健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
スキンケア|インナードライ肌に要注意 夏のベタつき・テカリを防ごう

スキンケア|インナードライ肌に要注意 夏のベタつき・テカリを防ごう

夏になり気温が上がってくると、多くの方が悩まされる肌のベタつきやテカリ。清潔感に欠けた印象になり、メイクも崩れやすくなります。そんなトラブルの原因は、肌の表面は過剰な皮脂でベタついているのに内部が乾燥している「インナードライ肌」かもしれません。そこで今回は、皮脂分泌が過剰になる理由や、夏の正しいスキンケアについてご紹介します。


夏になり気温が上がってくると、多くの方が悩まされる肌のベタつきやテカリ。清潔感に欠けた印象になり、メイクも崩れやすくなります。そんなトラブルの原因は、肌の表面は過剰な皮脂でベタついているのに内部が乾燥している「インナードライ肌」かもしれません。そこで今回は、皮脂分泌が過剰になる理由や、夏の正しいスキンケアについてご紹介します。

夏のベタつき・テカリの原因は「インナードライ肌」かも

夏になると、汗とともに多くの皮脂が分泌されます。汗は時間が経つと蒸発しますが、皮脂は蒸発せず肌の表面にとどまるため、ベタつきやテカリを感じやすくなります。
皮脂にはもともと、皮膚表面の膜となって肌のうるおいを保つ働きがあります。しかし、皮脂が多すぎると、紫外線の影響で酸化し、肌荒れを引き起こすことも。また、炎症によって毛穴の開きを目立たせてしまいます。

「インナードライ肌」が皮脂量を増やす

ここで注意したいのは、肌の表面がベタついているにもかかわらず内部は乾燥している「インナードライ肌」になっていないか、ということ。皮脂量の増加によって気づきにくいものの、夏場は、紫外線やエアコンなどの刺激によって肌がとても乾燥しやすい季節です。
肌は、内部の水分が不足すると、皮脂を分泌することで水分の蒸発を防ごうとします。すると、皮脂が過剰に分泌され、肌の表面はさらにベタベタに。つまり、肌の内部の乾燥が、ベタつきやテカリを悪化させてしまうのです。

「インナードライ肌」になっていないかチェック

下記のチェック項目にあてはまるようなら、「インナードライ肌」の可能性が高いです。保湿を中心とした対策を行いましょう。

  • 一見うるおっているのに、キメが粗くごわつく
  • Tゾーン(おでこから鼻筋にかけてのT字型の部分)だけテカリやすい
  • 鼻や頬などの毛穴の目立ちが気になる
  • フェイスラインや口の周りだけ乾燥する
  • 化粧水のなじみがよくない

洗顔のポイントは洗いすぎないこと

インナードライ肌の可能性があれば、まずは洗顔とクレンジングから見直してみましょう。ベタつきやテカリがあるとさっぱり洗いたくなりますが、保湿力の高いアイテムでうるおいを残したような洗いあがりを心がけてください。

洗顔は肌にやさしいアイテムで

ポイントは、皮脂を取りすぎないクレンジングアイテムと洗顔料を使用すること。クレンジングアイテムは、刺激が少ないクリームタイプやミルクタイプがおすすめです。洗顔料は、敏感肌向けや乾燥肌向けのものを選び、たっぷりと泡立てて肌を包み込むように洗いましょう。
また、洗顔は朝晩の1日2回が限度。日中ベタつきが気になる時は、あぶら取り紙を軽く当て、過剰な皮脂を取り除きましょう。

クレンジングについては、以下の記事も参考にしてみてください。

角質ケアはひかえめに

肌のごわつきが気になると、角質を除去して肌をなめらかにしたくなります。しかし、スクラブ入りの洗顔料による洗顔は、肌の角質を傷つけ、さらなる乾燥の原因になることがあります。インナードライ肌にとって、肌の表面を傷つけるスキンケアは厳禁です。

夏こそ保湿はしっかりと

インナードライ肌のベタつき・テカリ対策には、化粧水でのスキンケアが欠かせません。インナードライ肌は、肌の内部の水分量が少ない状態なので、化粧水でたっぷりの水分を補給してあげましょう。

高保湿タイプの化粧水を使う

夏はさっぱりタイプの化粧水を選びがちですが、インナードライ肌の可能性があるなら、高保湿のしっとりタイプを試してみましょう。肌のバリア機能をサポートするセラミドや、水分をたっぷりと抱え込む性質のあるヒアルロン酸が配合されたものがおすすめです。

乳液やクリームで油分を与える

化粧水だけでスキンケアを終わらせるのはNGです。水分をたっぷりと入れ込んだら、乳液やクリームでフタをするのを忘れずに。乾燥しがちなUゾーン(口の周辺やあご周りのU字型の部分)や目の周囲は多めに、テカリやすいTゾーンは少なめにするなど、付ける量を調整しましょう。

日中はミスト化粧水でエアコン対策

エアコンによる乾燥を感じたら、日中も保湿ケアを取り入れるのがおすすめです。メイクの上から使えるミスト化粧水なら、日中も手軽に水分補給ができ、乾燥による過剰な皮脂分泌の予防になります。シュッと顔に吹きかけてハンドプレスで押さえ、肌になじませましょう。

インナードライ肌をそのままにしておくと、肌の乾燥が進み、刺激に敏感になってしまうことも。夏こそ保湿を重視したケアで、ベタつきやテカリのない、うるおった肌をめざしましょう。

関連する投稿


ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

空気が乾燥し、気温が下がる冬は、髪も乾燥してパサつくことが多いもの。髪のダメージにもつながるため、きちんとヘアケアをして髪を守りたいところです。そこで今回は、冬の乾燥にも負けないヘアケア術をご紹介します。


スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

8月になり、いよいよ夏真っ盛りですね。普段何気なく塗っている日焼け止めですが、自分に合ったものを選べていますか。今回は、日焼け止めの基礎知識を改めておさらいすると共に、自分に合った日焼け止めの選び方や、正しい塗り方をご紹介します。


美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

男性用日傘やマスク日焼けを防ぐノウハウなど、近年はこれまでにない話題も登場してきている日焼け対策。今回は、春から秋までの時期別、そしてシーズン前の予防から焼けてしまった後の対策まで、日焼けの知識についてそれぞれ詳しく取り上げた記事をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

コロナ禍の昨今、マスクは日々の生活に欠かせなくなっています。しかし、長時間のマスク着用によって、乾燥やかゆみなどの肌トラブルが気になることはありませんか?特に花粉症の時季でもある春先は、いつもより肌が敏感で刺激を感じやすくなっているかもしれません。そこで、マスク生活のなかで実践したい、肌荒れを予防するためのマスクの選び方や着け方の工夫、スキンケアによる対策をご紹介。


最新の投稿


もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

もっと知りたい!野菜ジュースの栄養Q&A

お店や通信販売などで、種々さまざまな商品を見かける「野菜ジュース」。野菜と比べてどれぐらい栄養があるのか、ジュースに加工すると栄養が偏ってしまうのではないか、糖分・塩分や添加物の摂りすぎにならないか、どんなふうに飲むと効率よく栄養が摂れるのかなど、体のことを考えると疑問は尽きません。今回は、野菜ジュースについてよく耳にする疑問をいくつか取り上げ、その答えについてお伝えします。


青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁ってどんなはたらきがあるの? 健康維持や美容にオススメの栄養素が豊富!

青汁は、普段の食生活において不足しがちな野菜の栄養を補ってくれる飲み物として重宝されています。また、健康維持や美容目的で青汁を飲む方も多くいらっしゃいます。 しかし、青汁にもいろいろな商品が存在するため、どれを選べばいいかわからなくなってしまうかもしれません。青汁は、商品によって使用している原材料や含まれている栄養にも微妙な違いがあるため、それを理解したうえで、選ぶことが大切です。 そこで今回は、青汁に使われている原材料や栄養素などについてご紹介します。


健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

健康メニュー|屋外でもあったかご飯!水筒のお湯で作れるグルメ3選

天気のいい日は体を動かしたくなるもの。特別な予定はなくても、お出かけしたい気分になったら「ご近所アウトドア」はいかがでしょうか。外で食べるご飯はおいしいですよね。ご飯があたたかければ、さらによし。ちょっとしたアイデアで、「ご近所アウトドアグルメ」を満喫できる方法をご紹介します。


健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

健康法|梅仕事とは? 夏の疲労回復準備

旬の梅が出回る5月から6月にかけての間は、梅の実やガラス瓶をスーパーなどで見かける機会が多いものです。この時期は、「梅仕事」を行うことが一種の季節行事とされてきました。夏の疲労回復対策も兼ねて、いちばんおいしい時期の梅を使った自家製の保存食作りにチャレンジしてみましょう。


健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

健康メニュー|江戸っ子気分で「初物」を楽しもう!

季節ごとに初めて取れる「初物」には、農作物や魚類までさまざまな食材が含まれます。初物の代表ともいえる「初鰹」は5月に旬を迎え、これから食べる機会が増えるでしょう。鰹以外にも、日本人が初物の食材を好んで食べるのには、江戸時代の文化にルーツがあります。今回は、そんな初物の由来についてご紹介します。