健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|旬の春野菜を食べよう!苦味も体のためになる

健康メニュー|旬の春野菜を食べよう!苦味も体のためになる

みずみずしくほろ苦い味わいが魅力の春野菜。春の味覚としてさまざまな方法で食べられますが、苦味が苦手という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、これから旬を迎える春野菜の基本や食べ方、積極的に取り入れたい春の野草や山菜についてご紹介します。


みずみずしくほろ苦い味わいが魅力の春野菜。春の味覚としてさまざまな方法で食べられますが、苦味が苦手という方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、これから旬を迎える春野菜の基本や食べ方、積極的に取り入れたい春の野草や山菜についてご紹介します。

まずは春野菜についておさらいしよう

春に旬を迎える野菜といえば、春キャベツや新玉ねぎ、新じゃがなど、比較的よく聞く食材が多いもの。春野菜は、他の季節に収穫される野菜にはない、独特の柔らかな食感やほろ苦さが魅力です。春野菜は新しい季節を感じられるだけではなく、豊富な栄養も含んでいます。

例えば、春キャベツには肝臓の解毒機能を高めるといわれる「イソチオシアネート」や「ビタミンU」が含まれています。また、ウドやたらの芽などの春野菜のほろ苦さは、腎臓のろ過機能や肝臓の解毒機能を高める効果が期待できる「植物性アルカロイド」が由来です。

これら以外にも、春野菜にはビタミン類や食物繊維が豊富。季節の春野菜をたくさん食卓に取り入れれば、栄養満点なメニューが楽しめます。

身近な春野菜を見直そう

旬の春野菜は、季節を感じられるだけではなく、栄養も豊富です。そこで、身近な春野菜を見直してみましょう。

春キャベツ

春野菜といってまず思いつくのは、春キャベツではないでしょうか。水分が多い春キャベツは通年販売されているキャベツよりも柔らかく、生で食べるのに適しています。通常はサイズが大きく食べきれないことも多いキャベツですが、春キャベツは丸くて小さいのが特徴。芯の部分に豊富なビタミンCを含んでいるため、まるごと食べるのがおすすめです。千切りキャベツや常備菜で大量消費して、春キャベツの栄養をしっかり摂りましょう。

アスパラガス

アスパラガスも、3~6月に旬を迎える春野菜です。ホワイトアスパラガスとグリーンアスパラガスの2種類がありますが、どちらも元は同じ品種。日光を当てて育てた方がグリーンアスパラガスに、当てなかった方がホワイトアスパラガスになります。栄養面では、ビタミンA、C、Eと、疲労回復に効果が期待できるアスパラギン酸を含むグリーンアスパラガスの方が優れています。

スナップエンドウ

「スナックエンドウ」と呼ばれることもあるスナップエンドウも、春から夏にかけて旬を迎える春野菜。生のまま保存すると味や色合いが落ちてしまうため、筋取りをしてから、ゆでるか電子レンジで加熱して下ごしらえを済ませておきましょう。下ごしらえしたあとのスナップエンドウは、1ヵ月程度なら冷凍保存が可能です。

そら豆

春が旬のそら豆は、4~5月に多く出回ります。たんぱく質やビタミン類が豊富で、むくみ対策、疲労回復におすすめの食材です。そら豆は「鮮度が命」といわれるほど足が早く、収穫後3日程度しか日持ちしません。そのため、購入後はすぐにさやから出して、豆をゆでて冷まし、下ごしらえを済ませておきましょう。

クレソン

最後に、身近な野菜でいうとクレソンも春が旬の野菜の1つです。クレソンは独特の苦味や辛みがある野菜。クレソンの辛みは抗菌・殺菌性の高い「シニグリン」という成分によるもので、抗菌作用や口臭予防効果が期待できます。また、ビタミンやミネラルも豊富なので、積極的に食べたい春野菜です。
クレソンについては、先日公開した、こちらの記事も参考にしてください。

春といえば野草や山菜も

春が旬の食材は、野菜以外にも野草や山菜などが挙げられます。

よもぎ

春に芽吹く野草には、よもぎがあります。道端で見かけることも多く、よもぎもちや天ぷらなどの材料として比較的なじみ深い野草ですが、実は、よもぎはヨーロッパではハーブとして扱われる、代表的な和ハーブの1つ。鉄分やビタミン、ミネラルが豊富で、さまざまな効能があることから漢方薬にも使われています。日本でも薬湯として、浴槽によもぎを入れる「よもぎ湯」として活用されています。

ふき・ふきのとう

春の山菜といえば、ふきやふきのとうを連想する方も多いでしょう。ふきとふきのとうは、同じキク科ふき属の山菜です。ふきの若い芽がふきのとうですが、ふきのとうが成長してふきになるわけではなく、茎の部分がふきとして食べられます。どちらも苦味がありますが、これは「植物性アルカロイド」によるもので、腎臓や肝臓の機能を高めてくれる効果があります。

以下の記事では、ふきについて詳しく紹介しています。

イタドリ

四国地方や三重県、和歌山県でよく食べられるイタドリも、春が旬の山菜です。赤みを帯びた長い若芽の茎が食べられる部分で、シャキシャキとした食感と酸味があります。イタドリをよく食べる地方では、煮物や炒めものなど、郷土料理として地域ごとに異なる食べ方で楽しまれています。アク抜きをして、シャキシャキの食感を活かした酢のものや和え物もおすすめです。

ほろ苦い味わいとみずみずしさが魅力の春野菜。苦味にさまざまな栄養が含まれているので、積極的に春野菜を食卓に取り入れて、栄養を摂取しながら旬の味わいを楽しんでみましょう。

関連する投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

近年誕生し、ゼリーのような食感と爽やかな甘味が評判のみかん「紅まどんな」。そのおいしさや特徴、従来のみかんとの違いについてや、食べやすい切り方を解説します。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。