健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
メイク|若々しい印象と引き締まった小顔をつくるチークの選び方&入れ方

メイク|若々しい印象と引き締まった小顔をつくるチークの選び方&入れ方

メイクの仕上げに使う「チーク」は、肌の血色をよく見せ、表情に華やかさや立体感を出す役割があります。選ぶカラーや入れ方を工夫すれば、気になる肌悩みをカバーでき、フェイスラインを引き締めて見せる小顔効果も期待できます。しかし、年齢を重ねて肌質や顔立ちが変わると、若い頃と同じメイクが似合わなくなることも……。今回は、若々しい印象になる、年齢に合ったチークの選び方と入れ方をご紹介します。


メイクの仕上げに使う「チーク」は、肌の血色をよく見せ、表情に華やかさや立体感を出す役割があります。選ぶカラーや入れ方を工夫すれば、気になる肌悩みをカバーでき、フェイスラインを引き締めて見せる小顔効果も期待できます。しかし、年齢を重ねて肌質や顔立ちが変わると、若い頃と同じメイクが似合わなくなることも……。今回は、年齢に合ったチークの選び方と入れ方をご紹介します。

チークにはどんな種類がある?

チークといえば、パウダータイプを思い浮かべる方が多いかもしれません。しかし、それ以外にもさまざまな質感や形状のチークがあることをご存じでしょうか。まずは、チークのタイプごとに特徴を見ていきましょう。

パウダータイプ

粉が固められた「ブレスト状」のものと、粉のままの「ルース状」のものがあり、ブラシやパフに取って使います。特徴は、軽いつけ心地でふんわりとした質感に仕上がること。色味の調整がしやすくムラになりにくいので、チークに慣れていない方でも使いやすいでしょう。肌質を問わず使えますが、肌が乾燥しているときれいに発色しなかったり、パウダーが肌の水分を奪ってしまったりすることがあるため、乾燥肌の方は注意が必要です。

クリームタイプ

クリーム状でやわらかく、肌なじみがよいタイプです。つける時はブラシではなく指を使いますが、頬に直接塗布できるスティック型のものもあります。パウダータイプに比べると色持ちがよく、健康的なツヤのある質感に仕上がります。水分や油分を含むためカサつきにくく、乾燥肌の方におすすめ。一方、肌のベタつきが気になる方が使うと崩れやすくなることがあります。

リキッドタイプ

マニキュアやリップグロスのようなボトルに入っていることが多い、ややとろみのある液体状のチーク。発色のよさとみずみずしい感触が特徴で、肌の内側からにじみ出たような血色感のある仕上がりが魅力です。水分量が多いことから、肌に密着しやすく落ちにくいのも特徴。チークとしてだけではなく、リップとして使えるアイテムもあります。

大人の女性ならではのチークの色選び

大人の女性がチークを使う時に気をつけたいのが、色選びです。色選びを間違うと、肌がくすんで見えたり若づくりに見えたりと、不自然な仕上がりになってしまいます。そこで、自分に似合うチークの色を選ぶコツを2つご紹介します。

暗い色より華やかな色を

肌から浮かないようにしたいからと地味な色のチークを選ぶと、大人の女性の肌はかえってどんよりとして見えてしまいます。なぜなら、年齢を重ねると、若い頃と比べて肌の色がくすみ、シワやたるみで頬に影ができていることが多いからです。肌の色に近いベージュ系はできれば避けるのがよいでしょう。明るい色のチークはなんとなく抵抗があるかもしれませんが、赤系やピンク系をベースにした鮮やかな色を取り入れてみてください。肌の血色感を補ってくれます。

指先を使った簡単チェック方法

左右どちらかの手のひらを上に向け、指の第1関節あたりをもう片方の手で軽くつかみます。すると、手のひらを上に向けたほうの指先が少し赤くなります。その時に見える血色が、自分の肌に自然になじむチークの色の目安。指とチークを見比べてみて、近い色を選ぶのがおすすめです。

ほかに、パーソナルカラーを参考に色選びをする方法もあります。
パーソナルカラーについては、以下の記事も参考にしてみてください。

チークを上手に入れるテクニック

効果的に使うことで顔の悩みをカバーすることができるチーク。その入れ方にはいくつかポイントがあります。最後に、チークを使って若々しい表情をつくるためのテクニックを解説します。

高めの位置に入れてリフトアップ

顔全体を引き締まった印象に見せるには、高めの位置にチークを入れるのがポイント。頬の最も高いところから耳側の髪の毛の生え際に向かって引き上げるように入れることで、リフトアップ効果が期待できます。
チークを入れ始める起点の目安は、目尻の骨のくぼみから指2本分下の位置。起点にチークをのせたら、ブラシを使う時は横向きに肌をやさしくなでるように、指を使う時は指の腹でポンポンとスタンプを押すように、色をぼかしながら広げていきましょう。

ひと手間で塗りすぎ防止&ムラのない仕上がりに

チークが濃すぎると実年齢以上の印象に見えてしまいがち。塗りすぎを防ぐため、パウダータイプはブラシ全体にチークをたっぷり含ませ、ティッシュペーパーの上で余分な粉を払ってから肌にのせましょう。クリームタイプやリキッドタイプは、一度適量を手の甲に取ってから少しずつ肌にのせます。どちらの場合も、チークを入れたあとに手のひらで軽くハンドプレスをすることで、より肌に密着し自然な仕上がりになります。

チークは顔の印象を左右する、重要なポイントのひとつ。自分に似合う色のチークを取り入れて、日々のメイクを楽しんでくださいね。

関連する投稿


ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

空気が乾燥し、気温が下がる冬は、髪も乾燥してパサつくことが多いもの。髪のダメージにもつながるため、きちんとヘアケアをして髪を守りたいところです。そこで今回は、冬の乾燥にも負けないヘアケア術をご紹介します。


スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

8月になり、いよいよ夏真っ盛りですね。普段何気なく塗っている日焼け止めですが、自分に合ったものを選べていますか。今回は、日焼け止めの基礎知識を改めておさらいすると共に、自分に合った日焼け止めの選び方や、正しい塗り方をご紹介します。


美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

男性用日傘やマスク日焼けを防ぐノウハウなど、近年はこれまでにない話題も登場してきている日焼け対策。今回は、春から秋までの時期別、そしてシーズン前の予防から焼けてしまった後の対策まで、日焼けの知識についてそれぞれ詳しく取り上げた記事をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

コロナ禍の昨今、マスクは日々の生活に欠かせなくなっています。しかし、長時間のマスク着用によって、乾燥やかゆみなどの肌トラブルが気になることはありませんか?特に花粉症の時季でもある春先は、いつもより肌が敏感で刺激を感じやすくなっているかもしれません。そこで、マスク生活のなかで実践したい、肌荒れを予防するためのマスクの選び方や着け方の工夫、スキンケアによる対策をご紹介。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。