健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康メニュー|冬は特においしくなる「ブリ」

健康メニュー|冬は特においしくなる「ブリ」

「ブリ」は、冬に旬を迎える、出世魚としても知られる魚です。和食のメニューにも取り入れられ、縁起のよい魚としておせち料理として口にする機会も多いのではないでしょうか。今回は、そんなブリの基本情報や栄養、おすすめの食べ方をご紹介します。


「ブリ」は、冬に旬を迎える、出世魚としても知られる魚です。和食のメニューにも取り入れられ、縁起のよい魚としておせち料理として口にする機会も多いのではないでしょうか。今回は、そんなブリの基本情報や栄養、おすすめの食べ方をご紹介します。

ブリとは

ブリは、スズキ目アジ科ブリ属の魚です。尾やひれが黄色いことから、英語では「Yellowtail(イエローテイル)」と呼ばれます。

ブリは成長の段階によって名前が変わる「出世魚」としても知られており、80センチ以上に成長した成魚がブリと呼ばれます。成魚になった段階で「ブリ」と呼ぶことは全国全ての地域で共通していますが、成長の過程で呼ばれる名前は地方によって異なります。稚魚の段階での「モジャコ」という呼び方は共通していますが、20センチまで成長すると関東では「ワカシ」、関西では「ツバス」、40センチで関東では「イナダ」、関西では「ハマチ」など、大きさと地方によって多くの呼び方があるのが、ブリの成長過程の名前の特徴です。

ブリの旬は、大物の「寒ブリ」が出回る12~2月頃。寒ブリは脂がよくのっていて、特においしいといわれます。

ブリの栄養

ブリには、健康効果や美容効果が期待できる栄養が豊富に含まれています。代表的なブリの栄養には、以下のようなものがあります。

DHA・EPA

DHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)は、いずれも魚油に多く含まれている多価不飽和脂肪酸の一種「n-3系不飽和脂肪酸」です。DHAは脳や脳神経に大切な成分で、脳の働きを活性化させる働きのほか、動脈硬化や高血圧症、認知症予防などの健康によい効果が期待できます。EPAは血液をサラサラにする効果があるので、血栓予防や高血圧の改善、中性脂肪低下などの効果が期待できます。

ビタミンD

ビタミンDには、腸管からのカルシウムの吸収を助ける働きがあります。骨の成長促進効果が期待できるので、骨を健やかに保つための重要な栄養素です。また、血中カルシウム濃度を調整する働きも持ちます。殺菌作用を持つ抗菌ペプチドを作り免疫機能を調整する働きもあるため、感染症予防効果も期待できます。

ビタミンE

強力な抗酸化作用を持つことで知られるビタミンEは、活性酸素を除去する働きがあるので、悪玉コレステロールの減少効果のほか、動脈硬化やがん、老化予防効果などが期待できます。血行促進や肌のバリア機能を安定させる効果もあることから、外的刺激や紫外線などから肌を守り、ターンオーバーを促進させてくれます。そのため、ビタミンEは健やかでトラブルの少ない肌をキープするためにも取っておきたい栄養素です。

ブリのおすすめの食べ方

ブリは和食メニューの素材として使われる魚で、調理のバリエーションが豊富です。ブリを代表するメニューとしておすすめなのが、以下でご紹介する3種類の料理です。

照り焼き

ブリを使った冬のおかずの定番が、ブリの照り焼きです。おせちにも入れられているので、お正月に食べたことがある方も多いのではないでしょうか。ブリは出世魚なので、「立身出世を願う」という意味を込めて、縁起のよい料理とされているのです。

ブリの照り焼きは、調味料に漬け込んだ切り身を、タレで煮詰めながら焼いていきます。ねぎなどの野菜も一緒に照り焼きにすれば、栄養バランスのよいメニューに。

ブリ大根

ブリ大根も、ブリを使ったメニューの定番。どちらも冬に旬を迎えるブリと大根を甘辛の汁で煮込んだブリ大根は、ブリのうま味が大根に染み込み、酒の肴やおかずにぴったりです。

ブリ大根の作り方については、こちらの記事も参考にしてください。

あら汁/粕汁

汁物も、ブリを使ったおすすめメニューです。脂がのったブリはアラまで脂のうま味がたっぷり。根菜やきのこ、こんにゃくとともに味噌仕立てにしたあら汁は、からだをしっかりあたためてくれる冬に最適な1杯です。
関西地方では、ブリのアラを使った粕汁が食べられています。酒粕の美容・健康効果が期待できる汁物として、試してみましょう。
ブリのあら汁、粕汁について、詳しくは以下の記事でも紹介しています。

世田谷自然食品の「厳選グルメ特選便厳選さかな定期便(20食セット)」でも、国産のブリを使った照り焼きを提供しています。湯せんするだけで、丁寧に調理した魚料理を手軽に食べられるのでおすすめです。

これから旬を迎えるブリは、いろいろな和食のメニューとして食べられる魚です。この冬は、栄養豊富なブリをさまざまな調理法で味わってみましょう。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。