健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。

季節の変わり目が「節分」

節分は立春前日の2月3日という印象が強いですが、節分とは、元々「季節を分ける」という季節の変わり目を意味します。つまり、春夏秋冬すべての季節の変わり目である立春、立夏、立秋、立冬の前日、1年に4回節分があるというわけです。

しかし、年4回の季節の変わり目のうち、旧暦の新年にあたる春が最も重要ということから、立春前日に節分の行事を行うことが一般的になりました。

節分にやってくる「鬼」とは?

節分は、鬼に豆をまく「豆まき」をします。なぜ節分に鬼がやってくると考えられていたかというと、かつては疫病や自然災害などの悪い出来事は、すべて鬼が運んでいたと信じられていたからです。季節の変わり目は邪気が入りやすいと考えられていたことから、節分は鬼がやってくると言われ、邪気払いの意味を持つ豆まきを行うようになりました。

豆まきの他にも、節分には「柊鰯(ひいらぎいわし)」または「焼嗅(やいかがし)」と呼ばれる、焼いたイワシの頭を柊に刺したものを玄関に飾ることがあります。これも、鬼がイワシ匂いや柊の尖った葉を嫌うことから、魔除けの意味で節分の風習となっています。

鬼退治に「大豆」が使われるワケ

節分の鬼退治には大豆が使われますが、なぜ大豆が用いられているのでしょうか。その理由には諸説ありますが、米、麦、ひえ、あわ、豆の5種類の穀類には古くから「穀霊」が宿っていると考えられていて、鬼退治に最適だったからと言われます。大豆はこれらの5種類の穀類の中で粒が最も大きく、より多くの精霊や霊力が宿るとされていたので、節分の鬼退治に使われていたのです。

また、豆を「魔目」と読み、鬼の目に豆をぶつける=魔滅する、「射る→炒る」と読み炒り豆を使うなどの語呂合わせという説もあります。

鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

大豆は「畑の肉」と呼ばれることで知られるように、肉に匹敵するほど良質なたんぱく質が豊富。さらに体内で合成できない必須アミノ酸9種類、人間の体に必要なアミノ酸20種類すべてを含んでいて、たんぱく質の栄養価を評価するアミノ酸スコアは最高値の100と評価されているほど、大豆は栄養満点なのです。

大豆はそのままでは硬すぎて食べにくい、という方は、調理してもおいしく食べられます。大豆を調理する際、茹でると栄養分が流れ出てしまうので、煮汁ごと食べられる煮物にすると食べやすくなり、栄養素も摂取できます。筋肉の元となるたんぱく質も効率よく摂取できるので、体力増強効果も期待できるでしょう。

豆腐や味噌だけじゃない、大豆加工食品

味噌やしょうゆ、豆腐など、大豆を加工した食品は日本の食卓の定番です。その他にも、豆腐や豆乳の製造過程でできる「おから」もたんぱく質や食物繊維が豊富。おからを手軽に使える「おからパウダー」は、おからを乾燥して粉末にしているので使いやすく、日持ちするのが特徴です。たんぱく質補給のために、普段のメニューにちょい足しするのもおすすめです。

近年話題になっている、植物由来の代替肉「大豆ミート」も、大豆加工品のひとつ。肉のような味や食感を再現しており、改良が進んだ現在では肉に近い食感の大豆ミートも登場しています。大豆ミートは肉よりも脂質がはるかに少なく低カロリー、たんぱく質と食物繊維が豊富なので、栄養バランスが気になる時、脂質を控えたい時の食事に取り入れるのがおすすめです。

大豆加工食品としてポピュラーな豆乳は、通常おからの部分を取り除いて作られています。世田谷自然食品の「まるごと飲む大豆」は、おからまで大豆をまるごと使った大豆飲料なので、大豆の栄養をより多く摂取できます。

大豆は古くから続く節分に用いられている、栄養豊富な食材です。節分の豆まきを楽しみながら、さまざまな方法で大豆の栄養を摂取してみましょう。

関連するキーワード


食の知識 野菜の豆知識

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


健康メニュー|懐石、会席、定食、御膳 それぞれの違いって?

健康メニュー|懐石、会席、定食、御膳 それぞれの違いって?

懐石、会席、定食、御膳は、さまざまな料理が盛り合わせになっているメニューとして定着しています。何となくどんな料理の構成なのかがイメージできるかもしれませんが、実際にはどんな違いや意味合い、発祥の背景などがあるのでしょうか。今回は、懐石、会席、定食、御膳、それぞれの細かな違いについて解説します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。