健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
郷土料理|芋煮 栄養たっぷりの味をみんなでおいしく

郷土料理|芋煮 栄養たっぷりの味をみんなでおいしく

東北の秋の味として、山形県を中心に各地で食べられている「芋煮」。実は、芋煮は栄養面から見ても、とてもバランスの良いメニューなのです。今回は、栄養たっぷりの芋煮や、その食べ方についてご紹介します。


東北の秋の味として、山形県を中心に各地で食べられている「芋煮」。実は、芋煮は栄養面から見ても、とてもバランスの良いメニューなのです。今回は、栄養たっぷりの芋煮や、その食べ方についてご紹介します。

山形県の秋の味、芋煮とは?

里芋や肉、野菜などを煮込んだ汁もの

芋煮は山形県を中心とした東北地方で食べられている汁ものです。里芋に肉、ネギやきのこなどの野菜をたっぷりと入れて煮込みます。肌寒くなってくる秋の食卓には欠かせない、体があたたまる逸品です。

内陸の芋煮は「牛肉×しょうゆ味」、庄内地方は「豚肉×みそ味」

同じ芋煮でも、地域や家庭によって具材も味付けも変わります。大まかに分けると、山形県内陸部で主に食べられている芋煮は里芋と牛肉、野菜をしょうゆ味で煮込んだもの。一方、日本海側の庄内地方で食べられている芋煮は、里芋と豚肉、野菜をみそ味で煮込んだものが多いようです。

秋になると大鍋で作った芋煮を皆で味わう「芋煮会」が

家庭でも食べられている芋煮ですが、山形県の秋の楽しみとしてあちこちで行われるのが、大鍋で作った芋煮を皆で味わう「芋煮会」です。河原などの野外で行われることも多く、その規模も数人で集まるものから大イベントまでさまざまです。ちなみに、ギネス記録を持つ日本一の芋煮会では、直径6.5メートルの大鍋で、重機を使って3万人分もの芋煮が調理されるのだとか。

芋煮の定番食材は栄養がたっぷり

コレステロールを抑える里芋、ぬめりには胃を守る働きも

芋煮のメイン食材ともいえる里芋には、複数のぬめり成分が含まれています。コレステロール値を下げるぬめり成分もあれば、オクラやヤマイモ、モロヘイヤなどと同じ、粘膜を保護して胃を守る、肝臓や腎臓の機能を高め、たんぱく質の吸収を高めるといった働きをするぬめり成分も含まれます。芋煮を作る時は、ぬめりを取らずにそのまま食べるのがおすすめです。
里芋については、下記の記事も参考にしてみてください。

牛肉には筋肉を作るたんぱく質や血液を健やかにする鉄分が

内陸地方の芋煮に使われる牛肉は、筋力を保つのに欠かせない筋肉のもととなるたんぱく質が豊富です。たんぱく質の吸収を高める里芋のぬめり成分とあわせることで、より効率的にたんぱく質を摂ることができます。また、血液を健やかにする鉄分も多く含まれています。

豚肉は疲労回復に働くビタミンB群が豊富

庄内地方の芋煮に使われる豚肉は、疲労回復の働きをするビタミンB群を多く含んでいます。里芋の、コレステロール値を下げるぬめり成分や胃を守るぬめり成分とあわせることで、脂の摂りすぎによるリスクを下げることも期待できます。

きのこ類には腸内環境を整える、高血圧を防ぐなど多くの働きが

芋煮によく使われるきのこ類は全般に、水に溶けない不溶性食物繊維が豊富で、お通じを促してくれます。また、しいたけやえのき、しめじは高血圧を防ぐカリウムが多く、まいたけやエリンギはビタミンB群が豊富といったように、それぞれ多くの栄養素を含んでいるので、複数組み合わせて入れるのもおすすめです。
きのこ類については、下記の記事も参考にしてみてください。

芋類、肉類、野菜類にきのこ類とさまざまな食材をバランスよく食べられて、汁ものなので水に溶けだす栄養も残さずいただける芋煮。それでいて、素朴な味でしっかり体をあたためてくれるのがうれしいですね。しょうゆ味、みそ味、具材もここで紹介したものだけでなく、いろいろ工夫しておいしい芋煮を味わってみてください。

関連する投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。