健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
おみそ汁|ブリのあら汁

おみそ汁|ブリのあら汁

「寒ブリ」という言葉があるように、また、ブリ(鰤)という漢字には魚へんに師走の“師”があるように、寒い冬はブリがとてもおいしい季節。脂が乗ったブリは煮物も刺し身も味わい深いですが、冬に大型になったブリはあら汁にもぴったり。旬のブリを余すところなくいただきましょう。


「寒ブリ」という言葉があるように、また、ブリ(鰤)という漢字には魚へんに師走の“師”があるように、寒い冬はブリがとてもおいしい季節。脂が乗ったブリは煮物も刺し身も味わい深いですが、冬に大型になったブリはあら汁にもぴったり。旬のブリを余すところなくいただきましょう。

豪快さが魅力 「ブリのあら汁」

冬のブリは大型で脂がのっているので、三枚におろした残りの部分であるアラも大きくて旨みがあります。具材としては、大型のブリのアラと、同じく大きめに切った大根や人参、ごぼうなどの根野菜や、きのこにこんにゃく、油揚げなど。たくさんの具材をみそ仕立てでいただくブリのあら汁は、アラと言えども冬のごちそうです。体の芯からほっこり温まります。

旨み&栄養満点 ブリも野菜もたっぷりと

旬のブリと野菜が入ったあら汁は、一杯で野菜も魚もしっかり摂れる優秀メニュー。汁も実も全部食べるので、野菜から溶け出した水溶性ビタミンも逃しません。根菜類は栄養豊富な皮ごとお鍋へ入れても、柔らかくなるまで煮るのでおいしくいただけます。

ブリは良質な体を作るタンパク質や貧血を予防する鉄分が豊富。血液がサラサラになるといわれている、抗酸化作用のあるビタミンEも含まれています。頭や中骨など、アラの部分にはコラーゲンが多く含まれ、あら汁にすると溶け出したコラーゲンもしっかり摂ることができます。

魚の臭みが気になるなら、赤みそがおすすめ

魚のアラは、臭みを取るための下ごしらえが必要です。熱湯を回しがけ、冷水にとって、血合いを取り除きます。

もともとみそは魚の臭みを軽減してくれる大豆たんぱくが豊富なので、みそとアラを合わせるあら汁は理にかなっている調理法。その一方で、みそを煮立てると風味が落ちてしまいます。

そこでおすすめしたいのが、赤みそです。赤みそはほかのみそと同様に臭み取りになる大豆たんぱくが豊富で、煮立てても比較的風味が落ちにくいという特徴があります。「あら汁はニオイがちょっと苦手…」という方は、赤みそを使ってみてはいかがでしょうか。



ブリのあら汁は溶け出したビタミンやコラーゲンも無駄なく食べられ、冬に旬の野菜とも相性の良い、懐の深いメニューです。食材が不足する冬場に昔から作られてきた、生活の知恵の結晶ともいえるブリのあら汁を、ぜひ作ってみてください。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。