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。


健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。


野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

お正月料理や茶わん蒸しなどに使われる「ユリ根」。下処理に手間がかかりそうなイメージがありますが、実は洗って1枚ずつはがすだけで簡単。今回は、ホクホクの食感とほのかな甘味が特徴の冬の味覚「ユリ根」の食べ方や栄養などについてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。