健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
野菜の豆知識|暑い夏を乗り切る野菜「ナス」 野菜の豆知識

野菜の豆知識|暑い夏を乗り切る野菜「ナス」 野菜の豆知識

和食、洋食問わずに活躍する夏野菜ナス。特徴的な紫色と滑らかな皮は他の野菜ではあまり見られません。今では1年中店頭に並んでいますが、夏野菜は体を冷やすといわれているので、暑い夏に食べるのがぴったりです。


和食、洋食問わずに活躍する夏野菜ナス。特徴的な紫色と滑らかな皮は他の野菜ではあまり見られません。今では1年中店頭に並んでいますが、夏野菜は体を冷やすといわれているので、暑い夏に食べるのがぴったりです。

暑さに強く、寒さに弱い

原産国はインドで、暑い気候を好みます。ナスはこのインドから世界各地へ広がったと考えられています。 日本へは「中国」、「朝鮮半島」、「東南アジア」の3つのルートから入ってきて、すでに奈良時代には栽培されていたと考えられています。

夏に採れる野菜「夏の実」から転じて「なすび」「なす」と呼ばれるようになったという説が代表的といわれています。 現在では品種改良やハウス栽培によって1年中、全国各地で収穫できるようになりました。特に冬~春は高知県や熊本県、福岡県の暖かい地域、夏~秋は茨城県や栃木県、群馬県などで多く生産されています。

このように1年中生産されているナスですが、暖かい地域で栽培される野菜のため寒さには弱いのです。そのため5℃以下で保管すると低温障害という、霜焼けのような状態になり品質が低下してしまいます。ラップや新聞紙で包み、10℃前後で保管してできるだけ早く食べるようにしましょう。

身近な野菜、ナス

夏のお盆には、きゅうりで馬を、ナスで牛を表現してご先祖様を乗せる精霊馬(しょうりょううま)として使われています。また「秋茄子は嫁に食わすな」や、初夢で縁起が良いとされる「一富士二鷹三茄子」など、ナスにまつわることわざもありますね。

まず「秋茄子は嫁に食わすな」の意味は諸説ありますが、種が少ない秋茄子は子宝に恵まれないとの説もあります。また大切な嫁に、涼しくなったころ体を冷やすとされているナスを食べさせないように、との思いやりから生まれた言葉ともいわれています。

「一富士二鷹三茄子」におけるナスは、事を「成す」とかけて、蓄財や子孫繁栄をあらわすといわれています。またこの言葉がつくられた江戸時代には、夏野菜であるナスを冬に食べることが困難だったために、高級な初物のナスは縁起がいいとされたとも。 このように様々な場面で姿をみせるナスは、古くから人々に馴染みがあった野菜であることがうかがえます。

健康の秘訣はナスニン

ナスといえばやはり野菜としては珍しいほどの紫色が特徴。その独特な紫色から「なす紺」という言葉も生まれました。

その紫色となるのが、ポリフェノール類の一種であるアントシアニン系色素。特にナスの皮から抽出されるものはナスニンと呼ばれます。これは太陽光からの紫外線を浴びることで合成されます。そのため、皮ごと食べることが大切です。

ナスニンは眼精疲労を回復させる効果が期待できるといわれています。また酸化作用があるので老化やがんの予防、悪玉コレステロールの酸化防止に効果があるとも。そして血液をきれいにすることで、動脈硬化や高血圧などの生活習慣病予防にも期待されています。

おすすめの料理方法

ナスに多く含まれ、健康効果が期待できるポリフェノールですが、時間がたつと変色してしまいます。変色とあく抜きのために水に浸ける方法もありますが、つけすぎると水溶性のポリフェノールは流出してしまうので注意が必要です。水にさらすときには10分以内、または切ってすぐ油で炒めるのがおすすめです。

煮物の場合でも一度高温の油で揚げると、うまみとナスニンの流失を防ぎ、色も保たれます。また植物性油を使って調理すると、植物油のリノール酸やビタミンEも効率よく摂取できるのでおすすめです。

体を冷やす効果があるとされるナスがたっぷり入った料理で、暑い夏を乗り切りませんか?

関連する投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


最新の投稿


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。