健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

麻婆茄子は、日本でポピュラーな中華料理。中華料理店で食べられるほか、簡単に調理できるソースが市販されているので、家庭でも広く食べられているメニューです。そこで今回は、麻婆茄子に使われる定番の具材とその栄養、おすすめの副菜をご紹介します。


麻婆茄子は、日本でポピュラーな中華料理。中華料理店で食べられるほか、簡単に調理できるソースが市販されているので、家庭でも広く食べられているメニューです。そこで今回は、麻婆茄子に使われる定番の具材とその栄養、おすすめの副菜をご紹介します。

麻婆茄子とは?

ひき肉とナスを味噌や醤油で炒めた麻婆茄子は中華料理店で提供されていることが多い、中華料理の定番メニューのひとつです。そのため、麻婆茄子は中国でも食べられている料理とも思われがちですが、実は中国では食べられていない、日本で考案された日本生まれの料理。中華料理の一種である四川料理には、同じようにナスを使った「魚香茄子(ユイシャンチェズ)」という料理がありますが、麻婆茄子は、この料理を日本人の味覚に合うようにアレンジした料理といわれます。

麻婆茄子の定番具材とその栄養

麻婆茄子の定番具材は、ナスをはじめとした複数の野菜とひき肉です。これらの具材には、さまざまな栄養素が含まれています。

ナス

夏野菜として知られるナスは、独特の紫色の皮が特徴。ナスの皮には、「ナスニン」という強い抗酸化作用を持つアントシアニン系色素のポリフェノールが含まれており、がん予防や悪玉コレステロールの酸化防止、眼精疲労の回復効果などが期待できます。ナスニンを効率的に摂取するには、皮ごと調理して食べるのがポイント。また、ナスニンは水に溶けやすいので、アク抜きをする際はできるだけ水にさらす時間を短くしましょう。

ピーマン

ピーマンには、抗酸化作用を持つビタミンCとビタミンE、β-カロテンなどが含まれています。ピーマンに含まれるビタミンCは熱に強く、ビタミンEとβ-カロテンは油と一緒に調理することで吸収率がアップするため、加熱してもあまり栄養素が変わらない、麻婆茄子にも最適な野菜です。また、苦味成分が油に溶けやすいので、油で炒めることでピーマンの苦味が苦手な方でも食べやすくなります。

にんじん

料理のジャンルを問わず多種多様な料理に使われるにんじんも、ピーマンと同様にβ-カロテンが豊富な野菜。カリウムも多く含まれており、体の余分な塩分を排出することにより高血圧の予防や改善、むくみ予防などの効果が期待できます。

とうがらし

麻婆茄子に辛味を加えるとうがらしは、カプサイシンを含むことで知られます。末梢神経の刺激による血行促進や発汗作用効果が期待でき、代謝アップによるダイエット効果も期待できる素材です。また、辛さで胃腸を刺激することで消化をサポートする効果もあります。

豚肉

豚肉は、肉類の中でもビタミンB群が多く含まれる食材で、そのうちビタミンB1は全ての食品の中でもトップクラスの含有量。ビタミンB群は、疲労の原因とされる乳酸が筋肉に溜まるのを防ぐ効果があるといわれるため、疲労回復によい栄養素です。良質なたんぱく質を含み、コレステロール値を抑える不飽和脂肪酸も多い豚肉は、よく体を動かす方にも適した食材です。

麻婆茄子と組み合わせたい副菜

麻婆茄子と一緒に食べる副菜としておすすめしたいのが、ニラの和え物。ニラに含まれる「アリシン」という香り成分には、ビタミンB1の吸収率を高めたり、血行を改善して体をあたためたりする効果が期待できます。ニラは中華料理の炒めものの定番食材ですが、和え物なら油で炒めるよりもあっさりとしていてたくさん食べやすいのがメリットです。麻婆茄子の具材にも多く含まれるβ-カロテンはニラにも豊富に含まれているので、油で和えるナムルにすると、β-カロテンをより吸収しやすくなります。

世田谷自然食品では、今回ご紹介した麻婆茄子とニラのナムルのセットをはじめとした、栄養バランス満点の12種類の御膳セット「温彩特選便 彩り御膳」を販売しています。レンジ加熱だけで、おいしく栄養バランスの取れたメニューを楽しめるので、手軽に麻婆茄子を味わいたい方にもおすすめです。

日本生まれの麻婆茄子は、豊富な栄養を摂取できる具材を使った人気の中華メニューです。具材の栄養バランスも考えて、家庭で調理して味わってみてはいかがでしょうか。

関連するキーワード


食の知識 健康メニュー

関連する投稿


健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

しょうがのピリッとした風味が食欲をそそる「豚のしょうが焼き」。豚肉は疲労回復、しょうがは冷え性対策に効果的で、暑さで疲れやすく冷房で体が冷えやすい夏にぴったりのメニューです。今回は、豚のしょうが焼きの具材とその栄養、あわせて味わいたい副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。


健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

食材のコクやうま味を引き出す調味料として、今や定番となっているのが「塩こうじ」。肉や魚を漬け込むのはもちろん、ドレッシングとしても使える便利な発酵調味料です。そこで今回は、塩こうじの種類や使い方について解説します。


健康メニュー|夏バテに「梅はその日の難逃れ」梅干しの食べ方 いろいろ

健康メニュー|夏バテに「梅はその日の難逃れ」梅干しの食べ方 いろいろ

真夏の不快な暑さによる夏バテで、食欲不振や体のだるさなどの症状を感じている時におすすめの食材が、梅干しです。そこで今回は、梅干しが夏バテによい理由や梅干しを使ったレシピなどをご紹介します。


健康メニュー|「青椒肉絲」日本と中国では肉が違う?

健康メニュー|「青椒肉絲」日本と中国では肉が違う?

麻婆豆腐や回鍋肉などとともに、日本の食卓ですっかりおなじみの中華料理「青椒肉絲(チンジャオロース)」。実は、日本と中国で使われる定番の肉が違っていることをご存じでしょうか?今回は、青椒肉絲の概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

しょうがのピリッとした風味が食欲をそそる「豚のしょうが焼き」。豚肉は疲労回復、しょうがは冷え性対策に効果的で、暑さで疲れやすく冷房で体が冷えやすい夏にぴったりのメニューです。今回は、豚のしょうが焼きの具材とその栄養、あわせて味わいたい副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。


隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

高血圧や高血糖、高尿酸血症や血液ドロドロなどの引き金になり、健康リスクの大きな原因になる肥満。見た目でわかる肥満だけでなく、体型や体重に表れにくい、隠れ肥満も増えています。<br>そこで、改めて自分が肥満かどうか、肥満ならどんなタイプなのかを知り、健康な体を目指しましょう。ここで紹介するのは、「ダイエット」ではなく「やせ習慣」。継続しやすい生活習慣から、気軽に、前向きに取り組んでみましょう。


健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

食材のコクやうま味を引き出す調味料として、今や定番となっているのが「塩こうじ」。肉や魚を漬け込むのはもちろん、ドレッシングとしても使える便利な発酵調味料です。そこで今回は、塩こうじの種類や使い方について解説します。