健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
健康習慣|無理なく続ける「減塩生活」

健康習慣|無理なく続ける「減塩生活」

塩分の摂り過ぎは高血圧を招き、脳卒中や心臓病など、さまざまな病気につながることが分かっています。しかし、いざ塩分を控えめにしてみても、「いまひとつおいしくない」「物足りなくて、普段の食事に戻ってしまう」と、続かない方も多いようです。今回は減塩の重要性と、無理なく続けられる「減塩生活」のヒントをご紹介します。


塩分の摂り過ぎは高血圧を招き、脳卒中や心臓病など、さまざまな病気につながることが分かっています。しかし、いざ塩分を控えめにしてみても、「いまひとつおいしくない」「物足りなくて、普段の食事に戻ってしまう」と、続かない方も多いようです。今回は減塩の重要性と、無理なく続けられる減塩のヒントをご紹介します。

メリットいっぱいの減塩生活

日本の食卓では味噌にしょうゆ、漬物など、塩分の高いものが多く存在します。世界保健機関(WHO)が推奨する食塩摂取量が1日5グラム未満なのに対し、日本の成人の食塩摂取量は男性10.8グラム、女性9.2グラムと、世界基準の倍ほどの塩分を摂っていることになります。日本食はヘルシーといわれますが、塩分の点では注意する必要がありそうです。

では、減塩するとどんな良いことがあるのでしょうか。まず、塩分の摂り過ぎで心配なのは高血圧です。塩分と血圧は非常に高い関連性があり、減塩に取り組む地域では、高血圧を発症する人が少ないことが分かっています。

さらに、塩分の高い食事は、過剰に食欲を促進して食べ過ぎ・肥満の要因になり、また、深夜にトイレに起きてしまう「夜間頻尿」の原因にもなると考えられています。これらの心配が緩和されるのですから、減塩を試す価値はとても高いといえます。

お助けアイテムで“自然に減塩”

減塩を続けるためには、手軽さも大切なポイント。お助けアイテムを使って、ストレスなく自然に減塩生活をスタートしましょう。

しょうゆスプレー

しょうゆ用のスプレーボトル。霧吹き状にしょうゆが出て、満遍なく食材にかかるので、かけ過ぎを防ぎます。

塩分濃度計

おみそ汁やスープなど、液状の食材の塩分濃度が測れる便利グッズ。2,000円~3,000円くらいのおてごろ価格のものは、家電販売店などで入手できます。見た目は「少し大きめの体温計」くらいで、持ち運びにも便利です。

塩に代わる調味料

酸味のある調味料や香りのある食材を用いて、塩・しょうゆの量を減らしましょう。お酢やレモン、コショウ、わさび、大葉やみょうがなど、塩味が薄くても満足感のある食べ方はたくさんあります。「減塩」を掲げた商品を使用するのも良いアイデアです。また、しっかり出汁をきかせたものは、うま味成分のおかげで減塩でもおいしいと感じる傾向があります。

塩分を摂り過ぎたらカリウム豊富な食材を

塩分を摂り過ぎたと感じたら、余分な塩分を排出するカリウムが含まれる食材を摂りましょう。高血圧気味の方は、減塩とともにカリウムを積極的に摂るのがおすすめです。カリウムは、ほうれん草、アスパラガス、大豆と大豆加工品、海藻類(昆布・ひじきなど)、いも類(さといも・さつまいもなど)に豊富に含まれています。通常の食事において、カリウムを過剰摂取しても心配はないとされていますが、腎臓の機能が低下している方は注意が必要です。

おみそ汁は減塩中でも大丈夫!

おみそ汁1杯には1グラムから1.5グラムの塩分が含まれていて、これまで減塩には向いていないといわれていました。しかし、近年の研究によると、みそ汁を飲んでも血圧に影響はなく、むしろ味噌には健康維持や生活習慣病予防の効果が期待できるとされています。

発酵食品である味噌には、塩分だけでなく、アミノ酸・ビタミン・ミネラル類も豊富。また、具だくさんにすれば1食あたりの栄養バランスも向上します。塩分という側面だけで、おみそ汁を遠ざけるのは得策ではないようです。それでも気になる方は、「減塩タイプ」のおみそ汁を活用してみましょう。

塩分は食事をおいしくしてくれ、生命維持にも必要なものですが、減塩をこころがけてもじゅうぶん必要な量を摂ることができます。ご紹介した減塩方法を取り入れて、できそうなところからはじめてみてください。味覚は徐々に慣れていくものですから、しばらくすると、少しの塩分でしっかりと味を感じられるようになりますよ。

関連する投稿


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

健康法|冷えに即効!「湯たんぽ」の効果的な使い方

便利でエコな「湯たんぽ」が密かなブーム。就寝時だけでなく、指先をあたためたり、冷えによる膝やおなかの痛みを和らげたりと、日中の冷えを解消してくれる便利アイテムなのです。一度使うと手放せない、湯たんぽの効果的な使い方や素材による違いを解説します。


健康法|家でできるかんたん筋トレ

健康法|家でできるかんたん筋トレ

「寒くなってきたから散歩はお預け」、「暖かくなったらまた運動しよう」などと、気候を理由に体を動かすことを避けていないでしょうか?今回は運動不足に陥りがちな冬季、家の中で運動習慣のない方でも簡単に取り組める筋トレ法をご紹介します。


健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

健康法|「夜ウォーキング」はじめよう 効果と安全対策を解説

日中はいろいろやることがあって、運動する時間がとれない……そんな方には、日が暮れてから行う「夜ウォーキング」がおすすめ。今回は夜にウォーキングを行うことの効果やメリット、防犯対策についてご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。