健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。

西京焼きとは

京都名産の白味噌「西京味噌」を使った味噌床に、魚や肉を漬け込む「西京漬け」。それを焼いたものが「西京焼き」です。食材の保存を目的として味噌に漬ける調理法は平安時代からあったと伝わってきましたが、当時、味噌は高級品。さらに調理にひと手間がかかることから、貴族や僧侶など限られた身分の人たちしか食べることができませんでした。庶民の食卓に並ぶようになったのは、室町時代中期からといわれています。

西京焼きの主役、西京味噌とは

西京焼きに欠かせない西京味噌は、米麹をたっぷり使った甘口の白味噌で、塩分が低いのが特徴。熟成期間が短いことから原料の良しあしが味にダイレクトに反映され、ごまかしのきかない白味噌ともいわれています。

西京味噌には定義もあります。京都府味噌工業協同組合に所属する企業が、認定された原料を使い、京都府内で生産し、品質認定を受けたもの。京都府内で創業50年以上、または味噌技能士1級以上の技術者が在職しているなど、厳格な承認を得た白味噌だけが西京味噌を名乗ることができます。ちなみに西京味噌の名前は、江戸に遷都した明治維新以降、京都が西の都になったことに由来します。

西京焼きの定番具材とその栄養

西京焼きは、おいしいだけでなく栄養バランスにも優れています。西京味噌や、素材となる定番の魚の栄養や効能を見ていきましょう。

生活習慣病の予防に役立つ「西京味噌」

西京味噌の原料は、大豆と米麹、塩。西京味噌に含まれる大豆成分は、米麹の発酵、酵素作用によって分解され、サポニンやイソフラボン、ペプチド、リノール酸、ビタミン、食物繊維などの栄養素を生み出します。サポニンは、過酸化脂質の生成を抑制し肝機能を高めることから、老化防止や生活習慣病予防への効果が期待されています。

たんぱく質やビタミンEが豊富な「さわら」

春と冬に旬を迎えるさわら。皮膚や粘膜の健康維持に欠かせないビタミンB2が多く含まれています。歯や骨の主要な構成成分になるカルシウムやその吸収を助けるビタミンDも豊富。また、たんぱく質の量にも注目。さわら100グラムに対して20.1グラムと非常に多いのが特徴です。

美容と健康への効果が期待できる「さば」

「オメガ3」と呼ばれる、人の体内で作られない不飽和脂肪酸であるDNAとEPAが豊富。DNAは動脈硬化予防や脳の活性化が、EPAは脳梗塞や心筋梗塞予防の効果が期待されています。

さばの栄養について、詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

血液をサラサラにする効果がある「ブリ」

ブリには青魚に多いDNAとEPAが特に豊富に含まれています。血液をサラサラにし、老廃物を排出するはたらきがあるので、老化防止に期待ができます。鉄分も多く、貧血気味の人にもおすすめです。

ブリの栄養について、詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

西京焼きと組み合わせたい副菜

ナスのおろしあんかけ

紫色が特徴のナスは、ポリフェノールの一種であるナスニンが豊富。抗酸化作用を持ち、動脈硬化や老化予防などに効果的だといわれています。ナスは栄養豊富な皮をできるだけむかずに調理しましょう。ナスを大根おろしとあんかけにした副菜は、西京焼きとの相性も栄養のバランスも抜群です。

ナスの栄養について、詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

世田谷自然食品の「温彩特選便 彩り御膳」は、栄養バランスに配慮した料理を手軽に味わえる御膳です。毎月異なる12種類のメニューが届き、「さわらの西京焼き」や「なすのおろしあんかけ」などがお届け品に含まれます。電子レンジであたためるだけで手軽に食べられるのもうれしいポイントです。

ご家庭で簡単にできる、和食の定番メニュー・西京焼き。栄養バランスに優れた副菜を合わせておいしく味わい、寒い季節を健やかに過ごしたいですね。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

近年誕生し、ゼリーのような食感と爽やかな甘味が評判のみかん「紅まどんな」。そのおいしさや特徴、従来のみかんとの違いについてや、食べやすい切り方を解説します。


野菜の豆知識|冷凍保存OK ゴボウの栄養&おいしい食べ方

野菜の豆知識|冷凍保存OK ゴボウの栄養&おいしい食べ方

最近ゴボウを食べていますか?泥を洗い落としたりアク抜きをしたり、調理に面倒な下処理が必要なので、あまり扱わない方も多いかもしれません。今回は、ゴボウの栄養や使い切るための保存方法のほか、ゴボウを使ったおいしいレシピをご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~後編(乾燥)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~後編(乾燥)~

乾燥についても、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。