健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
日常生活マナー|おしぼり 思いやりマナーで身も心も気持ち良く

日常生活マナー|おしぼり 思いやりマナーで身も心も気持ち良く

寒くて手先が冷えている時も暑くて汗だくの時も、訪問先や飲食店などで清潔なおしぼりが出されるととてもうれしいものではないでしょうか。わざわざおしぼりを用意してくれた相手の気遣いに応えられるよう、気持ちのいいおしぼりの使い方を覚えておきたいところです。今回は、おしぼりのマナーとその考え方や、お客様へのおしぼりの出し方について、ご紹介します。


寒くて手先が冷えている時も暑くて汗だくの時も、訪問先や飲食店などで清潔なおしぼりが出されるととてもうれしいものではないでしょうか。わざわざおしぼりを用意してくれた相手の気遣いに応えられるよう、気持ちのいいおしぼりの使い方を覚えておきたいところです。今回は、おしぼりのマナーやその考え方について、ご紹介します。

おしぼりの基本的な使い方

右手で持ち、左手に持ち替え、使った後はたたんで戻す

おしぼりはまず右手で持ち、左手に持ち替えてから手を拭きます。使い終わったら軽くたたんで、おしぼり受けがある場合はその上に戻しましょう。袋に入っている場合は破裂音をさせないよう静かに開け、袋が散らからないようおしぼりの下に敷いたり、おしぼり受けで押さえるなどして気を付けましょう。

最初のおしぼりは「さっぱりさせる」もの、2度目からは「手で食べて」の合図

訪問先や飲食店で最初に出るおしぼりは、手指などを拭いてさっぱりさせるためのものです。ただ、食事中などに再びおしぼりが出されたら、それは手指を拭く必要がある=手で食べても良いものが供される合図とされています。2度目のおしぼりで手指以外の場所を拭くのは控えましょう。

おしぼりでやっていいこと、悪いこと

「顔を拭く」の是非には諸説あり!? 迷ったら相手に合わせましょう

出されたおしぼりで顔や首筋など、手以外の部分を拭くことについては賛否両論があります。「マナー違反」とする見解も多い一方で、「服から出ている部分はどこでも拭いて良し」とする見解もあり、千差万別です。

ただ、マナーとは、周囲の方に気持ち良く過ごしていただくためにあるもの。同席の相手が顔を拭かないのであれば、自分も控えておいたほうが無難でしょう。相手が顔を拭いていれば、自分も一緒に拭くなり、手だけにとどめるなり、自由にしても構いません。

「テーブルを拭く」のはマナー的にも、実用的にも控えましょう

おしぼりは自分の手を拭くためのものなので、拭き終わったからといって、台拭きのようにテーブルを拭くのはマナー違反にあたります。
特に、こぼしたしょうゆやソースなどを拭いてしまうと、通常の洗濯では落ちにくい汚れが付くので、実用的にも好ましくありません。口元を拭くのも、汚れにつながりますから控えたいところです。

飲み物の入ったグラスを倒してしまったなど、緊急の場合はやむを得ないこともありますが、訪問先やお店の人に「すみません、使います(使いました)」とひと声かけておくと印象も良いでしょう。

おしぼりの出し方

お客様から見て右側に出すのが基本、ただし臨機応変に

おしぼりを出す際は、お客様から見て右側にくるように出すと、最初に右手で持つ際もスムーズですし、その後も邪魔になりにくいでしょう。ただし、右側が狭く使いづらい場合や左利きと分かっている方の場合などは、臨機応変に対応したいところです。形にとらわれず、お客様の使いやすい、邪魔にならないスペースにお出ししましょう。

輪になった側がお客様の手前に来るように

サイズや畳み方にもよりますが、おしぼりは折りたたんで輪になっている側がお客様の手前に来るようにセットします。反時計回りに巻くなど、左手に持ち替えた際開きやすいようにしておくと、なお良いでしょう。

おしぼりは、飲食店などで使い慣れているからこそ、いざ改まった席となると、どう扱っていいか迷ってしまうかもしれません。自分がさっぱりするだけでなく、周囲の方とも心地よく過ごせるよう、ちょっとした気遣いを忘れないようにしたいものです。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

夏はミネラルを意識的に摂ることが重要。ミネラルとブドウ糖が豊富な黒糖は、体が疲れた時も、仕事や勉強で頭が疲れた時にもおすすめです。持ち歩きや使い勝手も良いので、夏の間は常備しておきたい食材です。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。


健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

日本の夏は、寝苦しい熱帯夜が続くことが多く、ぐっすり快眠できたと感じられることが少ないものです。夜中に暑さで何度も目を覚ますこともあり、朝まで眠れてもすっきり起きられないということも。そこで今回は、暑い夏でもぐっすり快眠してすっきり起きるためのコツをご紹介します。