健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

健康メニュー|寒い季節に 「ちょい足し」のホット豆乳であたたまろう

寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。


寒い冬はあたたかい飲み物を飲む機会が増えるもの。コーヒーや紅茶、ココアなどの定番のホットドリンクに加えておすすめなのが、あたためて飲む「ホット豆乳」です。今回は、体をポカポカあたためながら、美容や健康効果も期待できるホット豆乳についてご紹介します。

カラダも心もうれしい「ホット豆乳」

美容や健康にさまざまな効果が期待できる豆乳。日常的に飲んでいるという方も多いのではないでしょうか。たいていの場合、豆乳はそのまま冷蔵庫から取り出して冷えた状態で飲みますが、寒い時期は体をあたためてくれるホット豆乳として楽しんでみましょう。

ホット豆乳の作り方はとても簡単。マグカップに入れた豆乳を500Wの電子レンジで1分50秒加熱するだけです。あたためた豆乳は胃にやさしく、体を内側からあたためてくれます。また、豆乳はカフェインが含まれていないので、夕方以降にコーヒー代わりとして飲むのもおすすめです。

豆乳の栄養

豆乳に含まれる栄養素の代表が、植物性の「大豆たんぱく質」です。大豆たんぱく質は水溶性で、加工しても豆乳に残るため、しっかりと大豆たんぱく質を摂ることができます。また、豆乳には女性ホルモンのような働きを持つ「大豆イソフラボン」も含まれています。年齢とともに減少していく女性ホルモンを補い、ホルモン不足によるさまざまな疾患予防に効果が期待できます。さらに、豆乳には抗酸化作用を持つ「サポニン」や、脂肪を燃焼する働きを持ち「やせホルモン」としても知られる、「アディポネクチン」などの栄養素も含んでいます。

これだけ健康にいい効果が期待できる豆乳は、できるだけたくさん飲んでおきたいと思うかもしれません。だからといって、何でも摂りすぎはよくありません。豆乳に限らず、他の飲み物や食事とのバランスを考慮しながら飲みましょう。豆乳の1日あたりの摂取目安量は200mlを1~3本程度なので、健康のために豆乳を飲むのであれば、この目安量を守るのがポイントです。

豆乳の栄養や摂取目安量について詳しくは、以下のリンクを参照ください。

「ちょい足し」でもっとおいしく

豆乳はそのまま飲んでもおいしく味わえますが、ずっと同じ味を飲んでいると飽きがくるもの。そんな時は「ちょい足し」でアレンジをしてみると、いつもと違った味わいで楽しく続けられますよ。

ホット豆乳に加えるだけのシンプルアレンジ

豆乳に甘さを加えたい時におすすめなのがホワイトチョコ。あたためた豆乳にホワイトチョコを加えると、やさしい甘さがおいしい豆乳になります。チョコだけでなく、ほうじ茶の茶葉を加えてみても違った味が楽しめます。豆乳200mlに対して、ほうじ茶を小さじ1杯半ほどプラスすれば、ほうじ茶の香ばしさが味わえる豆乳に。甘さを抑えたい時は、塩昆布やコンソメを加えてみましょう。豆乳のまろやかさと塩昆布やコンソメのうま味がマッチした、スープ感覚で飲める豆乳ができあがります。

牛乳やコーヒーを加えて楽しむ

豆乳だけだと飲みにくい場合は、豆乳と牛乳を混ぜると、両方の栄養を効果的に摂取できて、おいしく飲み続けられます。ホットで飲む場合は、豆乳と牛乳を混ぜて電子レンジであたためましょう。牛乳をミックスしたホット豆乳にコーヒーと練り黒ごまを混ぜれば、ごまがふんわりと香る黒ごま豆乳ラテに。また、豆乳と牛乳を鍋であたため、お湯で溶いた抹茶と砂糖を加えると、手作りのホット抹茶豆乳ラテが楽しめます。

豆乳はそのままあたためるだけでも、ちょい足しでアレンジを加えてもおいしく、しかも豊富な栄養を摂取できる飲み物です。世田谷自然食品では、一般的な豆乳では取り除かれる「おから」を使用した、豆乳以上の栄養素が詰まった「まるごと飲む大豆」を扱っています。大豆の栄養を手軽に味わう方法として、ホット豆乳とともに試してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。