健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
郷土料理|「ブリの粕汁」(兵庫県) 美容&健康に!青魚と酒粕を一緒にいただく郷土料理

郷土料理|「ブリの粕汁」(兵庫県) 美容&健康に!青魚と酒粕を一緒にいただく郷土料理

おみそ汁やすまし汁に酒粕を溶いた粕汁は、関西地方で特になじみ深い郷土料理です。 粕汁には魚のアラを入れるのが一般的ですが、兵庫県で主に使われるのはブリのアラ。ブリ派は鮭派と並ぶ粕汁具材の2大勢力です。青魚の代表格であるブリと、高い栄養価が再評価されている酒粕は、日頃から積極的に食卓に並べたい食材。今回はブリの栄養・効果と、簡単にできる酒粕レシピもご紹介します。


おみそ汁やすまし汁に酒粕を溶いた粕汁は、関西地方で特になじみ深い郷土料理です。
(過去の粕汁紹介記事はこちら

粕汁には魚のアラを入れるのが一般的ですが、兵庫県で主に使われるのはブリのアラ。ブリ派は鮭派と並ぶ粕汁具材の2大勢力です。青魚の代表格であるブリと、高い栄養価が再評価されている酒粕は、日頃から積極的に食卓に並べたい食材。今回はブリの栄養・効果と、簡単にできる酒粕レシピもご紹介します。

あなたはどっち? 鮭派とブリ派

粕汁が家庭料理になっている地域は、いずれも酒造業で栄えた歴史があります。兵庫県も昔から酒造用の米「山田錦(やまだにしき)」を作っているので、粕汁はおなじみの料理。具材たっぷりの粕汁は家庭によってさまざまな野菜が入りますが、メインとなる魚のアラは鮭かブリが一般的です。粕汁をよく食べる地方では、「鮭派か、ブリ派か」が話題になることも。その地方での漁獲量が関係しているようで、北海道・東北地方では鮭派が多く、西日本ではブリ派がやや多めとなっています。
2015年12月、兵庫の香住漁港(かすみぎょこう)では、20数年ぶりの寒ブリ大漁のニュースに沸きました。今年の寒の入りには、いつもより多くの方がブリの粕汁をいただいたのではないでしょうか。

もっと食べよう! ブリの栄養と効果

今回ご紹介した粕汁をはじめ、照り焼きや煮付けなど家庭料理で大活躍のブリ。年齢問わず摂っておきたい栄養素がたっぷり含まれています。
青魚に多い栄養素DHAとEPAはブリに特に多く含まれる栄養素。血液をサラサラにする効果があり、生活習慣病の予防に役立ちます。また、学習能力の向上が期待できるとされているので、考える仕事の多い方や学ぶ意欲の高い方など、幅広い年代におすすめです。
また、女性にうれしいアンチエイジング効果も! DHAとEPAは血液サラサラ効果で老廃物の排出を促進するので、お肌や髪に良い効果をもたらします。さらに、ブリは若さのビタミンといわれるビタミンE、抗酸化作用のあるビタミンAも豊富です。鉄分も多いので、貧血気味の方にも積極的に食べていただきたい魚です。

余った酒粕も大活躍するレシピ

酒粕の栄養素は、近年、美肌や健康づくりに役立つことが確認され、酒粕を用いた料理が注目されています。ここでは、余ってしまった酒粕を手軽に有効利用できるレシピをご紹介。無駄なくおいしくいただきましょう!

【甘酒(一人分)】
25gの酒粕を1カップの熱湯に溶いて、塩をひとつまみ。お好みで砂糖や生姜を入れてできあがり。夏は冷やし甘酒がおすすめです。

【焼き酒粕】
板状の酒粕を全体に焼き色がつくまでこんがり焼いて、砂糖をまぶしていただきます。

【豆腐の酒粕漬け】
酒粕100gあたり、みりん大さじ4を加えてよく練って味噌ぐらいの硬さになるようペースト状にします。ラップに半量のばし、その上に豆腐、さらに残りの酒粕ペーストを載せてくるみ、冷蔵庫で一晩置いて完成です。お酒のアテにぴったりの一品で、豆腐の代わりにクリームチーズやゆで卵を入れてもおいしいです。

ブリの旬は冬ですが、養殖が盛んな今では一年中食べられる食材。また、酒粕は冷凍すると1年はおいしくいただくことができます。寒い冬はあたたまる粕汁に、スタミナがほしい夏は照り焼きや冷やし甘酒にと、季節に合わせていただきましょう。

関連する投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

近年誕生し、ゼリーのような食感と爽やかな甘味が評判のみかん「紅まどんな」。そのおいしさや特徴、従来のみかんとの違いについてや、食べやすい切り方を解説します。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。