健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
ファッション|ファッションで春を呼び込もう 季節を先取りする着こなし術

ファッション|ファッションで春を呼び込もう 季節を先取りする着こなし術

立春を迎えたら、暦の上ではもう春。ファッションから春の雰囲気を取り入れれば、気持ちも徐々に明るくなっていきそうです。とはいえ、まだまだ寒い日が続くことも……。寒さを我慢して体調を崩してしまっては元も子もありません。そこで今回は、寒さ対策をしながら、季節を先取りできる春の着こなしのコツを、ご紹介します。


せたがや日和 春の着こなし

立春を迎えたら、暦の上ではもう春。ファッションから春の雰囲気を取り入れれば、気持ちも徐々に明るくなっていきそうです。とはいえ、まだまだ寒い日が続くことも……。寒さを我慢して体調を崩してしまっては元も子もありません。そこで今回は、寒さ対策をしながら春の着こなしにシフトするコツをご紹介します。

春を意識したアウターの選び方

せたがや日和 春の着こなし

着こなし全体の印象を左右するのがアウターです。肌寒いと、冬場に着ていたウール素材のアウターを羽織りたくなりますが、春先には季節外れな印象になってしまいます。防寒をしながら春らしいおしゃれを楽しむために、まずはアウターを工夫してみましょう。

トレンチコート

春のアウターの定番といえばトレンチコート。特にベージュのものを1着持っていると重宝します。しかし、定番のアイテムだけにコーディネートがマンネリ化しがち。そんな時は、グリーンやイエローなど鮮やかな色のスカートを合わせると新鮮な印象になります。

ノーカラーコート

せたがや日和 春の着こなし

襟のないシンプルなデザインのノーカラーコートは、中に着るアイテムを選ぶ必要がない万能アイテム。生地の色によって印象が大きく変わります。きちんとした雰囲気にしたい時は落ち着いたグレーやネイビー、華やかな雰囲気にしたい時は春らしい白やピンクなどを選びましょう。首元が寒いと感じたら、ストールを巻くとアクセントになります。

デニムジャケット

デニムジャケットは春先のアウターとして活躍します。パンツスタイルならベージュやカーキのチノパンを合わせるのがおすすめ。カジュアルな印象が強いかもしれませんが、実はきれいめのアイテムとも好相性。ワンピースやロングスカートを合わせると女性らしい仕上がりになります。寒さ対策には、中にインナーダウンを重ねましょう。

色を味方につけておしゃれ度アップ

せたがや日和 春の着こなし

春らしい着こなしのポイントは色選び。冬はダークカラーの洋服を着ることが多いですが、明るい色の春物を取り入れて気分を変えてみましょう。コーディネートが華やぎ、おしゃれ度がぐっと高まります。

トップスに春色のニットやスウェットを選ぶ

寒さが残る早春は、冬物がまだまだ手放せません。そこで、ニットやスウェットはサーモンピンクやミントグリーンなどパステルカラーのアイテムを取り入れてみましょう。あたたかさは保ちながら、季節を先取りした春らしいファッションを楽しめます。

ライトブルーのデニムで爽やかに

ジャケットやパンツにデニム素材のアイテムを取り入れるなら、深みのあるインディゴブルーよりも軽やかなライトブルーの色味がおすすめ。コーディネートに抜け感が生まれ、こなれた印象に見えます。

靴やバッグに白やベージュを取り入れる

着こなし全体が地味に感じた時は、靴やバッグなど小物の色使いを工夫しましょう。特に白やベージュは春先のファッションの差し色にぴったり。どんな色の洋服と合わせてもまとまりがよく、女性らしいやわらかさと清潔感を演出できます。

素材感で春らしさを取り入れる

せたがや日和 春の着こなし

色使いとともに意識したいのは、洋服の素材感。季節に合った生地のアイテムを選ぶことで、見た目のおしゃれさだけでなく着心地の快適さもかなえることができます。

シフォン素材のスカートで上品に

透け感のあるシフォン素材のスカートは、かわいらしくも大人らしくも着こなせるアイテム。ふんわりと広がるフレアスカートや立体感のあるプリーツスカートなどロング丈のものを選び、寒い日にはタイツやペチコート(スカートの内側に着用するスカート型の下着)をはくとあたたかく過ごせます。

せたがや日和 春の着こなし

かわいらしくなりすぎるのが気になる場合は、足元にスニーカーを合わせてカジュアルダウンするとバランスよく仕上がります。

レースのシャツやブラウスで軽やかに

首周りにレースをあしらったトップスは、表情を華やかに見せてくれます。白なら清楚でフェミニンに、黒ならシックで落ち着いた着こなしに。1枚で着るのはもちろん、ジャケットを重ねればきちんとした印象になるので、オンオフあらゆるシーンで活躍します。

本格的な春の到来が待ち遠しいこの時季。ひと足早く衣替えを始めて、新しい季節に向けて気分を高めてみませんか。

関連する投稿


ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

空気が乾燥し、気温が下がる冬は、髪も乾燥してパサつくことが多いもの。髪のダメージにもつながるため、きちんとヘアケアをして髪を守りたいところです。そこで今回は、冬の乾燥にも負けないヘアケア術をご紹介します。


スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

8月になり、いよいよ夏真っ盛りですね。普段何気なく塗っている日焼け止めですが、自分に合ったものを選べていますか。今回は、日焼け止めの基礎知識を改めておさらいすると共に、自分に合った日焼け止めの選び方や、正しい塗り方をご紹介します。


美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

男性用日傘やマスク日焼けを防ぐノウハウなど、近年はこれまでにない話題も登場してきている日焼け対策。今回は、春から秋までの時期別、そしてシーズン前の予防から焼けてしまった後の対策まで、日焼けの知識についてそれぞれ詳しく取り上げた記事をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

コロナ禍の昨今、マスクは日々の生活に欠かせなくなっています。しかし、長時間のマスク着用によって、乾燥やかゆみなどの肌トラブルが気になることはありませんか?特に花粉症の時季でもある春先は、いつもより肌が敏感で刺激を感じやすくなっているかもしれません。そこで、マスク生活のなかで実践したい、肌荒れを予防するためのマスクの選び方や着け方の工夫、スキンケアによる対策をご紹介。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。