健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
日常生活マナー|場面に合った包装・ラッピングのしかた

日常生活マナー|場面に合った包装・ラッピングのしかた

贈り物は包み紙などで包むのがマナーですが、慶事・弔事で包み方が異なることをご存じでしょうか。包み方の違いを知っておくと、お店で頼むときに、慶事用・弔事用のどちらかを伝えることが出来ますよ。また、フォーマルな贈り物でない、ちょっとしたプレゼントも包み方のコツがあります。慶事・弔事のほか、さまざまな場面での包装・ラッピングの方法をご紹介します。


贈り物は包み紙などで包むのがマナーですが、慶事・弔事で包み方が異なることをご存じでしょうか。また、フォーマルな贈り物でない、ちょっとしたプレゼントも包み方のコツがあります。慶事・弔事のほか、さまざまな場面での包装・ラッピングの方法をご紹介します。

慶事・お祝いごとと、弔事・不祝儀の包み方の違い

フォーマルな場面では、箱を包装紙でぴっちりと包む「斜め包み」か「キャラメル包み」が用いられます。デパートなどで包装をお願いした時に、たいていはそのどちらかでラッピングされます。包装をお願いする時、単純に「プレゼントです」と言ってしまうと慶事用の包み方になるので、弔事の際には、「弔事の包み方でお願いします」とお伝えするようにしましょう。

斜め包み

「斜め包み」は、包装紙に対して箱を斜めにおいてから包んでいく方法で、デパート包みとも呼ばれています。

慶事の斜め包み

慶事の場合は、包んだときにできるポケット状の部分が、箱の上部にきます。金封を包むご祝儀袋も同じで、封筒の上を折ってから下側を折るため、ポケット状の部分が上にきます。贈り物も金封も「慶事のポケットは上」と覚えておきましょう。

(慶事の斜め包み。箱の上側にポケット状の部分があります)

弔事の斜め包み

弔事の場合は、ポケット状になる部分が箱の下部にくるようにしています。金封を包む不祝儀袋も同じで、封筒の下を折ってから上側を折るため、ポケット状の部分が下にきます。贈り物も金封も「弔事のポケットは下」と覚えておきましょう。

(弔事の斜め包み。箱の下側にポケット状の部分があります)

キャラメル包み

キャラメル包みは包装紙の中央に箱を置いて、左右からかぶせるように包む方法です。見た目がキャラメルの個包装のように見えることからその名が付いています。ご自身でラッピングする際には、先の斜め包みよりも簡単です。慶事・お祝いごとの時には右側の紙が上(右前)に、弔事・不祝儀の時には左側の紙端が上(左前)にくるようにします。

慶事・弔事などフォーマルな場面での贈り物は、のしをかけることもマナー。のしの使い分けについては、こちらの記事を参考にしてみてください。

プチギフトなど、カジュアルな贈り物のラッピング

親しい方の誕生日や、小分けして配るお土産のお菓子など、カジュアルな場面でのラッピング方法は多種多様にあります。こうしなくてはならない、という厳格なマナーはありませんので、贈る側も工夫のしがいがあります。

例えば、ちょっと華やかにしたい時には、カラフルな包装紙や大ぶりのリボンを選んでみましょう。手作りのクッキーや天然素材の石けんなど、素朴なイメージのある贈り物には、薄茶色のクラフト紙で包んで、麻ひもや毛糸のリボンをかけるのがおすすめです。お土産のお菓子を小分けするなら、中が透けるクリアタイプの小袋に入れて、色柄のあるマスキングテープで口を止めてもかわいらしくなります。ラッピングが苦手な方なら、おしゃれなエコバッグにプレゼントを入れ、手持ち部分にリボンをかけるのもおすすめ。エコバッグもきっと便利に使っていただけます。

今ではデパートなどで購入すれば、包装もしてくれるのでとても便利です。しかし、自分で選んだプレゼントを、相手のよろこぶ顔を思い浮かべながら包む時間もなかなか楽しいもの。フォーマルな場ではきっちりと、カジュアルな場では遊び心を添えて、状況に合わせてラッピングを考えてみてください。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

麻婆茄子は、日本でポピュラーな中華料理。中華料理店で食べられるほか、簡単に調理できるソースが市販されているので、家庭でも広く食べられているメニューです。そこで今回は、麻婆茄子に使われる定番の具材とその栄養、おすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

夏はミネラルを意識的に摂ることが重要。ミネラルとブドウ糖が豊富な黒糖は、体が疲れた時も、仕事や勉強で頭が疲れた時にもおすすめです。持ち歩きや使い勝手も良いので、夏の間は常備しておきたい食材です。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。