健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
美容法|身体のなかから美容と健康をサポート 酵素のパワーとは

美容法|身体のなかから美容と健康をサポート 酵素のパワーとは

“美容や健康に酵素が大切”という話を耳にしたり、酵素を配合したサプリメントを目にしたりしたことはないでしょうか。酵素は人間の生命活動に欠かせないもので、食べ物を消化して栄養分を吸収するほか、新陳代謝を助ける働きをします。しかし、ストレスや偏った食生活によって、体内の酵素が不足してしまうことも。今回は、毎日の食事から効率よく酵素を摂る方法についてご紹介します。


“美容や健康に酵素が大切”という話を耳にしたり、酵素を配合したサプリメントを目にしたりしたことはないでしょうか。酵素は人間の生命活動に欠かせないもので、食べ物を消化して栄養分を吸収するほか、新陳代謝を助ける働きをします。しかし、ストレスや偏った食生活によって、体内の酵素が不足してしまうことも。今回は、毎日の食事から効率よく酵素を摂る方法についてご紹介します。

「酵素」とはそもそもどんなもの?

人間の体内ではさまざまな化学反応が起きています。酵素とは、その化学反応を引き起こす触媒として機能するたんぱく質由来の物質のことをいいます。酵素は大きく分けると「体内酵素」と「体外酵素」の2種類があります。

体内で生成される体内酵素

体内酵素は、その働きによってさらに2つに分類され、食べ物を消化・分解し、吸収する時に使われる「消化酵素」と、吸収された栄養素から生み出されたエネルギーを体内で働かせる役割をする「代謝酵素」があります。

消化酵素の代表的なものには、でんぷんをブドウ糖に分解する「アミラーゼ」、たんぱく質をアミノ酸に分解する「プロテアーゼ」、脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解する「リパーゼ」があります。また、代謝酵素は、運動や呼吸、肌の新陳代謝や老廃物の排出など、さまざまな生命活動に関わっています。

食品から摂取する体外酵素

人体以外の生物に存在する酵素を体外酵素といいます。生の野菜や果物、発酵食品などに含まれている酵素は「食物酵素」と呼ばれ、体内酵素の働きをサポートすると考えられています。

食物酵素が豊富な食品を積極的に食べよう

体内酵素は体内で絶えず作られていますが、体内での消費が激しいと酵素が不足し、代謝が悪くなってしまいます。体内の酵素不足を防ぐには、食物酵素を積極的に取り入れるのがおすすめ。酵素をたくさん含む新鮮な食品を意識して摂り、体内酵素を生み出す腸内細菌が活発に働く腸内環境を作りましょう。

食物酵素は、生の野菜やフルーツのほか、発酵食品にも多く含まれています。酵素は熱に弱いため、できるだけ加熱や加工をせずに食べるのがポイント。では、具体的にはどのような食品を摂ればよいのか見ていきましょう。

野菜

野菜のなかでも特に手軽に酵素を摂りやすいのが大根。大根は、すりおろして食べることで細胞膜が壊れ、より効果的に酵素を摂取できるといわれています。ほかに、キャベツやレタス、たまねぎやセロリなども、酵素が豊富な野菜。サラダでたっぷり味わいましょう。

フルーツ

酵素が多く含まれている果物は、パイナップル、キウイ、バナナ、グレープフルーツなど。パイナップルとキウイにはプロアテーゼ、バナナにはアミラーゼ、グレープフルーツにはリパーゼが多く含まれるといわれています。フルーツは、そのまま味わうのはもちろん、ジュースやスムージーにして摂るのがおすすめです。

発酵食品

発酵食品は、微生物が生み出す酵素の力を活かして作られています。そのため、ヨーグルトやチーズ、キムチのほか、醤油や味噌、納豆といった、日本の食卓に欠かせない食品にも酵素が豊富です。毎日の食事に上手に取り入れたいものです。

手作りの酵素シロップで酵素をチャージ

簡単に酵素を摂るのにおすすめなのが、フルーツを発酵させて作る「酵素シロップ」です。使うフルーツはお好みで選んでかまいませんが、その時季に旬のものがよいでしょう。できあがった酵素シロップは、水や炭酸水で割るほか、牛乳や豆乳に加えてもおいしく味わえます。

用意するもの

<材料>
・お好きなフルーツ
・白砂糖
※2リットルのビンに対して、フルーツは約600グラムまでが目安。白砂糖の重量はフルーツの重量(皮をむいたあと)の1.1倍になるようにしてください。上記の場合、できあがりは約1リットルです。

<道具>
・はかり
・ビン(ガラス製)
・包丁
・まな板
・ザル(またはガーゼ)
※ビンはあらかじめ煮沸消毒しておきます。

<作り方>
1.フルーツは洗って皮をむき、適当な大きさにカットします。柑橘系のフルーツを使う場合は、皮の白い部分まで丁寧に取り除きましょう。苦味が出るのを防げます。
2.フルーツの重量をはかり、その1.1倍の白砂糖を準備してください。
3.ビンの底が隠れる程度に白砂糖を入れ、その上からフルーツを重ねます。さらにその上から白砂糖とフルーツ交互に入れていきましょう。
4.ビンのふたは完全に密閉せず、直射日光が当たらない場所に置きます。翌朝から1日1回、白砂糖とフルーツがなじむようにかき混ぜます。
5.約10日から2週間で発酵が進みます。
6.酵素シロップをザルかガーゼで濾し、不純物を取り除いてできあがりです。

酵素シロップは冷蔵庫で1年以上保存できますが、なるべく3ヵ月程度で飲み切るとよいでしょう。濾したあとのフルーツもおいしくいただけますよ。

酵素は身体のさまざまな働きをサポートしてくれるもの。毎日の食生活で酵素が豊富な食品を摂ることを意識してみてくださいね。

関連する投稿


ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

空気が乾燥し、気温が下がる冬は、髪も乾燥してパサつくことが多いもの。髪のダメージにもつながるため、きちんとヘアケアをして髪を守りたいところです。そこで今回は、冬の乾燥にも負けないヘアケア術をご紹介します。


スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

8月になり、いよいよ夏真っ盛りですね。普段何気なく塗っている日焼け止めですが、自分に合ったものを選べていますか。今回は、日焼け止めの基礎知識を改めておさらいすると共に、自分に合った日焼け止めの選び方や、正しい塗り方をご紹介します。


美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

男性用日傘やマスク日焼けを防ぐノウハウなど、近年はこれまでにない話題も登場してきている日焼け対策。今回は、春から秋までの時期別、そしてシーズン前の予防から焼けてしまった後の対策まで、日焼けの知識についてそれぞれ詳しく取り上げた記事をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

コロナ禍の昨今、マスクは日々の生活に欠かせなくなっています。しかし、長時間のマスク着用によって、乾燥やかゆみなどの肌トラブルが気になることはありませんか?特に花粉症の時季でもある春先は、いつもより肌が敏感で刺激を感じやすくなっているかもしれません。そこで、マスク生活のなかで実践したい、肌荒れを予防するためのマスクの選び方や着け方の工夫、スキンケアによる対策をご紹介。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。