健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

健康メニュー|チキン南蛮 宮崎県生まれのスタミナ料理

チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。


チキン南蛮は、宮崎県で生まれた郷土料理です。鶏の唐揚げに甘酢やタルタルソースを加えた一皿は、スタミナがある栄養満点なメニュー。今回は、チキン南蛮の基本情報や定番具材についてご紹介します。

チキン南蛮とは

チキン南蛮とは、甘酢タレに漬けた鶏の唐揚げに、タルタルソースをかけた宮崎県延岡市発祥の料理です。延岡市の洋食店のまかない料理として出されたのが始まりとされていて、その後家庭でのごちそうとなり、現在では郷土料理として宮崎県全体に広まっています。

「南蛮」という名称は、チキン南蛮が唐辛子やネギ、玉ねぎが入った「南蛮酢」を使っていることから来ています。南蛮とは、元は戦国時代にポルトガル人やポルトガル文化のことを指した言葉で、ポルトガル人が日本にもたらしたもののひとつが、南蛮漬けだったことが由来です。

宮崎県では、甘酢タレをかけた鶏の唐揚げのみでもチキン南蛮としていますが、宮崎県外ではタルタルソースもかけるのが一般的。酸味のきいた南蛮酢とタルタルソースとの相乗効果で、食欲が進むメニューです。

チキン南蛮の定番具材とその栄養

チキン南蛮には、さまざまな栄養を摂取できる具材が含まれています。その中でも定番の具材の栄養について、詳しくご紹介します。

鶏肉

チキン南蛮のメインとなる鶏肉は、鶏もも肉が一般的。鶏もも肉には健やかな肌に欠かせないビタミンAや鉄などが含まれていますが、脂質やエネルギーが多くなりがちなので、鶏むね肉を使うのもおすすめです。鶏むね肉にはたんぱく質やビタミンB群が豊富で、さらに活性酸素を取り除いて疲労回復効果が期待できる「イミダゾールジペプチド」も含まれています。ビタミンB群とイミダゾールジペプチドの疲労回復効果と筋肉をつくるたんぱく質の効果で、スムーズに疲労回復をしながら筋肉の発達をサポートします。

ゆで卵

チキン南蛮のタルタルソースに使われるゆで卵も、鶏むね肉と同様にたんぱく質豊富な食材です。たんぱく質はアミノ酸で構成されていますが、ゆで卵には体内で合成できない必須アミノ酸もバランスよく含まれているのが特徴。ビタミンAやビタミンB群、ビタミンDも多く含まれているため、ゆで卵は「完全栄養食品」と呼ばれることがあるほど栄養豊富なのです。

お酢(甘酢)

チキン南蛮に欠かせない甘酢の原料となるお酢は、健康によいさまざまな効果が期待できることでも知られます。独特の酸っぱい風味には、食欲増進効果が高まるほか、糖分と一緒に摂ることで疲労回復に効果的なグリコーゲンの合成をサポートする働きも。また、塩味や素材の風味を活かしてコクを引き出してくれるお酢には、減塩効果も期待できます。

チキン南蛮と組み合わせたい副菜

チキン南蛮をメインのおかずにした時におすすめの副菜は、オクラのゴマびたし。オクラのねばねばに含まれる「ムチン」がたんぱく質の吸収を助けてくれるので、チキン南蛮の豊富なたんぱく質を効率的に摂取できます。ゴマにはビタミンEの分解を抑えて血行を促進する効果を持つセサミンが含まれており、健康によい効果が期待できる食材です。

世田谷自然食品の「温彩特選便 彩り御膳」では、レンジ加熱だけですぐ食べられるチキン南蛮を含む、バリエーション豊富な食事を毎月お届けしています。料理人と管理栄養士が監修した月替わりのメニューは栄養バランスがよく、全て主菜に副菜3品がセットなので食べすぎも防げます。

宮崎県で生まれた郷土料理のチキン南蛮も、今では日本全国で味わえる料理。いつもの唐揚げにひと手間加えて、栄養満点のチキン南蛮にアレンジしてみるのもおすすめです。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

健康メニュー|ホット野菜ジュースのアレンジ術

店頭では冷蔵ケースで販売されていることも多い野菜ジュース。それだけに「冷たいまま飲まなければ美味しくない」、「寒い季節には体が冷えてしまう」と考えている方も多いかもしれません。でも、実は野菜ジュースの多くはホットでも美味しくいただけます。今回は、あたためて飲む野菜ジュースのアレンジ法についてご紹介します。


野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

野菜の豆知識|旬の短い新品種のみかん「紅まどんな」の魅力と食べ方

近年誕生し、ゼリーのような食感と爽やかな甘味が評判のみかん「紅まどんな」。そのおいしさや特徴、従来のみかんとの違いについてや、食べやすい切り方を解説します。


野菜の豆知識|冷凍保存OK ゴボウの栄養&おいしい食べ方

野菜の豆知識|冷凍保存OK ゴボウの栄養&おいしい食べ方

最近ゴボウを食べていますか?泥を洗い落としたりアク抜きをしたり、調理に面倒な下処理が必要なので、あまり扱わない方も多いかもしれません。今回は、ゴボウの栄養や使い切るための保存方法のほか、ゴボウを使ったおいしいレシピをご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~前編(冷え)~

この時期に悩まされるのが体の冷え。また、空気が乾くことで肌などの乾燥を感じている人も多いのではないでしょうか。<br>「冷えや乾燥は女性の問題だと思われがちですが、近年は男性にも多く、誰にでも起こり得る症状です。冷えや乾燥には血行が大きく関わっていて、運動不足やストレスの増加で血行が悪くなり、気づかぬうちに症状を抱えてしまっている方もたくさんいます。そして、様々な病気を引き起こす要因にもなっていると考えられています」(川嶋先生)<br>まずは、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。


「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~後編(乾燥)~

「冷え」と「乾燥」を防いで冬を乗り切ろう! ~後編(乾燥)~

乾燥についても、チェックリストをもとにセルフチェックをしてみましょう。今は症状がなくても原因や仕組みを学び、しっかり対策して寒い冬を元気に過ごしましょう。