健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
散策|軽井沢を満喫できる注目スポット「軽井沢星野エリア」(長野県)

散策|軽井沢を満喫できる注目スポット「軽井沢星野エリア」(長野県)

首都圏からのアクセスがよく、古くから避暑地として愛されてきた軽井沢。今でも人々の憧れの場所であり、豊かな自然があふれています。中でも、「星野エリア」は大正時代から文豪、芸術家が集った場所であり、その優美な雰囲気を今も色濃く残しています。 個性的なショップやレストランがある「ハルニレテラス」、避暑地軽井沢の名湯として、多くの人に愛され続けている立ち寄り温泉「トンボの湯」など、美しい森のなかに、魅力的な施設が点在しています。


首都圏からのアクセスがよく、古くから避暑地として愛されてきた軽井沢。今でも人々の憧れの場所であり、豊かな自然があふれています。中でも、「星野エリア」は大正時代から文豪、芸術家が集った場所であり、その優美な雰囲気を今も色濃く残しています。
個性的なショップやレストランがある「ハルニレテラス」、避暑地軽井沢の名湯として、多くの人に愛され続けている立ち寄り温泉「トンボの湯」など、美しい森のなかに、魅力的な施設が点在しています。

画像提供:軽井沢星野エリア

軽井沢星野エリアへのアクセス

軽井沢星野エリアへは、東京方面からの場合、東京駅からJR北陸新幹線で約1時間10分の軽井沢駅下車、西武観光バスに乗り換え約20分です。車の場合は上信越自動車道碓氷・軽井沢I.C.から約20分です。

軽井沢の自然を感じる星野エリア

画像提供:軽井沢星野エリア

軽井沢というと、避暑地、リゾート地、ショッピングモールなどいくつか連想させられる言葉が浮かびます。その軽井沢の雰囲気を集約したような場所が「軽井沢星野エリア」です。大正時代から文豪や芸術家が集い、親交や交流を深めた場所でもあります。今もその雰囲気は変わらず、爽やかな風、川のせせらぎ、やわらかな木漏れ日が心地よく、多くの野鳥も生息しています。

思い思いに過ごせる「ハルニレテラス」

画像提供:軽井沢星野エリア

ハルニレテラスは9棟のモダンな建物を広いウッドデッキでつないだ「小さな街」です。「軽井沢の日常」をコンセプトにした16の個性的なショップ、レストランが点在しています。周囲は浅間山の雪解け水を源にする湯川の清流や、それに寄り添うように自生する100本を超えるハルニレ(春楡)の木立が覆い、爽快さと非日常空間を満喫しながら、買い物などが楽しめます。イタリアンや和食、中国料理、ベーカリーなど多彩な飲食店、ショップも工芸品から加工食品、農産物まで幅広くそろいます。

「ハルニレテラス」では各種イベントも人気です

画像提供:軽井沢星野エリア

2019年8月31日までの毎週土曜(8月10日、8月17日を除く)に行われる「森の心身調律」も好評です。フィットネスと温泉を組み合わせた癒しのプログラムです。軽井沢の自然のなかで行うので、ジムでのエクササイズとは異なる開放感と気持ちよさが体感できます。
2019年6月1日~梅雨が明けるまでの期間には、雨を楽しむイベント「軽井沢アンブレラスカイ2019」を開催します。ハルニレテラスの街並みが、100本のカラフルな傘で彩られ、新スポット「アンブレラガーデン」も登場します。

ハルニレテラス
所在地:長野県北佐久郡軽井沢町星野
電話番号:0267-45-5853
営業時間:8:00~23:00(季節・施設によって異なる)
定休日:なし
森の心身調律料金:3,500円

ネイチャーツアー「ピッキオ」

画像提供:ピッキオ

軽井沢野鳥の森には約70~80種類の野鳥が生息しています。その野鳥がすむ森を案内するネイチャーツアーを、森のいきもの案内人「ピッキオ」が開催しています。軽井沢の森を熟知したピッキオのガイドが自然を案内し、野鳥の姿やさえずり、トンボの羽化の瞬間、野生動物との出会いなどをガイドしてくれます。

ピッキオ
所在地:長野県北佐久郡軽井沢町星野
電話番号:0267-45-7777
営業時間:9:30~17:00(季節によって変動あり)
定休日:なし

野鳥の森ネイチャーウォッチング

画像提供:ピッキオ

軽井沢野鳥の森を舞台に、森の生き物の不思議に触れる自然観察ツアーです。
期間:毎日開催(要予約)
料金:大人2,100円、4歳~小学生1,000円、3歳以下無料、双眼鏡レンタル(希望者のみ)300円
定員:20名(日によって異なる)

空飛ぶムササビウォッチング

画像提供:ピッキオ

生態や飛行ルートまで把握しているピッキオが、ムササビとの出会いをサポートします。
期間:2019年3月15日~11月30日(要予約、出発の1時間前まで)
時間:夕方の1時間30分(開催時間は時期によって変動します)
料金:大人3,300円、小学生2,500円、幼児(4歳~6歳)無料

ワイルドサファリツアー

画像提供:ピッキオ

観察用ライトを搭載した車に乗って、暗闇に潜む野生動物を探します。
期間:2019年4月27日~10月31日(要予約、出発の2時間前まで)
時間:4月~8月 19:30出発 21:00まで、9月~10月 18:30出発 20:00まで
料金:大人4,800円、4歳~小学生3,800円

お昼ごはんは「村民食堂」で

画像提供:軽井沢星野エリア

堀辰雄の小説『美しい村』からその名をとった星野エリアの人気レストラン「村民食堂」。大きな窓から美しい自然を望むことができるモダンな店内で、地元の食材や季節の旬素材をひと工夫した定食や一品料理が味わえます。そばや信州サーモン、山賊焼きなど信州らしい名物料理がおすすめです。

村民食堂
所在地:長野県北佐久郡軽井沢町星野
電話番号:0267-44-3571
営業時間:11:00~22:00(21:00LO)
定休日:なし(1月下旬に冬季休業あり)

歴史ある温泉「星野温泉 トンボの湯」

画像提供:軽井沢星野エリア

旅の締めくくりは、北原白秋や与謝野晶子も訪れた名湯「星野温泉 トンボの湯」へ。十和田石や檜の内湯、大きな花こう岩と木々に覆われた爽快な露天風呂は、心からくつろいで入浴できます。湯船には湯の花が浮かびとてもなめらかです。源泉かけ流し、循環・加水はしておらず、その軟らかいお湯は「美肌の湯」といわれ、湯上がり後すべすべの肌が実感できます。

星野温泉 トンボの湯
所在地:長野県北佐久郡軽井沢町星野
電話番号:0267-44-3580
営業時間:10:00~23:00(最終受付は22:00)
定休日:なし
入浴料:1,300円(8月は1,500円)

古きよき軽井沢。今もその面影を残しつつ、豊かな自然と旅の魅力を満喫できるのが「軽井沢星野エリア」です。森と融合した小さな街は、食事にお買い物、温泉と、思い思いに過ごす癒やしの旅にぴったりな場所です。

※掲載されている情報は2019年4月現在のものです。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

しょうがのピリッとした風味が食欲をそそる「豚のしょうが焼き」。豚肉は疲労回復、しょうがは冷え性対策に効果的で、暑さで疲れやすく冷房で体が冷えやすい夏にぴったりのメニューです。今回は、豚のしょうが焼きの具材とその栄養、あわせて味わいたい副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。


隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

高血圧や高血糖、高尿酸血症や血液ドロドロなどの引き金になり、健康リスクの大きな原因になる肥満。見た目でわかる肥満だけでなく、体型や体重に表れにくい、隠れ肥満も増えています。<br>そこで、改めて自分が肥満かどうか、肥満ならどんなタイプなのかを知り、健康な体を目指しましょう。ここで紹介するのは、「ダイエット」ではなく「やせ習慣」。継続しやすい生活習慣から、気軽に、前向きに取り組んでみましょう。


健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

食材のコクやうま味を引き出す調味料として、今や定番となっているのが「塩こうじ」。肉や魚を漬け込むのはもちろん、ドレッシングとしても使える便利な発酵調味料です。そこで今回は、塩こうじの種類や使い方について解説します。