健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品公式SNS

LINE連携でもっと便利に!

マイページへのログインがかんたんに!
おトクな情報、お知らせも定期的にお届け!

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|誰もが知っておくべき「生活習慣病」の基礎知識

健康習慣|誰もが知っておくべき「生活習慣病」の基礎知識

2月は「全国生活習慣病予防月間」。生活習慣病は、普段の生活習慣が深く関わる病気です。「痩せているから大丈夫」「お酒を飲まないから問題ない」と思っていませんか?実は、必ずしもそうとはいえないのです。生活習慣病に対する正しい知識と予防法を知り、日々の生活に役立ててください。


2月は「全国生活習慣病予防月間」。生活習慣病は、普段の生活習慣が深く関わる病気です。「痩せているから大丈夫」「お酒を飲まないから問題ない」と思っていませんか?実は、必ずしもそうとはいえないのです。生活習慣病に対する正しい知識と予防法を知り、日々の生活に役立ててください。

生活習慣病とは?

生活習慣病とは、食事や運動、飲酒、喫煙といった生活習慣が発症や進行に深く関わる疾患群のことをいいます。生活習慣病の定義は明確にされていませんが、代表的なものは以下の疾患です。

メタボリックシンドローム

おへその高さで測ったウエストが男性85センチ・女性90センチ以上で、高血圧、高血糖、高脂質症のうち2つ以上があてはまる場合、メタボリックシンドロームと診断されます。メタボリックシンドロームは動脈硬化を促進し、心筋梗塞や脳梗塞を発症するリスクを高めます。

肥満

肥満とは、単に体重が多いことだけではなく、体脂肪が過剰に蓄積されている状態をいいます。肥満度の判定には、国際的な標準指標であるBMI(Body Mass Index)が用いられます。体重(キロ)÷身長(メートル)の2乗で算出された数値が25以上の場合、肥満であるとされます。

糖尿病

人間の体は食事をすると一時的に血糖値が高くなり、すい臓から分泌されるインスリンによって時間の経過とともに正常な数値に戻ります。糖尿病は、インスリンの不足や作用低下などが原因で高血糖の状態が続く病気です。

高血圧症

高血圧症は、安静にしている時も慢性的に血圧が高い状態が続く病気です。最高血圧が140mmHg(ミリメートルエイチジー)以上、最低血圧が90mmHg以上の場合、高血圧症と診断されます。血圧が高くなると、血管の壁や心臓に負担がかかります。

骨粗しょう症

骨粗しょう症は、骨密度が低下して骨が弱くなり、骨折しやすくなる病気です。発症初期は自覚症状がほとんどなく、症状があらわれた時には病気が進んでいることも少なくないようです。骨粗しょう症は、男性よりも女性に多いといわれています。

生活習慣病の予防は、小さなことの積み重ねから

生活習慣病を引き起こす原因として、以下のような生活習慣が挙げられます。これらをできる限り避けることが、生活習慣病の予防につながります。

濃い味つけや脂っこい食事が多い

塩分を摂りすぎると血圧が上がり、脳卒中や心臓病のリスクが高まります。厚生労働省「日本人の食事摂取基準(2020年版)」によると、男性7.5グラム未満・女性6.5グラム未満が、1日の塩分摂取量とされています。また、脂っこいものの食べすぎは、肥満や動脈硬化の一因になると考えられています。いろいろな食品をバランスよく摂りましょう。

あまり運動をしていない

運動不足はさまざまな病気を引き起こす原因になります。運動をすると血液循環が改善され、心疾患のリスクを減らせるといわれています。また、足腰を鍛えることで、より長く自立した生活を送ることができます。いきなり激しい運動をする必要はないので、軽めの体操やウォーキングからはじめてみましょう。

お酒をよく飲む

厚生労働省が発表した「健康日本21(第二次)」によると、生活習慣病のリスクを高める飲酒量は、1日あたりの純アルコール摂取量が男性40グラム以上・女性20グラム以上となっています。純アルコール20グラム程度に相当するお酒の量は、ビールなら約500ミリリットル、日本酒なら約180ミリリットル、ワインなら約200ミリリットル。お酒は適量を楽しみたいものです。

たばこを吸う

たばこのニコチンには強い血管収縮作用があります。ニコチンは、摂取すると血圧が上昇して血管に負担がかかり、動脈硬化を進行させてしまいます。また、体内のインスリンの働きを妨げる作用もあり、糖尿病を発症するリスクも高まります。いきなり禁煙をするのは難しいかもしれませんが、まずは本数を減らすことからはじめてみてはいかがでしょうか。

バランスのよい食事と適度な運動を心がけよう

毎日の食生活で特に意識したいのが、塩分をひかえめにすること。しかし、急に塩分を減らすと、食事をおいしいと感じられなかったり、物足りなさを感じたりすることがあるかもしれません。ストレスなく減塩をするためには、調味料の使い方に工夫が必要です。

減塩を無理なく続けるための食生活については、以下の記事を参考にしてみてください。

厚生労働省では、健康づくりのための指標として「+10(プラステン)」というガイドラインを策定しています。生活習慣病をはじめとするさまざまな病気のリスクを下げ、健康寿命を延ばすために、今より10分多く体を動かすことを提案したものです。移動に階段を使ったり、テレビを見ながらストレッチをしたり、気軽に取り組めることはたくさんあります。

「+10」については、以下の記事を参考にしてみてください。

生活習慣病は、心がけ次第で予防や改善が可能な疾患です。また、多くの場合は自覚症状がなく進行していくため、定期的に健康診断を受けて体の状態を把握するのも大切です。まずはできることから少しずつ取り組んでみてください。

関連する投稿


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

健康法|喉からくる風邪に 喉がつらい時の対処法まとめ

秋から冬にかけては、日に日に乾燥が厳しくなります。この時期の風邪は、喉の痛みからはじまる方も多いもの。なかには、この季節になると、喉からくる風邪に悩まされている方もいるのではないでしょうか。そこで今回は、喉の痛みがつらい時にすぐ試したい、さまざまな対処法やおすすめの生活習慣についてご紹介します。


健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

健康習慣|「保湿」を見直して、乾燥する季節もうるおう肌へ

「美容のため」というイメージが強い保湿ケア。きれいでいるために欠かせなお手入れですが、肌の乾燥が進んでしまうと美容はもとより健康面でも弊害が出てしまいます。乾燥すると肌が美しく見えないだけでなく、かゆみや湿疹などの症状に悩まされることもあります。今回は、健やかな美肌を守るための保湿について、見直したいポイントをご紹介します。


健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

健康習慣|疲れ目・ドライアイに 今日からできるセルフケア

パソコンやスマホによる目の疲れや、涙の量が減少するドライアイ、慢性的な目の疲れによる眼精疲労など、増加する目のトラブルは現代病のひとつ。目の疲れが続くと、肩こりや頭痛などの症状も出てしまうので厄介です。今回はご自身でできる、目のセルフケアをご紹介します。


健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

健康法|「モルック」シンプルなルールだからこそ奥深い!

木の棒を投げてピンを倒す、ボウリングのようなスポーツ「モルック」。一見シンプルながら、点数計算やゲームの進め方などには意外と戦略性があり、脳トレにもなるスポーツとして近年注目されています。今回は、モルックの概要についてご紹介します。


最新の投稿


野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

野菜の豆知識|いちごの品種、いくつ知ってる?

いちごはそのまま食べるのはもちろん、多くのスイーツにも使われている身近なフルーツですが、たくさんの品種があることはご存じですか?今回は、多数あるいちごの品種のうち、生産量の多い品種をご紹介します。


健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

健康メニュー|変わり種具材でしゃぶしゃぶを楽しもう

会食のごちそうとしても、家庭の食事としても人気のしゃぶしゃぶ。それだけに、最近はさまざまな味や具材のバリエーションが見られます。今回は、しゃぶしゃぶのバリエーションを楽しめる変わり種具材をご紹介します。


健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

健康習慣|使い捨てカイロで風邪予防・冷え対策

寒い季節に出番の多い使い捨てカイロですが、屋外で使うだけになっていませんか?カイロは風邪のひきはじめや、手足・おなか・全身の冷え緩和と幅広く使えます。最近は機能もアップしていますので、さまざまなシーンで役立ちます。体調のくずれ、冷え、疲れ、だるさなどに、カイロを使ってからだを養生することもできます。今回は、貼るタイプのカイロの活用法を中心にご紹介します。


健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

健康メニュー|具だくさんのみそ汁で無病息災を願う「お事汁」

日本には、無病息災を願い、行事食をいただく風習が数多く残っています。そのひとつが、「事八日(ことようか)」と呼ばれる行事で、2月と12月に具だくさんみそ汁の「お事汁(おことじる)」を作っていただくのが習わしです。地方によって呼び方が異なるため、あまり広く知られていないかもしれませんが、一説には平安時代頃から日本の各地で行われてきたとされる伝統行事です。<br>この記事では、「事八日」の発祥、「お事汁」の材料などに触れながら、古き良き日本の風習についてお伝えします。


心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

心も体も健康的なお酒との「上手」な付き合い方

普段あまり飲まないお酒を飲んで失敗したり、<br>つい飲み過ぎて二日酔いに悩まされたりすることはありませんか?<br>家族や友人と飲むお酒は楽しいものですが、飲み過ぎは健康にもよくありません。<br>お酒との上手な付き合い方を知り、健康を維持しながら楽しみましょう。