健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
メイク|あなたは「イエベ」or「ブルベ」?パーソナルカラー診断で似合うメイクを知る

メイク|あなたは「イエベ」or「ブルベ」?パーソナルカラー診断で似合うメイクを知る

雑誌のメイク特集で、「イエベ」や「ブルベ」というキーワードを目にしたことはありませんか?それぞれ「イエローベース」「ブルーベース」の略で、生まれもった肌色のトーンが黄み寄りか青み寄りかを分類するものです。自分のパーソナルカラーのタイプを知ることで自分に似合う色がわかり、日々のメイクがさらに楽しくなります。今回は、簡単にセルフチェックできるパーソナルカラー診断の方法と、タイプごとのメイクアイテムの色選びについてご紹介します。


雑誌のメイク特集で、「イエベ」や「ブルベ」というキーワードを目にしたことはありませんか?それぞれ「イエローベース」「ブルーベース」の略で、生まれもった肌色のトーンが黄み寄りか青み寄りかを分類するものです。自分のパーソナルカラーのタイプを知ることで自分に似合う色がわかり、日々のメイクがさらに楽しくなります。今回は、簡単にセルフチェックできるパーソナルカラー診断の方法と、タイプごとのメイクアイテムの色選びについてご紹介します。

パーソナルカラー診断とは?セルフチェックの方法

パーソナルカラーとは、その人にもっとも調和する色のこと。パーソナルカラー診断では、肌や瞳、唇などの特徴をもとに、自分の魅力をより引き立ててくれる色を知ることができます。

パーソナルカラーは、スプリング(春)・サマー(夏)・オータム(秋)・ウインター(冬)の4つの基本タイプに分類されます。そのうち、スプリングとオータムは黄みがかった色が似合う「イエローベース(イエベ)」、サマーとウインターは青みがかった色が似合う「ブルーベース(ブルベ)」といわれています。

さっそく、簡単にセルフチェックできる方法をご紹介します。次の項目のうち、AとBどちらが多くあてはまるでしょうか?メイクをしていない状態で、できれば自然光の下で試してみてくださいね。

手のひらの色
A:黄みがかっている B:白っぽさや赤みがある


手首の血管の色
A:緑色っぽく見える B:青色っぽく見える


白目の色
A:アイボリーっぽい色 B:水色っぽい色


瞳の色
A:ブラウンやライトブラウン B:ブラックやダークブラウン


唇の色
A:色味が少なく肌色に近い B:色素が薄くやや青みがかっている


顔色が明るく見える洋服の色
A:暖色系 B:寒色系


肌になじむアクセサリーの色
A:ゴールド系 B:シルバー系

Aが多くあてはまった方はイエローベース、Bが多くあてはまった方はブルーベースの可能性が高いといえるでしょう。このセルフチェックはあくまで簡易的なものですので、本格的なアドバイスを受けたい場合は、専門家による診断をおすすめします。

イエローベース・ブルーベース、それぞれの特徴

パーソナルカラーを決定づける要素のひとつである肌表面の色味は、メラニン(茶色素)やカロテン(黄色素)、血液中の赤い色素、ヘモグロビンの量に影響を受けているといわれています。イエローベースとブルーベースには、それぞれ次のような特徴があります。

イエローベースの特徴

イエローベースの方は、肌がやや黄みがかっていて、健康的な印象に見えます。メラニンの量がブルーベースよりも多く、日焼けをすると肌が小麦色になりやすい傾向があります。暖色系のカラーが似合うタイプで、例えば白いシャツなら、少し黄みがかったアイボリーや生成り色などのアイテムがなじみます。一方、真っ白のアイテムを着ると顔色がくすんで見えてしまうことも。

ブルーベースの特徴

ブルーベースの方は、肌が色白で透明感があり、やや青みがかっていたりピンクっぽく見えたりします。日焼けをすると肌が真っ赤になり、そのあとは元に戻ることが多いようです。寒色系のカラーが似合うタイプで、漂白したような真っ白のアイテムを着ると顔映りがよくなります。一方、黄みがかったホワイトだと疲れて見えてしまうことも。

各タイプの魅力を引き出すコスメの色選び

メイクも自分に似合う色を取り入れることで、肌色が明るく見えたり、顔全体が引き締まって見えたりと、うれしいメリットがたくさんあります。アイテムごとに各タイプにぴったりのカラーをご紹介します。

イエローベースに似合うカラー

<アイシャドウ>

ベージュやゴールドなど、あたたかみのあるカラーが似合います。ブラウンなら、少し黄みがかったアーモンドブラウンやコーヒーブラウンを使うと、やわらかな印象に仕上がります。

<チーク>

コーラルピンクやサーモンピンクなどの色味がおすすめ。ライトオレンジやオレンジベージュも、血色をよく見せてくれるカラーです。

<リップ>

オレンジピンクやオレンジベージュなど、黄みと赤みのバランスがとれたカラーがおすすめ。顔色がぱっと明るくなり、華やかな表情を演出できます。

ブルーベースに似合うカラー

<アイシャドウ>

ベビーピンクやバイオレットなど、涼しげで透明感のあるカラーが似合います。ブラウンなら赤みのあるココアブラウンやボルドーブラウンを使うと、奥行きのあるまなざしをつくれます。

<チーク>

桜のようなパステルピンクや少し青みがかったラベンダーピンクがおすすめです。ベージュやオレンジなど黄みの強いカラーを選ぶと、肌から浮いてしまうので注意しましょう。

<リップ>

ローズピンクやラズベリーレッドなどの深みのあるカラーが、肌の透明感を引き立ててくれます。鮮やかなレッドなら、顔色が悪く見えがちなブルーベースの唇をカバーし、血色感をプラスできます。

自分の雰囲気に似合う色の傾向がわかると、コスメ選びでの迷いや失敗が少なくなります。あなたをより魅力的に見せてくれるパーソナルカラーを、ぜひメイクに取り入れてみてくださいね。

関連する投稿


ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

空気が乾燥し、気温が下がる冬は、髪も乾燥してパサつくことが多いもの。髪のダメージにもつながるため、きちんとヘアケアをして髪を守りたいところです。そこで今回は、冬の乾燥にも負けないヘアケア術をご紹介します。


スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

8月になり、いよいよ夏真っ盛りですね。普段何気なく塗っている日焼け止めですが、自分に合ったものを選べていますか。今回は、日焼け止めの基礎知識を改めておさらいすると共に、自分に合った日焼け止めの選び方や、正しい塗り方をご紹介します。


美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

男性用日傘やマスク日焼けを防ぐノウハウなど、近年はこれまでにない話題も登場してきている日焼け対策。今回は、春から秋までの時期別、そしてシーズン前の予防から焼けてしまった後の対策まで、日焼けの知識についてそれぞれ詳しく取り上げた記事をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

コロナ禍の昨今、マスクは日々の生活に欠かせなくなっています。しかし、長時間のマスク着用によって、乾燥やかゆみなどの肌トラブルが気になることはありませんか?特に花粉症の時季でもある春先は、いつもより肌が敏感で刺激を感じやすくなっているかもしれません。そこで、マスク生活のなかで実践したい、肌荒れを予防するためのマスクの選び方や着け方の工夫、スキンケアによる対策をご紹介。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。