健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
おみそ汁|レタスのおみそ汁 ごま油でカルシウム吸収率アップ

おみそ汁|レタスのおみそ汁 ごま油でカルシウム吸収率アップ

みずみずしさとシャキシャキ感がうれしいレタスは、生で食べることの多い野菜。しかし、実は加熱してもおいしいのです。クセもないので、ほかの野菜や肉とも好相性。ぜひ加熱して、ほかの食材と一緒に食べてみてください。今回は意外だけど手軽でおいしい「レタスのおみそ汁」をご紹介します。


みずみずしさとシャキシャキ感がうれしいレタスは、生で食べることの多い野菜。しかし、実は加熱してもおいしいのです。クセもないので、ほかの野菜や肉とも好相性。ぜひ加熱して、ほかの食材と一緒に食べてみてください。今回は意外だけど手軽でおいしい「レタスのおみそ汁」をご紹介します。

加熱すれば食物繊維もしっかり摂れる

レタスで思いつくメニューといえば、やっぱりサラダ。もちろんそれでもおいしく食べられるのですが、レパートリーが1つではマンネリ化してしまいがちですよね。そこでおすすめしたいのは、レタスを加熱すること。加熱してかさが減ればたくさん食べられ、食物繊維もたっぷり摂れます。

レタスはビタミンC、K、βカロテンやカルシウムなどがほどよく含まれ、シャキシャキの食感とクセのなさが魅力です。油と一緒に摂ることで、βカロテンとカルシウムの吸収率がアップしますから、キャベツや小松菜と同じように炒めものにも使ってみてください。

レタスのおみそ汁レシピ

レタスだけを具材にした、シンプルなおみそ汁のレシピです。加熱で柔らかくなりますから、芯に近い硬めの葉や、食感がいまいちな一番外側の葉を使ってもおいしくいただけます。
仕上げにごま油をひとたらしすることで、βカロテンとカルシウムの吸収率も、おみそ汁の風味もアップします。

<材料(1人前)>
レタス 2~3枚
味噌 大さじ1くらい
水 200ミリリットル
顆粒だし 適量
ごま油 小さじ1

<作り方>
1.レタスを手で一口大にちぎる
2.鍋に顆粒だしと水を入れて沸騰させる
3.火を弱め、2にレタスを入れる
4.レタスが少ししんなりしたら味噌を溶いて、火を止める
5.器に入れ、ごま油をたらしてでき上がり

一緒にいかが? レタスと好相性のおみそ汁の具

レタスはクセがないので、ほかの野菜と一緒におみそ汁にしても違和感がありません。冷蔵庫に少し残った野菜があるなら、ぜひ一緒におみそ汁にしてしまいましょう。
とうもろこし、枝豆、溶き卵、ベーコンなどと一緒にすると、洋食にも合うおみそ汁になりますよ。

おみそ汁の仕上げに「しらす」のちょい足しはいかがですか? 現代人に不足しがちなカルシウム補給にぴったりです。

おいしいレタスの選び方

レタスは全体的にみずみずしさがあり、軽いものを選びましょう。重すぎるものは収穫時期が遅く、育ちすぎている場合があります。切り口が2センチくらいと小さめで、白いものが新鮮です。

ちなみに、レタスの茎を切った時に、白い液体が出てきたことはありませんか?これはラクチュコピクリンというポリフェノールの一種で、苦味がありますが、レタスが新鮮な証拠です。茎も刻んで食べてしまいましょう。また、保存していると切り口が赤くなることがありますが、これはラクチュコピクリンが酸化したため。腐食ではありませんから、食べても問題ありません。

レタスはキャベツなどと同じく、1玉まるごと買うと半玉よりも少しお得です。生食ではなかなか使い切れませんが、加熱すれば1人暮らしでも使い切れる量ですから、いいレタスを見つけたらぜひ1玉で購入してみてください。加熱ならば少し日が経って葉がしんなりしてしまってもおいしく食べられますよ。

関連する投稿


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

郷土料理|十五夜は「芋名月」 里芋をおいしく食べよう

里芋は、十五夜のお供え物や季節のイベントにぴったりな料理の具材として幅広く食べられています。今回は、里芋を供える十五夜に合わせて知っておきたい、里芋をおいしく食べられる郷土料理や里芋の栄養素、効果についてご紹介します。


郷土料理|「日本酒」の選び方を知り、“マイベスト”を見つけよう

郷土料理|「日本酒」の選び方を知り、“マイベスト”を見つけよう

米と麹、水を主な原料として醸造される日本酒。日本各地に蔵元があり、その味わいは本当にさまざまです。さらに近年、日本酒は海外でも注目を集め、「SAKE」という名前で親しまれています。今回は、たくさんの日本酒のなかからお気に入りの1本を見つけるポイントをご紹介します。


健康メニュー|アクアパッツァ 魚介をおいしく食べるイタリア料理

健康メニュー|アクアパッツァ 魚介をおいしく食べるイタリア料理

イタリア料理やその食材が広まるにつれて、日本でも食べられることが多くなった「アクアパッツァ」。魚介中心なので、イタリア料理の中でもヘルシーなメニューです。今回は、アクアパッツァの定番具材とその栄養についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

健康習慣|アクティブ・エイジング 前向きに歳を重ねる

「アクティブ・エイジング」という言葉をご存じでしょうか。2002年、第2回国際連合高齢者問題世界大会でWHOが提唱した、年齢を重ねることに対する考え方です。今回は、アクティブ・エイジングの概要や、アクティブ・エイジングをかなえるヒントになりそうな記事をご紹介します。


健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

健康習慣|「主婦休みの日」 上手に休んで家族みんながハッピーに

「主婦休みの日」という記念日をご存じでしょうか。年に3回あり、9月25日がそのうちの1回です。もともとは、日々休むことなく家事をしている主婦(主夫)が休めるようにと制定されましたが、昨今のコロナ禍では、家族がお互いをねぎらい思いやる日として認知されつつあります。今回は、「主婦休みの日」を家族みんなで有意義に過ごすためのヒントをご紹介します。


健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

健康メニュー|ポークチャップ 濃厚風味でご飯が進む

濃厚で甘じょっぱいケチャップ風味の豚肉料理「ポークチャップ」は、豚肉のうま味とトマトの酸味が絶妙な洋食メニューです。今回は、疲労回復も期待できる成分を多く含むポークチャップについて、具材の栄養や付け合わせにおすすめの食材について解説します。


健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

健康メニュー|「ビーフストロガノフ」ロシア生まれの洋食

ロシア料理の定番「ビーフストロガノフ」は、欧米でポピュラーな煮込み料理。日本でも名前は知られているものの、実際に食べたことがない方も多いのではないでしょうか。今回は、ビーフストロガノフの概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

健康習慣|はじめるなら秋、健康寿命をのばす習慣5選

だんだんと朝晩の気温が涼しくなる秋は、運動や行楽が楽しい季節。9月は、「健康増進普及月間」と「食生活改善普及運動月間」が実施される時期でもあります。この機会に、健康寿命をのばすためのちょっとした習慣をはじめてみてはいかがですか。今回は、健康寿命をのばすための習慣5つをまとめてご紹介します。