健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康メニュー|美容や健康効果が期待できる豆乳 栄養や効果、適切な摂取方法とは

健康メニュー|美容や健康効果が期待できる豆乳 栄養や効果、適切な摂取方法とは

大豆を原料とした「豆乳」は、美容や健康にいい効果が期待できる飲み物として、さまざまなメーカーから販売されています。たんぱく質が豊富で低カロリー、しかも脂質も低い豆乳は、美容や健康のために毎日飲むという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、豆乳にはどのような栄養や効能が期待できるのか、飲み方や牛乳との比較などと併せてご紹介します。


大豆を原料とした「豆乳」は、美容や健康にいい効果が期待できる飲み物として、さまざまなメーカーから販売されています。たんぱく質が豊富で低カロリー、しかも脂質も低い豆乳は、美容や健康のために毎日飲むという方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、豆乳にはどのような栄養や効能が期待できるのか、飲み方や牛乳との比較などと併せてご紹介します。

こんな効果が期待できる、豆乳のチカラ

豆乳の効果で注目すべき点は、さまざまな病気予防とダイエット効果です。豆乳の栄養素でよく知られている「大豆イソフラボン」は女性ホルモンと似た働きを持ち、女性ホルモン不足で起こり得るがんや骨粗しょう症の予防が期待できます。

また、大豆のようなマメ科の植物や豆乳をはじめとする大豆製品には「サポニン」という栄養素が含まれています。サポニンには血液に含まれる余分な脂質を洗い流したり、ブドウ糖と脂肪酸が合わさるのを防ぎ、脂肪の蓄積を抑制したりする効果があるとされています。さらに、脂肪燃焼を促進する「アディポネクチン」の分泌促進効果により、ダイエット効果も期待できるというわけです。アディポネクチンには糖尿病や動脈硬化予防にも効果があるため、生活習慣病予防にもつなげられるでしょう。

豆乳には、悪玉コレステロールを減らし、血中コレステロールを低下させる「レシチン」も含まれています。レシチンの働きで血流が改善されるので、高血圧や認知症も予防できるとされています。

1日の最適な摂取量は?

豆乳の1日の摂取量の目安は、200ミリリットルを1~3本程度です。豆乳に含まれる大豆イソフラボンについては、食品安全委員会が安全な摂取量を「1日の摂取目安量の上限は70~75ミリグラム」と設定したことが報道されたため、「大豆製品の摂りすぎは健康へ悪影響」というイメージが付いてしまいました。しかし、この食品安全委員会が公表した摂取目安量は、あくまでも大豆サプリメントで摂取した場合の上限で、豆乳などの大豆製品による摂取量ではありません。

そのため、豆乳を上記の目安量より多く飲んだとしても、基本的に健康に害はありません。多少摂取しすぎたとしても、過剰摂取した大豆イソフラボンは体外に排出されます。しかし豆乳の飲みすぎはカロリー過多になる恐れがあるので、食事とのバランスを考えて適量を飲むとよいでしょう。

豆乳と牛乳、どちらがいいの?

豆乳と牛乳は、どちらもたんぱく質中の必須アミノ酸含有量を示す「アミノ酸スコア」が高い、良質なたんぱく質飲料といえます。大きな違いはたんぱく質の種類で、動物性たんぱく質を含む牛乳に対し、豆乳は大豆を原料とする植物性たんぱく質を含みます。牛乳よりも豆乳のほうが脂質が少なく、コレステロールがないという点が最大の特徴です。

カルシウム摂取を目的としているのであれば牛乳のほうが適していますが、豆乳に含まれる大豆イソフラボンは骨や筋肉を発達させるのによい働きがあります。筋肉量を上げるためのたんぱく質摂取の場合は牛乳がおすすめですが、良質な筋肉づくりには豆乳でたんぱく質を摂取するのもおすすめです。

おから部分まで使用「まるごと飲む大豆」

豆乳は、健康維持や病気の予防効果、美容効果などさまざまな健康効果が期待できます。豆乳はおからを取り除いて乳状の飲料に加工したものですが、同じ大豆を原料とした飲み物には、おからを含む大豆を丸ごと使って作られた「大豆飲料」もあります。大豆飲料はおからの食物繊維やたんぱく質も含むため、豆乳だけではなかなか摂れない栄養素も摂取しやすいのが特徴です。

世田谷自然食品では、一般的な豆乳では取り除かれる、食物繊維などの栄養素を豊富に含む「おから」まで丸ごと使った、自然な大豆の風味が味わえる大豆飲料「まるごと飲む大豆」を取り扱っています。大豆の栄養分を余すところなく摂取して健康効果を得るなら、このような大豆飲料からはじめてみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

しょうがのピリッとした風味が食欲をそそる「豚のしょうが焼き」。豚肉は疲労回復、しょうがは冷え性対策に効果的で、暑さで疲れやすく冷房で体が冷えやすい夏にぴったりのメニューです。今回は、豚のしょうが焼きの具材とその栄養、あわせて味わいたい副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。


健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

食材のコクやうま味を引き出す調味料として、今や定番となっているのが「塩こうじ」。肉や魚を漬け込むのはもちろん、ドレッシングとしても使える便利な発酵調味料です。そこで今回は、塩こうじの種類や使い方について解説します。


健康メニュー|夏バテに「梅はその日の難逃れ」梅干しの食べ方 いろいろ

健康メニュー|夏バテに「梅はその日の難逃れ」梅干しの食べ方 いろいろ

真夏の不快な暑さによる夏バテで、食欲不振や体のだるさなどの症状を感じている時におすすめの食材が、梅干しです。そこで今回は、梅干しが夏バテによい理由や梅干しを使ったレシピなどをご紹介します。


健康メニュー|「青椒肉絲」日本と中国では肉が違う?

健康メニュー|「青椒肉絲」日本と中国では肉が違う?

麻婆豆腐や回鍋肉などとともに、日本の食卓ですっかりおなじみの中華料理「青椒肉絲(チンジャオロース)」。実は、日本と中国で使われる定番の肉が違っていることをご存じでしょうか?今回は、青椒肉絲の概要や、主な具材とその栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


最新の投稿


健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

健康習慣|暑気払い 楽しく飲んで英気を養う

夏の行事として知られる「暑気払い」。現在、一般的にはお酒の席が多いようですが、そもそもどのような行事だったのでしょうか。今回は、暑気払いの由来や、夏の上手なお酒の飲み方についてご紹介します。


健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

健康メニュー|豚のしょうが焼き 夏にぴったりのスタミナ料理

しょうがのピリッとした風味が食欲をそそる「豚のしょうが焼き」。豚肉は疲労回復、しょうがは冷え性対策に効果的で、暑さで疲れやすく冷房で体が冷えやすい夏にぴったりのメニューです。今回は、豚のしょうが焼きの具材とその栄養、あわせて味わいたい副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

野菜の豆知識|夏のつらさを楽にする 「涼性」の野菜で暑気払い

四季のなかで、夏は特に体に熱がこもりやすい季節です。夏を健やかに過ごすためには、体を適度に冷やしつつ、水分補給もできる食事を選ぶことが大切です。この場合の「冷やす」とは、冷たい飲食物のことではありません。夏の体を整える「涼性の野菜」について解説します。


隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

隠れ肥満にも要注意!習慣から変える!肥満解消への道

高血圧や高血糖、高尿酸血症や血液ドロドロなどの引き金になり、健康リスクの大きな原因になる肥満。見た目でわかる肥満だけでなく、体型や体重に表れにくい、隠れ肥満も増えています。<br>そこで、改めて自分が肥満かどうか、肥満ならどんなタイプなのかを知り、健康な体を目指しましょう。ここで紹介するのは、「ダイエット」ではなく「やせ習慣」。継続しやすい生活習慣から、気軽に、前向きに取り組んでみましょう。


健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

健康メニュー|常備したい便利な調味料「塩こうじ」の使い方

食材のコクやうま味を引き出す調味料として、今や定番となっているのが「塩こうじ」。肉や魚を漬け込むのはもちろん、ドレッシングとしても使える便利な発酵調味料です。そこで今回は、塩こうじの種類や使い方について解説します。