健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康習慣|誰もが知っておくべき「生活習慣病」の基礎知識

健康習慣|誰もが知っておくべき「生活習慣病」の基礎知識

2月は「全国生活習慣病予防月間」。生活習慣病は、普段の生活習慣が深く関わる病気です。「痩せているから大丈夫」「お酒を飲まないから問題ない」と思っていませんか?実は、必ずしもそうとはいえないのです。生活習慣病に対する正しい知識と予防法を知り、日々の生活に役立ててください。


2月は「全国生活習慣病予防月間」。生活習慣病は、普段の生活習慣が深く関わる病気です。「痩せているから大丈夫」「お酒を飲まないから問題ない」と思っていませんか?実は、必ずしもそうとはいえないのです。生活習慣病に対する正しい知識と予防法を知り、日々の生活に役立ててください。

生活習慣病とは?

生活習慣病とは、食事や運動、飲酒、喫煙といった生活習慣が発症や進行に深く関わる疾患群のことをいいます。生活習慣病の定義は明確にされていませんが、代表的なものは以下の疾患です。

メタボリックシンドローム

おへその高さで測ったウエストが男性85センチ・女性90センチ以上で、高血圧、高血糖、高脂質症のうち2つ以上があてはまる場合、メタボリックシンドロームと診断されます。メタボリックシンドロームは動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳梗塞を発症するリスクを高めます。

肥満

肥満とは、単に体重が多いことだけではなく、体脂肪が過剰に蓄積されている状態をいいます。肥満度の判定には、国際的な標準指標であるBMI(Body Mass Index)が用いられます。体重(キロ)÷身長(メートル)の2乗で算出された数値が25以上の場合、肥満であるとされます。

糖尿病

人間の体は食事をすると一時的に血糖値が高くなり、すい臓から分泌されるインスリンによって時間の経過とともに正常な数値に戻ります。糖尿病は、インスリンの不足や作用低下などが原因で高血糖の状態が続く病気です。

高血圧症

高血圧症は、安静にしている時も慢性的に血圧が高い状態が続く病気です。最高血圧が140mmHg(ミリメートルエイチジー)以上、最低血圧が90mmHg以上の場合、高血圧症と診断されます。血圧が高くなると、血管の壁や心臓に負担がかかります。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、骨密度が低下して骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。発症初期は自覚症状がほとんどなく、症状があらわれた時には病気が進んでいることも少なくないようです。骨粗しょう症は、男性よりも女性に多いといわれています。

生活習慣病の予防は、小さなことの積み重ねから

生活習慣病を引き起こす原因として、以下のような生活習慣が挙げられます。これらをできる限り避けることが、生活習慣病の予防につながります。

濃い味つけや脂っこい食事が多い

塩分を摂りすぎると血圧が上がり、脳卒中や心臓病のリスクが高まります。厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると、男性7.5グラム未満・女性6.5グラム未満が、1日の塩分摂取量とされています。また、脂っこいものの食べすぎは、肥満や動脈硬化の一因になると考えられています。いろいろな食品をバランスよく摂りましょう。

あまり運動をしていない

運動不足はさまざまな病気を引き起こす原因になります。運動をすると血液循環が改善され、心疾患のリスクを減らせるといわれています。また、足腰を鍛えることで、より長く自立した生活を送ることができます。いきなり激しい運動をする必要はないので、軽めの体操やウォーキングからはじめてみましょう。

お酒をよく飲む

厚生労働省が発表した「健康日本21(第二次)」によると、生活習慣病のリスクを高める飲酒量は、1日あたりの純アルコール摂取量が男性40グラム以上・女性20グラム以上となっています。純アルコール20グラム程度に相当するお酒の量は、ビールなら約500ミリリットル、日本酒なら約180ミリリットル、ワインなら約200ミリリットル。お酒は適量を楽しみたいものです。

たばこを吸う

たばこのニコチンには強い血管収縮作用があります。ニコチンは、摂取すると血圧が上昇して血管に負担がかかり、動脈硬化を進行させてしまいます。また、体内のインスリンの働きを妨げる作用もあり、糖尿病を発症するリスクも高まります。いきなり禁煙をするのは難しいかもしれませんが、まずは本数を減らすことからはじめてみてはいかがでしょうか。

バランスのよい食事と適度な運動を心がけよう

毎日の食生活で特に意識したいのが、塩分をひかえめにすること。しかし、急に塩分を減らすと、食事をおいしいと感じられなかったり、物足りなさを感じたりすることがあるかもしれません。ストレスなく減塩をするためには、調味料の使い方に工夫が必要です。

減塩を無理なく続けるための食生活については、以下の記事を参考にしてみてください。

厚生労働省では、健康づくりのための指標として「+10(プラステン)」というガイドラインを策定しています。生活習慣病をはじめとするさまざまな病気のリスクを下げ、健康寿命を延ばすために、今より10分多く体を動かすことを提案したものです。移動に階段を使ったり、テレビを見ながらストレッチをしたり、気軽に取り組めることはたくさんあります。

「+10」については、以下の記事を参考にしてみてください。

生活習慣病は、心がけ次第で予防や改善が可能な疾患です。また、多くの場合は自覚症状がなく進行していくため、定期的に健康診断を受けて体の状態を把握するのも大切です。まずはできることから少しずつ取り組んでみてください。

関連する投稿


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

何かを学ぶことは学生時代で終わり、という考えは、もはや古いのかもしれません。近年、社会人になってから学ぶ「学び直し」が注目されています。今回は、新しい知識やスキルのインプットや毎日の生活を充実させてくれる学び直しについてご紹介します。


健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

マスク生活で口元を隠す機会が増え、自然な笑顔を作る力が衰えがちなこのごろ。今回は、目元や口元を動かし、笑顔を作る筋肉である「表情筋」を鍛え、口角を上げてきれいな笑顔を作るヒントなどをご紹介します。


最新の投稿


健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

健康法|免疫力って何だろう?高める生活とは

昨今のコロナ禍で、「免疫力」という言葉をよく耳にするようになったのではないでしょうか。健康でいるために免疫力を高めることが大切だとなんとなく理解はしていても、「そもそも免疫力とは何なのか?」「自分に免疫力はあるのか?」など、知らないことが多いかもしれません。今回は、免疫力についての基礎知識に加えて、毎日の生活習慣にフォーカスした免疫力アップのコツをご紹介します。


入浴法を見直して健康になろう!

入浴法を見直して健康になろう!

体を温めることで、冷えが原因の不調を予防する「温活」。毎日の習慣として取り入れるなら、まずは入浴法を見直してみませんか。入浴は、「日本人の健康寿命の延伸に貢献している」との研究結果が報告されるほど、健康に良いものです。入浴の健康効果を知り、体が冷えやすい季節も元気に過ごしましょう。


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。