健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
日常生活マナー|渡し方で選ぼう 内のし・外のしの使い分け

日常生活マナー|渡し方で選ぼう 内のし・外のしの使い分け

贈り物を包む時、お店の人に「内のし、外のし、どちらにしますか」と聞かれて迷ったことはないでしょうか。そんな時、内のし・外のしの違いを知っておけば、すんなりと選ぶことができます。今回は内のし・外のしの使い分け方をご紹介します。真心こめて贈り物を選んだら、内のし・外のしは状況に合わせて選んでみてください。


贈り物を包む時、お店の人に「内のし、外のし、どちらにしますか」と聞かれて迷ったことはないでしょうか。そんな時、内のし・外のしの違いを知っておけば、すんなりと選ぶことができます。今回は内のし・外のしの使い分け方をご紹介します。

内のし・外のし 違いは見た目

内のしと外のしの大きな違いは見た目で、どちらを使うべきという厳密な決まりはありません。しかし、いずれかがより適しているというケースもあります。まずは、内のし・外のしの見た目の違いを把握しておきましょう。

内のし

贈答品にのし紙をかけ、上から包装紙で包む
見た目:のしの表書きが包装紙で隠れている

(のしの上に包装する、内のしの贈り物)

外のし

贈答品を包装紙で包んでから、のし紙をかける
見た目:のし紙が最も外側にあるため、表書きが見える

(のしが包装紙の上にくる、外のしの贈り物)

内のし・外のし 適した使い分け

内のしは包装紙に包まれて表書きが見えないため、控えめな表現といえます。したがって、「贈る側に慶事があった場合の贈り物」である内祝いに、また、お供えものと当日の返礼以外の弔事にも適しています。
宅配便でお送りする際は贈り物の用途とは関係なく、のし紙が傷つかない配慮として、内のしを使うことが一般的です。

外のしは、お渡しする時に表書きが見えます。どんな目的で贈ったのか、また、誰が贈ったのかがひと目で分かるので、結婚・出産祝いをはじめ、多くの人から贈り物が集まる祝いの席でよく用いられます。

のしの豆知識本来ののし(熨斗)は、海産物のアレのこと!

のし(熨斗)とは、慶事に用いる贈答品やご祝儀袋の右上にある装飾部分のこと。よく見ると黄色いものが包まれているのが分かります。この黄色いものの正体は、干して打ち伸ばした“のしアワビ”です。

のしアワビが包まれるようになった由来は、はるか昔の室町時代、武士の出陣時に“のしアワビ・栗・昆布”の3種の肴で酒を飲み干す勝利祈願の儀式「三献の儀(さんこんのぎ)」から来ているといわれています。武士にとって重要なこの儀式で用いた3種の肴は、やがて婚礼や式典、宴席にも登場するようになり、現代では肴のひとつであるのしアワビが、のし袋やのし紙の装飾としてその形をとどめているのです。

のしは慶事に用いるのが本来の使い方なので、弔事には使用しません。ただし、のしが描かれていなくても、便宜上「弔事用のし袋」「弔事用のし紙」といった呼び方をしています。

のし紙やのし袋は、相手に対して礼節をもってあたるという敬意の表れです。したがって、のしをつけることが重要で、内のし・外のしどちらがより礼儀にかなうというものではありません。真心こめて贈り物を選んだら、内のし・外のしは状況に合わせて選んでみてください。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

夏はミネラルを意識的に摂ることが重要。ミネラルとブドウ糖が豊富な黒糖は、体が疲れた時も、仕事や勉強で頭が疲れた時にもおすすめです。持ち歩きや使い勝手も良いので、夏の間は常備しておきたい食材です。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。


健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

日本の夏は、寝苦しい熱帯夜が続くことが多く、ぐっすり快眠できたと感じられることが少ないものです。夜中に暑さで何度も目を覚ますこともあり、朝まで眠れてもすっきり起きられないということも。そこで今回は、暑い夏でもぐっすり快眠してすっきり起きるためのコツをご紹介します。