健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
野菜の豆知識|ダイエット中にも!「サツマイモ」で心身ともに健やかに

野菜の豆知識|ダイエット中にも!「サツマイモ」で心身ともに健やかに

秋の味覚としておなじみのサツマイモですが、実は秋から冬にかけて旬を迎える食材で、冬もおいしく食べられる時期です。今回は、薬膳的な効果も期待できるサツマイモの栄養や賞味期限、正しい保存方法についてご紹介します。


秋の味覚としておなじみのサツマイモですが、実は秋から冬にかけて旬を迎える食材で、冬もおいしく食べられる時期です。今回は、薬膳的な効果も期待できるサツマイモの栄養や賞味期限、正しい保存方法についてご紹介します。

胃を元気に、気力も養うサツマイモ

サツマイモは、整腸作用のある食物繊維が豊富ということがよく知られていますが、抗酸化作用により、美肌や動脈硬化予防などの効果が期待できるビタミンCも多く含む食べ物です。ビタミンCを多く含む食べ物といえば、レモンなどの柑橘類を連想する方が多いかもしれませんが、サツマイモのビタミンC含有量は柑橘類に匹敵するほど多く、リンゴの約10倍以上も含まれています。サツマイモのビタミンCはでんぷんに包まれているため、水溶性のビタミンCでも水や熱に比較的強く、栄養を摂取しやすいのが特徴です。

薬膳的には、サツマイモは胃腸を元気にして気力を養い、心身を整えてくれる食べ物。胃腸を整えて消化吸収、水分代謝を促進することにより、体力をつける効果があります。また、サツマイモにはストレスなどの精神面が原因による食欲不振などにも効果が期待でき、心身を養ってよい状態にできるといわれます。

ダイエット中の方のおやつにもおすすめ

サツマイモは、甘いものなどの間食を控えているダイエット中の方のおやつとしてもおすすめの食材。主食のパンやごはんをサツマイモに置き換える、サツマイモダイエットという方法もあります。

食後の血糖値が急上昇しやすい食材は、血糖値を下げるためにインスリンが過剰に分泌されやすく、その結果エネルギーにならない血糖を脂肪に変えてしまいます。
食物繊維を豊富に含むサツマイモなら、吸収スピードがゆっくりで、食後の血糖値上昇が緩やかなので、ダイエット中の方にもおすすめです。しかも、食物繊維の効果で腹持ちがよく、胃腸の働きを活発にすることで便秘やむくみ改善効果も期待できます。

サツマイモの皮の周囲には食物繊維のほか、抗酸化作用でアンチエイジング効果が期待できる「アントシアニン」、整腸作用のある「ヤラピン」などが含まれています。これらの栄養を効果的に摂取するためにも、サツマイモを食べる時はできるだけ皮をむかずにそのまま食べましょう。

傷み具合の分かりにくいサツマイモ。賞味期限は?

スーパーで販売されている一般的なサツマイモの賞味期限は、約1ヵ月です。土や泥が付いたままのサツマイモであれば、最大3ヵ月ほど保存が可能ですが、スーパーで取り扱うサツマイモの多くは洗浄して土や泥を取り除いてあります。洗浄して常温で保存されたサツマイモは土や泥が付いたものより傷みが早いので、1週間を目安に食べきりましょう。できるだけ新鮮な状態のサツマイモを購入したい場合は、土や泥が付いたままのものを選ぶのがおすすめです。

傷み具合が分かりにくいサツマイモですが、傷んでいるものを見分けるには、カビが生えていないかどうか、黒く変色していないか、カビ臭や酸っぱい臭いがないかどうかをチェックしてください。柔らかく、広範囲が黒ずんでいるサツマイモは腐っている可能性があるので避けましょう。

賞味期限を長く保つ、サツマイモの上手な保存方法

上手に保存すれば、サツマイモの賞味期限を長く保てます。購入したサツマイモは冷蔵庫にそのまま入れがちですが、まず、光を遮断するために1本ずつ新聞紙で包みます。サツマイモの保存に最適な温度は10~15℃なので、夏以外は常温で保存するのがおすすめ。夏は野菜室で保存しましょう。

前述したように、スーパーで販売されている土や泥を落としたサツマイモは、そのままの状態ではあまり日持ちしません。早いうちに焼く、または皮付きのままカットしてアク抜きをした後にレンジで加熱してから冷凍保存すると、長期間保存ができます。

サツマイモは、スイーツや料理など幅広いメニューにマッチする食材。世田谷自然食品では、料理人が監修した本格的なお惣菜を手軽に楽しめる「温彩特選便 味わい惣菜」でも、サツマイモを添えたお惣菜「鶏と野菜のレモンソース」を提供しています。鶏肉とレモンソースにマッチしたサツマイモの味わいを家庭で楽しめるメニューです。

サツマイモは胃腸を元気にして心身を整えてくれる栄養が豊富な、ダイエット中にもおすすめの食材です。健康的な食生活の一環として、サツマイモを日ごろの食事やおやつに積極的に取り入れてみてください。

関連する投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

野菜の豆知識|野菜? くだもの? いちごの豆知識あれこれ

甘酸っぱさと香り、見た目のかわいらしさからも大人気のフルーツ「いちご」。そのままパクリと食べられる手軽さも魅力です。今回はいちごの豆知識や、新鮮ないちごの選び方、おいしく食べる洗い方や保存方法をご紹介します。


野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

野菜の豆知識|鬼も逃げ出す「大豆」のパワー

毎年2月4日頃の立春前日の「節分」と言えば、「鬼は外、福は内」と豆をまくのが恒例行事ですが、なぜ節分に鬼退治をするのか、豆をまくのかご存じでしょうか?今回は、節分で豆をまく理由や大豆が選ばれる理由、大豆の栄養についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。