健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|「+10(プラステン)」で目指そう、こころとからだを健やかに

健康習慣|「+10(プラステン)」で目指そう、こころとからだを健やかに

健康的な生活のためには、適度な運動が必要。それは正解なのだろうけれど、自分にとっての「適度」が、どのくらいなのかがはっきりしないと感じる方も多いようです。今回はそんな方にとって、こころとからだを健やかに保つための、健康づくりの指針となる「+10(プラステン)」をご紹介します。


健康的な生活のためには、適度な運動が必要。それは正解なのだろうけれど、自分にとっての「適度」が、どのくらいなのかがはっきりしないと感じる方も多いようです。今回はそんな方にとって健康づくりの指針となる「+10(プラステン)」をご紹介します。

新しい健康づくりの指針「+10」とは

画像提供:+10(プラステン)から始めよう!
     厚生労働省 アクティブガイド -健康づくりのための身体活動指針-

「+10」は厚生労働省による国民向けのガイドラインで、さまざまな病気リスクを下げて健康寿命を延ばすための手段を、「いまより10分多くからだを動かす」という分かりやすいメッセージにしたものです。健康寿命とは、単に長い期間を生きるということではなく、“健康上の問題で日常生活が制限されることなく過ごせる期間”と定義されています。

厚生労働省によると、「+10」によって期待される効果は以下の通りです。

+10によって「死亡のリスクを2.8%」「生活習慣病発症を3.6%」「ガン発症を3.2%」「ロコモ・認知症の発症を8.8%」低下させることが可能であることが示唆されています。さらに減量効果として+10を1年間継続すると、1.5-2.0kg減の効果が期待できます。

出典:宮地 元彦. アクティブガイド. e-ヘルスネット (厚生労働省)

からだを動かす時間、目標は1日合計60分

厚生労働省が提唱する健康のための目標時間は1日60分(65歳以上は40分)です。これは単純にからだを動かす時間を指すので、歩く、階段を使う、炊事や掃除をするといった時間も含まれます。日ごろからからだを動かさない傾向のある人も、「+10」を取り入れて、目標の60分(40分)時間に近づけていこうというわけです。

また、「+10」といっても10分間続けてからだを動かさなくてはならないわけではありません。1日5分を2回、朝5分・昼3分・夜2分などのように、細切れでも効果は期待できます。10分間の運動が大きな負担になるならば、むしろ細切れのほうがよい結果にもつながるでしょう。今よりも10分だけ、じっとしている時間を減らせばよいのです。

「+10」の実践例 毎日を健やかに過ごすために

「+10」が意味するところは、じっとしている時間を減らし、からだを動かす時間を今よりも増やすことです。筋力トレーニングやジョギングなど強度の高い運動が難しくても、1日10分多めに動くということならできそうですよね。続けられる目標を掲げて、ゆっくりですが確実に健康へ導くのが「+10」なのです。

最後に、「+10」で活用できる例をご紹介します。これらからいくつか選んで、合計で1日10分になるように組み合わせてみてください。

  • 最寄りよりもひとつ遠いスーパーに徒歩で行く
  • スーパーでまとめて買うのではなく、商店街などの各店で買い物をする
  • 階段があるところはできるだけ階段を使う
  • 窓拭きや床の雑巾がけなど、筋力を使う掃除をする
  • 1時間ごとにアラームをかけて、鳴った時に座っていたら立ち上がって背伸びする
  • 位置情報ゲームをはじめてみる
  • ご近所の銭湯に行ってみる

位置情報ゲームや銭湯については、以下の記事も参考にしてみてください。

スポーツとなると腰が重くても、「+10」ならできそうな気がしませんか。1日の生活を思い浮かべてみると、からだを動かす機会はたくさんあるものです。今より少しでも長く動くことが、まさに健康への第一歩。ご自身の生活リズムや環境を振り返って、「+10」の実践をはじめてみましょう。

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。