健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|丸ごと買ったレタスを使い切るコツ&保存法

健康メニュー|丸ごと買ったレタスを使い切るコツ&保存法

レタスは、サラダやサンドイッチの具材によく使われる野菜。1年を通して購入できるので、普段から口にする機会は多いものです。しかし、1個丸ごとレタスを買ってしまうと、どうしても余らせてしまう……ということはないでしょうか。そこで今回は、おいしいレタスの選び方やレタスを新鮮なままで保存する方法、余らせた時に活用したいレシピをご紹介します。


レタスは、サラダやサンドイッチの具材によく使われる野菜。1年を通して購入できるので、普段から口にする機会は多いものです。しかし、1個丸ごとレタスを買ってしまうと、どうしても余らせてしまう……ということはないでしょうか。そこで今回は、おいしいレタスの選び方やレタスを新鮮なままで保存する方法、余らせた時に活用したいレシピをご紹介します。

「ずっしり」したのはイマイチ? おいしいレタスの選び方

1年を通して食卓にのぼる機会が多いレタスですが、レタスを買う時にどのレタスがおいしいのかを見分けられる方は、案外少ないもの。おいしいレタスを選ぶには、新鮮なものを選ぶのが第一のポイントです。新鮮なレタスは水分が多く、シャキッとした食感が味わえます。では、新鮮なレタスかどうかを見分けるにはどのようにすればよいのでしょうか。

まずチェックしたいのが、葉です。みずみずしくツヤとハリがある淡い緑色の葉なら、新鮮なレタスと判断できます。また、葉の巻きはゆるくふんわりとした状態が最適です。レタスは手に持った時にずっしりと重いものがいいと思われがちですが、重いレタスは葉が硬く、苦味があるので実は味はイマイチ。おいしいレタスを選ぶなら、軽いほうが甘くておすすめです。

芯の切り口は、玉レタスなら10円玉大で白くみずみずしいものがベスト。玉レタスのように結球しないサニーレタスやリーフレタスは芯で判断できないので、葉先の色が濃くパリッとしたものを選びましょう。

シャキッと新鮮なレタスの保存方法

レタスはあまり日持ちしない野菜で、時間が経つにつれてしなびてしまいます。余ったレタスは、できるだけ新鮮な状態で保存しておきたいもの。買ったばかりのシャキッとした状態をキープするには、そのまま野菜室に入れておく前に、ひと手間加える必要があります。

レタスを丸ごと買っても、なかなか一度で食べ切るのは簡単ではありません。余ったレタスは、まず食べやすい大きさにカットしましょう。水分を含ませたキッチンペーパーでカットしたレタスを包み、保存容器に入れて冷蔵庫で保存します。この方法なら、1~2日ほど日持ちします。

すぐに食べない時は、冷凍保存しておけば調理して食べられます。カットしたレタスの水気を切り、チャック付きの冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で保存しましょう。

丸ごと買ったら試してほしい「切り口に小麦粉」保存法

レタスを1個丸ごと買ったあと、すぐに使わずに冷蔵庫で保存すると、いざ食べようとした時に葉っぱがしなびていた、という経験はないでしょうか。丸ごとのレタスも、小麦粉を使ってひと工夫することで長持ちさせられます。

まず、レタスの芯を少し切り落とします。芯を切った部分に小麦粉をまぶしてから、ポリ袋に丸ごと入れて野菜室で保存しましょう。芯にまぶした小麦粉が、レタスから水分が逃げるのを抑えてくれる効果があるため、そのまま保存するよりも長く保ちます。使う時は外側の葉から順に使っていけば、最長3週間ほど日持ちします。

余らせないコツ 加熱でたっぷり食べよう

レタスを丸ごと1個買っても余ってしまう場合におすすめしたいのが、加熱して食べる方法。レタスは生で食べるものというイメージが強いものですが、加熱してもおいしく味わえます。

レタスチャーハンは、油と一緒に摂取することで吸収率がアップする、β-カロテンを効率的に摂取できます。また、レタスは水分が多い野菜なので、加熱しすぎると水分が逃げてしまいます。熱に弱いビタミンCのような栄養素も逃さず摂取するには、チャーハンに入れる際にサッと加熱する程度に留めておくのがポイントです。

レタスは加熱すると柔らかくなるため、生では食べにくい硬めの葉や外側の葉を使ったおみそ汁もおすすめです。だしを入れて沸騰させたお湯にレタスと味噌を入れ、仕上げにごま油をたらすと風味豊かな1杯に。

レタスを加熱して味わうレシピの詳しい情報は、以下の記事も参考にしてみてください。

世田谷自然食品では、レタスをはじめとした16種類の野菜をおいしく摂取できるジュース「十六種類の野菜」を販売しています。野菜の豊富な栄養を手軽に味わうなら、こちらもおすすめです。

レタスを1個丸ごと買ってもいつも食べきれない、保存してから食べようとするとしなびてしまう、という悩みはありがちなもの。今回紹介した上手な保存方法や加熱調理で、レタスをおいしく味わってみましょう。

関連する投稿


健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

奈良時代に中国から伝わったとされ、江戸時代には庶民の食卓に上がるようになった豆腐。植物性たんぱく質が豊富で低カロリーかつ、手頃な値段で購入できる豆腐は、いいことずくめの優秀食材です。今回は、豆腐の栄養や効能、おいしく食べる方法などをご紹介します。


健康メニュー|フリーズドライってどういうもの?

健康メニュー|フリーズドライってどういうもの?

おみそ汁やスープなど、近年は多彩なメニューがフリーズドライとして販売されています。フリーズドライ食品は料理をそのまま乾燥させたもので、お湯を注げばすぐにおいしく食べられますが、調理方法は知っていても、どのような製法で作られているか知っている方は案外少ないもの。そこで今回は、フリーズドライの製造方法や栄養価、フリーズドライ食品についての情報をご紹介します。


健康メニュー|焼菓子 フィナンシェとマドレーヌの違いは?

健康メニュー|焼菓子 フィナンシェとマドレーヌの違いは?

フィナンシェ、マドレーヌ、バウムクーヘン……どれもよく目にする洋菓子ですが、「焼菓子」という便利な名前があるだけに、それぞれの違いについては意外と意識していないかもしれませんね。今回は、身近な焼菓子の特徴や、由来などについてご紹介します。


健康メニュー|三つ葉 親子丼の名脇役は栄養も豊富

健康メニュー|三つ葉 親子丼の名脇役は栄養も豊富

親子丼やお吸い物などで口にすることが多い三つ葉。メインで食べることはあまりなく、どちらかというと脇役的な食材というイメージを持っている方が多いのではないでしょうか。そんな三つ葉は、意外にも栄養価が高く、栽培方法によって食べ方も異なります。今回は、さまざまな料理を引き立てる食材・三つ葉についてご紹介します。


健康メニュー|「黒糖」って健康にどういいの?栄養やおいしい食べ方

健康メニュー|「黒糖」って健康にどういいの?栄養やおいしい食べ方

コクがあり、独特の風味が人気の黒糖。健康によさそうなイメージが定着していますが、どのような栄養が含まれているのか、どのように体によいのか、意外と知られていないのではないでしょうか。そこで今回は、黒糖の栄養と、食べることで期待できる健康効果についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|夏の食養生のポイント「熱を冷まして、湿気を追い出す」

健康習慣|夏の食養生のポイント「熱を冷まして、湿気を追い出す」

夏の不調は暑さと湿気が主な原因。薬膳の世界ではそれぞれを「暑邪(しょじゃ)」「湿邪(しつじゃ)」と呼び、取り除くべきものと考えています。今回は、薬膳から見た“夏の不調のわけ”や、健やかに過ごすための食養生のポイントを解説します。


健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

健康メニュー|「豆腐」体にもお財布にもうれしい優秀食材

奈良時代に中国から伝わったとされ、江戸時代には庶民の食卓に上がるようになった豆腐。植物性たんぱく質が豊富で低カロリーかつ、手頃な値段で購入できる豆腐は、いいことずくめの優秀食材です。今回は、豆腐の栄養や効能、おいしく食べる方法などをご紹介します。


おいしく健康をサポート お酢のチカラ

おいしく健康をサポート お酢のチカラ

お酢は、昔から日本人の食に欠かせない調味料。<br>料理の味を引き立てるだけでなく、健康に良い調味料として改めて注目されています。<br>お酢の種類や健康効果を知り、食卓に賢く取り入れましょう。


美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

美味しく食べて元気に過ごす発酵パワーに注目!

近年、健康や美容にいいと脚光を浴びている発酵食品。<br>塩麹やギリシャヨーグルトなどさまざまなブームが起こり、発酵食の専門店も人気です。また、味噌やぬか漬けを手づくりする人も増えています。<br>ただ、発酵食品が体にいいことは何となく知っていても、発酵にどんなパワーが秘められているのか具体的に知らずに食べている人も多いのではないでしょうか。<br>そこで発酵のメカニズムや効果をご紹介。食べ物を美味しくし、栄養価も高めてくれる発酵パワーのヒミツに迫ります。


健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

健康習慣|耳掃除はやったほうがいい?やらなくていい?

耳かきや綿棒で行う耳掃除。気持ちよさからなんとなく習慣になっているかもしれませんが、「やったほうがいい」「やらなくていい」と賛否両論があることをご存じでしょうか。今回は、耳掃除の必要性をはじめ、耳掃除を行う場合の安全な方法についてご紹介します。