健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
美容法|ふっくらとした口元を目指そう 口周りの小ジワ対策

美容法|ふっくらとした口元を目指そう 口周りの小ジワ対策

年齢を重ねると気になってくる口元の小ジワ。「唇がなんだか薄くなったな」と思ったら、口周りに細かなシワを発見……一気に老けてしまったような印象を与えかねません。今回は、口周りの小ジワ対策をご紹介。口周りの集中的なスキンケアや簡単なトレーニングを取り入れて、ふっくらとした若々しい口元を目指しましょう。


せたがや日和 小ジワ対策

年齢を重ねると気になってくる口元の小ジワ。「唇がなんだか薄くなったな」と思ったら、口周りに細かなシワを発見……一気に老けてしまったような印象を与えかねません。今回は、口周りの小ジワ対策をご紹介。口周りの集中的なスキンケアや簡単なトレーニングを取り入れて、ふっくらとした若々しい口元を目指しましょう。

口元に小ジワが寄ってくる原因

せたがや日和 小ジワ対策

顔はたくさんの筋肉が重なり合っていて、それらが連携して複雑な表情をつくり出します。口周りの表情筋には、唇を丸く囲むように付いた口輪筋(こうりんきん)や、鼻の脇に付いた上唇挙筋(じょうしんきょきん)などがあります。口輪筋は唇を開いたり閉じたりする時に、上唇挙筋は上唇と鼻翼(びよく)を持ち上げる時に使われる筋肉です。

しかし、これらの表情筋は加齢とともに衰えていきます。さらに、口の中の歯ぐきや、土台となる上顎骨(じょうがくこつ)も縮んでしまいます。すると、加齢によってゆるんでしまった皮膚を内側から支えられなくなり、小ジワができやすい状態になるのです。

口元のケアのポイント

せたがや日和 小ジワ対策

小ジワは、初めは目立たなくても、そのままにしておくと日に日に深く刻まれていきます。手遅れにならないよう、気付いた時にすぐケアを開始することが大切です。

保湿をしっかりと行う

乾燥による肌のキメの乱れは、小ジワの原因になります。口元は乾燥しやすいため、丁寧に保湿をしてふっくらとうるおいのある状態を保ちましょう。

室内でも紫外線対策をする

紫外線は、肌の弾力を維持するコラーゲンやエラスチンなどの線維にダメージを与えます。日焼け止めやUVカット効果のあるメイク下地を塗って肌を守りましょう。紫外線は窓ガラスを透過するため、室内にいる時も対策をお忘れなく。

スキンケアアイテムを見直す

より集中的にケアしたい場合は、小ジワの改善に特化したスキンケアアイテムを取り入れましょう。肌にハリをもたらす成分が配合された美容液やクリームがおすすめです。世田谷自然食品の「シーク シワ改善クリーム プレミアム」は、シワを改善し、肌にハリを与える医薬部外品です。肌の乾燥によってできる小ジワをケアします。

「シーク シワ改善クリーム プレミアム」については、以下の記事も参考にしてみてください。

口元の小ジワを防ぐ体操

せたがや日和 小ジワ対策

毎日のスキンケアに加えて、表情筋のトレーニングを習慣化するのもおすすめです。意識して動かさないと、どんどん衰える表情筋。小ジワが目立つようになるだけでなく、口角が下がり、への字口の原因にもなります。最後に、ペットボトルを使った簡単なエクササイズをご紹介します。顔の運動不足を解消して、たるみのないすっきりした口元を目指しましょう。

口輪筋を鍛えるペットボトルエクササイズ

  1. 空の500ミリリットルのペットボトルを用意します。
  2. 足を肩幅程度に開いて立ち、息をすべて吐き出します。
  3. ペットボトルを、歯を使わずに唇だけでくわえ、ペットボトルがへこんだ状態になるまで息を大きく吸い込みます。
  4. ペットボトルが元の状態になるまで息を吐き出します。
  5. 1~4の動きを3回程度繰り返します。慣れてきたらペットボトルに少量の水を入れ、負荷をかけてもよいでしょう。

このほか、「舌回し健康法」も口元の小ジワ防止に効果的です。あわせて試してみてください。

小ジワのない口元なら、笑顔にもっと自信を持てそうですね。すでに小ジワができてしまっても、適切なケアをすることで目立ちにくくすることができます。毎日コツコツと続けてみてください。

関連する投稿


ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

空気が乾燥し、気温が下がる冬は、髪も乾燥してパサつくことが多いもの。髪のダメージにもつながるため、きちんとヘアケアをして髪を守りたいところです。そこで今回は、冬の乾燥にも負けないヘアケア術をご紹介します。


スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

8月になり、いよいよ夏真っ盛りですね。普段何気なく塗っている日焼け止めですが、自分に合ったものを選べていますか。今回は、日焼け止めの基礎知識を改めておさらいすると共に、自分に合った日焼け止めの選び方や、正しい塗り方をご紹介します。


美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

男性用日傘やマスク日焼けを防ぐノウハウなど、近年はこれまでにない話題も登場してきている日焼け対策。今回は、春から秋までの時期別、そしてシーズン前の予防から焼けてしまった後の対策まで、日焼けの知識についてそれぞれ詳しく取り上げた記事をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

コロナ禍の昨今、マスクは日々の生活に欠かせなくなっています。しかし、長時間のマスク着用によって、乾燥やかゆみなどの肌トラブルが気になることはありませんか?特に花粉症の時季でもある春先は、いつもより肌が敏感で刺激を感じやすくなっているかもしれません。そこで、マスク生活のなかで実践したい、肌荒れを予防するためのマスクの選び方や着け方の工夫、スキンケアによる対策をご紹介。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。