健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

野菜の豆知識|「ビート(ビーツ)」真っ赤な色に秘められた驚きの健康効果

“食べる輸血”と呼ばれるほど、栄養豊富なビート(ビーツ)。見た目は赤いカブに似ていますが、実はホウレンソウと同じ仲間の野菜です。原産地は地中海沿岸地方といわれ、最近では日本国内での栽培も広がってきました。ビートの旬は6~7月と11~12月の2回。甘みが強く、煮込んだり生で食べたり、さまざまな料理に活用できます。今回は、ビートの栄養や健康効果、手軽な食べ方についてご紹介します。


“食べる輸血”と呼ばれるほど、栄養豊富なビート(ビーツ)。見た目は赤いカブに似ていますが、実はホウレンソウと同じ仲間の野菜です。原産地は地中海沿岸地方といわれ、最近では日本国内での栽培も広がってきました。ビートの旬は6~7月と11~12月の2回。甘みが強く、煮込んだり生で食べたり、さまざまな料理に活用できます。今回は、ビートの栄養や健康効果、手軽な食べ方についてご紹介します。

ビート(ビーツ)ってどんな野菜?

ビートは、砂糖の原料となる甜菜(てんさい)と同じ品種の野菜で、独特の甘みがあります。生のまま食べられますが、加熱することによって甘みがさらに増します。生だとシャキシャキとした歯ざわりを、煮たり焼いたりするとホクホクとした食感を楽しめます。

また、ビートは、ロシアの代表的な煮込み料理「ボルシチ」に欠かせない具材として知られています。ボルシチの真っ赤な色は、ビートの色素によるものです。

ビートに含まれる栄養素として多いのは、血圧の調整に役立つカリウムや、血液を作る働きを持つ鉄や葉酸など。また、ビートの色素はベタシアニンというポリフェノールの一種です。ベタシアニンには強力な抗酸化作用があり、体内の活性酸素を除去してくれるといわれています。ベタシアニンは水溶性の色素で、摂取しすぎると尿が赤くなることがありますが、体に害はないのでご安心を。

ノーベル生理学・医学賞を受賞した、ビートの注目成分「NO(一酸化窒素)」

ビートの栄養素として特に注目が集まっているのが、食べると体内で産生される「NO(一酸化窒素)」です。一酸化窒素は、血管の筋肉をしなやかでやわらかい状態に保ったり、血流をスムーズにしたりするのに役立つため、脳卒中や心筋梗塞などの予防につながると考えられています。さらに、冷え性や肩こりの改善にも効果的だといわれています。

体内における「NO(一酸化窒素)」の働きについて3人の科学者が研究を行い、1998年にノーベル生理学・医学賞を受賞しました。ビートには硝酸塩(NO3)という成分が豊富に含まれ、体内で一酸化窒素に変化します。その健康効果が注目され、ビートはスーパーフードとして知られるようになったのです。

ビートを「生」で食べてみよう

ビートという野菜の存在を知ってはいるものの、実際に食べたことがない方は多いのではないでしょうか。今回はビートそのものの味わいを楽しめる「生」で味わう食べ方をご紹介します。

フルーツや野菜と合わせてスムージーに

きれいに洗ったビートを適当な大きさにカット。水(量はお好みで)と一緒にミキサーで攪拌します。ビートならではの土っぽい風味が気になる場合は、他のフルーツや野菜と組み合わせてみてください。特に、りんごやバナナ、トマトなどと相性がよく、飲みやすく仕上がります。

世田谷自然食品が販売している野菜ジュース「十六種類の野菜」にも、ビートが使用されています。こちらはトマトベースのすっきりとした飲み口で、普段の食生活で不足しがちな野菜を手軽に摂ることができますよ。

薄くスライスしてサラダに

ビートの皮をむいて2ミリ程度の厚さにスライス。オリーブオイル、白ワインビネガーと和えていただきます。お好みでルッコラやクレソンなどの葉物を添えるのもおすすめ。ビートの鮮やかな赤色が葉物の緑色に映え、食欲をそそります。

栄養たっぷりで健康効果が期待できるビート。スーパーマーケットで見かけたらぜひ手に入れて、おいしく味わってみてください。

関連する投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。


健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

健康メニュー|長崎カステラ 甘く香ばしい卵菓子の定番

長崎のお土産の定番お菓子として全国的に知られる長崎カステラは、長い歴史を持つ西洋菓子です。昔ながらの製法で作られるカステラはシンプルながら素材の味を感じられる、人気のお菓子。今回は、長崎カステラの歴史や名称の由来、アレンジレシピをご紹介します。


野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

野菜の豆知識|ホクホクの食感とほのかな甘味「ユリ根」の食べ方

お正月料理や茶わん蒸しなどに使われる「ユリ根」。下処理に手間がかかりそうなイメージがありますが、実は洗って1枚ずつはがすだけで簡単。今回は、ホクホクの食感とほのかな甘味が特徴の冬の味覚「ユリ根」の食べ方や栄養などについてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。