健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
間違いやすい日本語|「袖振り合うもたしょうの縁」「役不足」 漢字を覚えたい言葉と誤解を生みやすい言葉

間違いやすい日本語|「袖振り合うもたしょうの縁」「役不足」 漢字を覚えたい言葉と誤解を生みやすい言葉

日本の古くからのことわざは、知ってはいるものの音で覚えているため、いざ漢字で書くとなると難しい言葉もあります。今回は、そんな漢字で書くときに間違えやすいことわざ「袖振り合うもたしょうの縁」をご紹介します。また、あまりに多くの人が誤った意味でとらえているので、誤解されないように注意したい「役不足」もご紹介していきます。


日本の古くからのことわざは、知ってはいるものの音で覚えているため、いざ漢字で書くとなると難しい言葉もあります。今回は、そんな漢字で書くときに間違えやすいことわざをご紹介します。また、あまりに多くの人が誤った意味でとらえているので誤解されないように注意したい言葉もご紹介していきます。

漢字で正しく書けますか?「袖振り合うもたしょうの縁」

ことわざのひとつ、「袖振り合うもたしょうの縁」。知らない人と偶然に袖が触れ合うようなちょっとした出会いも、前世からの因縁によって起きるという意味です。

問. さて、この「たしょう」は漢字でどのように書くでしょうか?
1. 多少
2. 多生



答えは、2の「多生」。「ちょっとした出会い」という意味で「多少」の漢字をあてると、間違われた方もいるのではないでしょうか。「他生」では?と思われた方もいるかもしれません。この書き方については、後ほど説明します。

「多生」とは見慣れない言葉ですね。この言葉、実は仏教用語なのです。「多生」は「何度も生まれ変わること」をいいます。仏教では、人はこの世に生まれ出るまで、六道輪廻(ろくどうりんね)を繰り返すという教えを説いています。六道は、地獄道・餓鬼道・畜生道・修羅道・人間道・天道を指し、輪廻とは廻る輪のように生まれ変わりを繰り返すことをいいます。こうして多くの生を経る間に、前世で結んだ因縁を「多生の縁」というわけです。

また、「多生の縁」は「他生の縁」と書くこともあります。「他生」も仏教用語で、前世と来世とのことです。「他生」と書くのは俗用とされていて、容認されてはいるものの、正しい書き方としては「多生」と覚えておくほうがよいでしょう。

人と人との縁は偶然ではなく、前世からの深い因縁によって起こる、というこのことわざ。もう一歩踏み込むと、「だから、どんな出会いも、大切にしなければならない」という教えにつながります。人と人のつながりを考えさせてくれることわざ、ときどき思い返してみてはいかがでしょうか。

そうとうの自信家、と誤解されないように!「役不足」

問. 「彼には役不足の仕事だ。」という場合、「役不足」はどのような意味でしょうか?
1. 本人の力量に対して役目が重すぎること
2. 本人の力量に対して役目が軽すぎること



これは平成24年度の「国語に関する世論調査」で出された問題です。1は、「彼の力量では、その仕事は重荷すぎる」、2は「彼ほどの力量の人に、その仕事は軽すぎる」という意味で、「もったいない」「失礼では」といったニュアンスを含んでいます。どちらも力量と仕事のバランスが悪いといっているのですが、意味は反対ですね。

答えは、2の「本人の力量に対して役目が軽すぎること」。役不足とは、「役」のほうが「不足」なこと。つまり、役目が不相応に軽いことをいいます。誤用されることの多い言葉で、平成24年度の「国語に関する世論調査」での正答率はなんと41.6%。誤答した人のほうが51.0%と多かったのです。

この言葉、うっかり間違えて使うと、とんでもない誤解を招くことになりかねません。例えば、「あなたに私の後任として、店長を任せたい」といわれた場合、(とてもそんな大役は務まらない)と思って、「私には役不足です」と間違えて答えてしまったら……。相手からすると、「自分には店長なんて仕事は役目が軽すぎる」といっているようなものですから、そうとうの自信家に見られてしまいます!使い方を間違わないためにも、「役不足」と反対の言葉として「力不足」を覚えておきましょう。この場合は「私では、力不足です」と答えれば正しく意図が伝わりますね。

また、相手を褒めるつもりで、「これまでやってもらっていた仕事は君には役不足と思ったから、〇〇さんに任せることにしたよ」といった場合、相手が正しく意味を知っていないと、自分への評価が低いのでは……と誤解してしまうかもしれません。多くの人が意味を間違えてとらえている言葉ですから、使い方には気をつけないといけませんね。

関連する投稿


散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

散策|新緑の時期に歩きたい、自然豊かな観光地5選

ゴールデンウィークから初夏にかけては、陽気に誘われて過ごしやすい時季です。そこで今回は、これまでご紹介してきた旅記事のなかで、「丸山千枚田」「奥入瀬渓流」「尾瀬国立公園」などの、新緑が美しい自然豊かな観光地や散策ルートをご紹介します。


日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

日常生活マナー|いまさら聞けない、クレジットカードの使い方

キャッシュレス決済を利用する方が増えるなか、最も使用されているのがクレジットカード。しかし、これまでクレジットカードをあまり使用されていなかった方や、これからクレジットカードの使用を考えている方には分からないことも多いのではないでしょうか。そこで今回は、いまさら聞けないクレジットカードの使い方や、注意したいポイントについてご紹介します。


語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

語源・由来|「お雑煮」「羽根つき」 正月にまつわるめでたい由来

季節ごとの習わしや行事食は多々あれど、中でもお正月にまつわるものは、多く現代に残っています。今は簡略化されてしまって、そもそもの由来に思いを馳せることは少なくなっているかもしれません。今回は「お雑煮」と「羽根つき」が始まった理由や、言葉の意味をご紹介します。


イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

イベント事のマナー|年の前半の締めくくり「夏越の祓」で、後半も健やかに

6月の終わりに行われる「夏越の祓(なごしのはらえ)」は、半年分の穢れを祓って夏を迎え、残りの半年を健やかに過ごすための神事。日本各地の神社で行われ、基本的にどなたでも参列できます。今回は、年の前半の締めくくりである夏越の祓について、また、茅の輪(ちのわ)くぐりのふるまい方についてご紹介します。


散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

散策|美しい渓流や苔に癒やされる川沿い散策「奥入瀬渓流」(青森県)

十和田八幡平国立公園(青森県)を代表する景勝地のひとつが「奥入瀬(おいらせ)渓流」です。十和田湖から流れ出る奥入瀬渓流は、国指定の特別名勝、天然記念物にも指定されています。四季折々の自然が満喫でき、遊歩道もしっかり整備されています。高村光太郎作の乙女の像でも知られる十和田湖と合わせての散策がおすすめで、ガイド付きのネイチャーツアーも開催されています。「星野リゾート奥入瀬渓流ホテル」で大人で優雅なリゾートも楽しめます。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。