健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
おみそ汁|体ポカポカ、炒め生姜でおいしい「生姜のおみそ汁」

おみそ汁|体ポカポカ、炒め生姜でおいしい「生姜のおみそ汁」

体をあたためる香味野菜の代表格「生姜」。漢方では吐き気を抑える特効薬とされ、冷えによる下痢や食欲不振にも適しています。今回は「生姜」のおみそ汁の作り方や余った生姜の保存方法をご紹介します。世田谷自然食品がお届けする健やかで楽しい人生を応援するライフスタイル情報サイト。


体をあたためる香味野菜の代表格「生姜」。漢方では吐き気を抑える特効薬とされ、冷えによる下痢や食欲不振にも適しています。今回は、生姜をたっぷり入れて、さらには辛味が穏やかになる生姜のおみそ汁の作り方や、余った生姜の保存方法をご紹介します。寒い日にぴったりの1品です。

せたがや日和 おみそ汁

冷え対策には“加熱した”生姜がおすすめ

生姜が体をあたためてくれるのは「ジンゲロール」や「ショウガオール」という辛味成分のおかげ。「ジンゲロール」は生の生姜に多く、加熱すると「ショウガオール」に変化します。

「ジンゲロール」は強い殺菌作用で知られています。生姜のすりおろしがカツオのたたきや馬刺しなどに添えられているのはこのためです。風邪をひいて発熱している時に用いると汗をかかせて解熱させ、また、頭痛をやわらげてくれます。生の生姜をすりおろして熱湯を加えたものは、吐き気や食欲不振に効果的です。ただし刺激が強いので、もともと胃腸が弱い方の摂り過ぎには注意が必要です。

「ショウガオール」は血流を促す作用があり、体全体はもちろん、特に消化器官をあたためてくれます。もともと冷え性の方の体質改善はもちろん、下痢や軟便を伴うおなかの冷え、血行不良による肩や首のこりといった一時的な症状の緩和にも効果が期待できます。また、風邪のなかでも寒気がある方、冷えて節々が痛いという方にはこちらがおすすめです。

体を内側からポカポカに、「生姜のおみそ汁」の作り方

さっそく生姜のおみそ汁を作ってみましょう。生姜の量は1人あたりおよそ15グラムとたっぷりです。最初に生姜をごま油で炒めることで、強い辛味を抑えて味に深みを与えます。お鍋だとこげつきそうな場合は、テフロン加工のフライパンで作ってみてください。

<材料:2人分>
生姜…2かけ(30グラム前後)
豆腐…半丁
だし汁…600cc(水と顆粒だしでも)
味噌…適量
ごま油…小さじ2

<作り方>
1.生姜を皮付きのまま薄切りにし、豆腐は一口大に切る
2.フライパンにごま油を入れて熱し、やや強火で生姜を炒める
3.生姜がしんなりしてきたら、だし汁を入れてひと煮立ちさせる
4.いったん火止め、味噌を溶き入れて、豆腐を入れる
5.弱火にかけ、沸騰する前に火を止める

お豆腐は絹ごしでも木綿でも、お好みで構いません。こちらの記事では、絹ごし・木綿のそれぞれに合う調理法や栄養面の違いについてご紹介しています。

お手軽に、生姜チューブを使ったおみそ汁も

生姜チューブを使っても、もちろんおみそ汁は作れます。その場合は1人あたり3センチほど絞り出して、おみそ汁に入れるだけでOK。炒める必要はありませんが火を通したいので、できあがったおみそ汁に足すのではなく、おみそ汁をあたためる最中に入れてください。

余った生姜の保存方法(冷蔵・冷凍)

せたがや日和 おみそ汁

生姜は基本的に少量ずつ使うものなので余ってしまいがち。しかし、やはり生の生姜はチューブのものより風味がいいですよね。余った生姜もきちんと保存すれば、長持ちしてくれます。最後まで使い切れるよう、長持ちする保存方法をおさえておきましょう。

生姜の保存:冷蔵 その1

生姜を水につけておけば、1ヵ月程度保存がききます。生姜の皮は剥かずに表面をしっかり洗いましょう。この時、保存容器に入りきらないようなら、1片ずつにカットしても構いません。容器に入れる前に、カットした面も洗っておきます。使いかけの生姜もこの方法で保存できます。

容器に入れたら、生姜が浸るくらいの水を入れ、フタをして冷蔵庫へ。密閉容器でなくとも構いません。だいたい2~3日を目安に水換え&洗い直しをして、使う際にはカットした面を薄く切り落としてください。

生姜の保存:冷蔵 その2

1週間くらいで使い切る予定なら、もっとお手軽な方法があります。皮のまま洗った生姜を、湿らせた新聞紙やペーパータオルで包んで、ラップするかビニール袋に入れて冷蔵庫へ。こうすることで表面がカラカラになるのを防ぎ、みずみずしさを保てます。

生姜の保存:冷凍

千切り・薄切り・すりおろしなど使いやすい大きさにしたものは、サッと取り出してすぐ使えるので便利です。こちらは冷凍保存が向いています。保存期間は1ヵ月ほどです。

用途別にカットしたら、ペーパータオルなどでしっかりと水気をとって、ラップでぴっちりと包みます。この時、できるだけ平たく包んでおくと調理時にほぐれやすいです。調理する際は自然解凍でも、凍ったまま加熱調理でも、どちらでも使えます。

日に日に寒さが厳しくなってくる時期には、加熱した生姜を意識的に摂るのがおすすめです。一年中冷えがある方や、夏でもクーラーで冷えてしまう方は、通年摂ることを試してみてください。適切な保存をすることで、生姜は長持ちします。冷蔵庫に常に生姜があると、安心ですよ。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。