健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
ヘアケア|ヘアカラーによるダメージから髪の毛と頭皮を守るには

ヘアケア|ヘアカラーによるダメージから髪の毛と頭皮を守るには

髪色は雰囲気や印象を左右する大事なポイント。同じヘアスタイルでも、髪色によってイメージが大きく変わります。しかし、ヘアカラーを繰り返すことで気になるのが、髪の毛や頭皮へのダメージ。今回は、ヘアカラーによって髪の毛や頭皮にどのような影響があるのか、そして、ヘアカラーによって傷んでしまった髪の毛や頭皮をいたわる方法をご紹介します。


髪色は雰囲気や印象を左右する大事なポイント。同じヘアスタイルでも、髪色によってイメージが大きく変わります。しかし、ヘアカラーを繰り返すことで気になるのが、髪の毛や頭皮へのダメージ。今回は、ヘアカラーによって髪の毛や頭皮にどのような影響があるのか、そして、ヘアカラーによって傷んでしまった髪の毛や頭皮をいたわる方法をご紹介します。

ヘアカラーが髪の毛の色を染める仕組み

一般的にヘアカラーは、2つの薬剤(1剤・2剤)を使用して髪の毛の色を明るくします。1剤には酸化染料とアルカリ剤、2剤には酸化剤が含まれ、これらを混ぜ合わせたものを髪の毛に塗布すると、表面のキューティクルが開き、染料が髪の毛の内部に浸透していきます。

髪の毛にとっては弱酸性の状態がもっとも健康であるといわれ、通常はキューティクルが閉じた状態です。しかし、ヘアカラーの薬剤を塗布することでアルカリ性に傾き、キューティクルが開きます。そして、1剤のアルカリ剤と2剤の酸化剤が反応することで発生した酸素が、髪の毛を黒くする色素であるメラニンを脱色し、同時に染料を発色させます。

発色した染料の分子はくっつきあって大きくなり、開いたキューティクルのすき間から出られなくなります。こうすることで、髪の毛に染料を定着させているのです。

ヘアカラーが髪の毛や頭皮に与える影響

ヘアカラーは先ほどご説明したような仕組みで髪の毛を染色しますが、メラニンを脱色する時に、髪の毛の主成分であるたんぱく質を破壊してしまいます。ヘアカラーの色が明るければ明るいほど、メラニンを多く分解する必要があるため、髪の毛へのダメージは大きくなります。

ヘアカラーをすると、薬剤によって無理やりキューティクルをこじ開けることになります。そして、色素が入ってキューティクルが開いたままの状態になることで、水分や油分が流れ出し、髪の毛が乾燥してしまうのです。ヘアカラーを何度も繰り返すと、キューティクルのダメージが深刻化することもあります。

また、ヘアカラーの施術時に頭皮がピリピリしたり、かゆみが出たりしたことがある方もいるかもしれません。ヘアカラーの薬剤には刺激の強い成分が含まれるため、頭皮に付着すると皮膚が炎症を起こしてしまうことがあります。肌が敏感な方は特に注意が必要です。

市販のヘアカラーと美容院のヘアカラーは、髪の毛を染める仕組みは同じですが、薬剤の成分に大きな違いがあります。市販のヘアカラーはダメージを与える成分が髪の毛に残留しやすいため、美容院のヘアカラーのほうが負担になりにくいといわれています。市販のヘアカラーは手軽に髪の毛を染められるのが魅力ですが、髪の毛や頭皮の健康のことを考えると、美容院でヘアカラーをするのがおすすめです。

ヘアカラーでダメージを受けた髪の毛と頭皮をいたわるには

ヘアカラーによるダメージをなくすためには、ヘアカラーを控えることが最善です。とはいえ、髪の毛のおしゃれや身だしなみのために欠かせない場合もあるでしょう。そこで、髪の毛や頭皮をいたわりながらヘアカラーを楽しむポイントをご紹介します。

カラーケア用のシャンプーを使う

ヘアカラーによって傷んでしまった髪の毛は、髪の毛を補修してくれる成分が配合されたカラーケア用のシャンプーでケアをするとよいでしょう。特に、髪の毛を構成するたんぱく質と同じ成分である、アミノ酸系の成分を配合したものがおすすめ。ヘアカラーをしたあとの髪の毛や頭皮をやさしく洗浄してくれます。カラーケア用のシャンプーは、染めた髪の毛の色持ちをよくする効果も期待できます。

リタッチカラーで極力ダメージを減らす

リタッチカラーとは、伸びてきた髪の毛の根元の部分にだけヘアカラーをすることをいいます。前回と同じ色にしたい場合は、髪の毛全体にヘアカラーをするよりもダメージを軽減することができます。

ヘアマニキュアやヘナカラーを使う

ヘアマニキュアやヘナカラーは、髪の毛の表面だけに染料を付着させるため、ヘアカラーと比べるとキューティクルを傷めにくい方法です。ヘナカラーは、主に熱帯地方に自生するヘナという植物を原料とした染料を使い、草木染めともいわれます。どちらの方法も黒い髪の毛の色を明るくしたり、髪の毛そのものの色を変えたりするものではないので、白髪を染めるのに適しているといわれています。

ヘアカラーをすると少なからず髪の毛や頭皮に負担がかかりますが、ヘアカラーの方法や、そのあとのヘアケアを工夫することでダメージをなるべく抑えることができます。健やかな髪の毛と頭皮を保ち、きれいな髪色を楽しみたいですね。

関連する投稿


ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

空気が乾燥し、気温が下がる冬は、髪も乾燥してパサつくことが多いもの。髪のダメージにもつながるため、きちんとヘアケアをして髪を守りたいところです。そこで今回は、冬の乾燥にも負けないヘアケア術をご紹介します。


スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

8月になり、いよいよ夏真っ盛りですね。普段何気なく塗っている日焼け止めですが、自分に合ったものを選べていますか。今回は、日焼け止めの基礎知識を改めておさらいすると共に、自分に合った日焼け止めの選び方や、正しい塗り方をご紹介します。


美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

男性用日傘やマスク日焼けを防ぐノウハウなど、近年はこれまでにない話題も登場してきている日焼け対策。今回は、春から秋までの時期別、そしてシーズン前の予防から焼けてしまった後の対策まで、日焼けの知識についてそれぞれ詳しく取り上げた記事をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

コロナ禍の昨今、マスクは日々の生活に欠かせなくなっています。しかし、長時間のマスク着用によって、乾燥やかゆみなどの肌トラブルが気になることはありませんか?特に花粉症の時季でもある春先は、いつもより肌が敏感で刺激を感じやすくなっているかもしれません。そこで、マスク生活のなかで実践したい、肌荒れを予防するためのマスクの選び方や着け方の工夫、スキンケアによる対策をご紹介。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。