健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

閉じる
世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」
スキンケア|オールインワンコスメの使い方 時短スキンケアで美肌を目指そう

スキンケア|オールインワンコスメの使い方 時短スキンケアで美肌を目指そう

化粧水や乳液、美容液など、スキンケアのステップがひとつで済ませられる手軽さが人気のオールインワンコスメ。忙しい朝や疲れている夜など、時間をかけずにしっかりとスキンケアをしたい時に役立つアイテムです。今回は、オールインワンコスメを選ぶ時のポイントや使い方のコツをご紹介しますので、時短スキンケアで美肌を目指しましょう。


化粧水や乳液、美容液など、スキンケアのステップがひとつで済ませられる手軽さが人気のオールインワンコスメ。忙しい朝や疲れている夜など、時間をかけずにしっかりとスキンケアをしたい時に役立つアイテムです。今回は、オールインワンコスメを選ぶ時のポイントや使い方のコツをご紹介します。

オールインワンコスメのメリット&デメリット

化粧水と乳液に加え、美容液やクリームといった、ひと通りのスキンケアの機能を兼ね備えたオールインワンコスメ。ワンステップでスキンケアを完了できる便利なアイテムです。まずはその特徴を見ていきましょう。

メリット

スキンケアの時短に役立つ

通常のスキンケアでは、化粧水をなじませてから乳液を付け、必要に応じて美容液やクリームを使うなど、工程が多く手間も時間もかかります。オールインワンコスメはこれらのステップがひとつのアイテムで完結するので、スキンケアの時間を大幅に短縮できます。

シンプルなケアで肌への負担が少ない

スキンケアのたびに手が肌に触れると、その分、少なからず摩擦が起き、肌のバリア機能の低下につながることがあります。オールインワンコスメなら肌に触れる回数を減らせるので、肌への負担を軽減できます。

コストパフォーマンスがよく経済的

基礎化粧品をフルラインで揃えると、それなりの費用がかかります。オールインワンコスメは、ひとつあれば何種類ものアイテムを用意する必要がありません。お財布にやさしいのもうれしいところです。

デメリット

浸透力に物足りなさを感じることがある

オールインワンコスメには、化粧水の水分と乳液やクリームの油分がバランスよく配合されています。しかし水分と油分がうまく肌になじまないと、表面だけがベタつき、うるおいを実感できない場合があります。使用する時はしっかりと手のひらで押さえてなじませましょう。

肌のコンディションに合わせた調節が難しい

スキンケアは、その時々の肌の状態に合わせて行うのがベストです。しかしオールインワンコスメ単体では、「カサつきが気になるから化粧水を多めにしたい」「くすみが気になる部分を集中的にケアしたい」といった細かな調節ができません。肌のコンディションによって、悩みに応じた他のアイテムを併用しましょう。

オールインワンコスメの選び方

オールインワンコスメにはさまざまな種類があります。毎日使うものだからこそ、重要なのは自分の肌に合っているかどうか。配合成分やテクスチャーをチェックして、好みのアイテムを選びましょう。朝と夜で違うタイプのものを使い分けるのもおすすめです。

肌悩みに合わせて選ぶ

うるおい不足が気になる乾燥肌をケアしたい方

ヒアルロン酸やセラミドなど、肌の水分を保持する成分が配合されたタイプを選びましょう。特に乾燥しやすい目元や頬には重ね塗りをして、うるおいをたっぷりチャージしてください。

シワやたるみが気になる年齢肌をケアしたい方

コラーゲンやエラスチンなど、肌の弾力をサポートする成分が配合されたタイプを選びましょう。パックの効果もあるオールインワンコスメなら、より集中的にケアできます。

世田谷自然食品の「シーク 夜用オールインワンゲル」は、化粧水・乳液・美容液・クリーム・パックの5つの役割をもったオールインワンコスメ。6種類のコラーゲン(※)を配合し、肌に弾むようなハリを与えます。
※保湿成分として配合

使い心地から選ぶ

ジェルタイプ

オールインワンコスメで多いのはジェルタイプ。水分量が多くみずみずしいテクスチャーが特徴です。さっぱりとした使用感で、肌がベタつきがちな暑い時季にも心地よく使えます。

クリームタイプ・ミルクタイプ

リッチな使用感が好みなら、油分量が多いクリームタイプやミルクタイプを。こっくりとしたテクスチャーで肌にしっかりとなじみ、濃密なうるおいを感じられるでしょう。

オールインワンコスメの基本的な使い方

オールインワンコスメは手軽にスキンケアができるのが魅力ですが、正しい使い方をすることでその効果をより実感できます。最後に、基本的な使い方を確認しておきましょう。

毎日朝晩のデイリーケア

朝の洗顔後や夜の入浴後の清潔な肌に使います。オールインワンコスメを手のひらに適量(500円硬貨大が目安)を取り、額・両頬・あごにのせてから指の腹で内側から外側へと塗り広げましょう。鼻まわりは皮脂が多いため、最後に手に残ったものを軽くなじませる程度でOK。全体的に塗り広げたら、両手で顔を包み数秒間ハンドプレスします。うるおいが足りない部分には少量を付け足しましょう。

週に一度のスペシャルケア

肌の疲れを感じた時は、オールインワンコスメをスペシャルケアに取り入れてみてください。洗顔後の肌に多めにのせて5~10分ほど放置。そのあと一度洗い流し、あらためてオールインワンコスメで保湿を行いましょう。

毎日のスキンケアの味方になってくれるオールインワンコスメ。上手に活用して、健康で美しい素肌を目指しましょう。

関連する投稿


ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

ヘアケア|乾燥に負けない!冬の頭髪を守るヘアケア術

空気が乾燥し、気温が下がる冬は、髪も乾燥してパサつくことが多いもの。髪のダメージにもつながるため、きちんとヘアケアをして髪を守りたいところです。そこで今回は、冬の乾燥にも負けないヘアケア術をご紹介します。


スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

スキンケア|夏本番!日焼け止めの基礎知識や選び方、正しい塗り方

8月になり、いよいよ夏真っ盛りですね。普段何気なく塗っている日焼け止めですが、自分に合ったものを選べていますか。今回は、日焼け止めの基礎知識を改めておさらいすると共に、自分に合った日焼け止めの選び方や、正しい塗り方をご紹介します。


美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

美容法|日焼け 予防からアフターケアまで

男性用日傘やマスク日焼けを防ぐノウハウなど、近年はこれまでにない話題も登場してきている日焼け対策。今回は、春から秋までの時期別、そしてシーズン前の予防から焼けてしまった後の対策まで、日焼けの知識についてそれぞれ詳しく取り上げた記事をご紹介します。


美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

美容法|ぽっこりおなかの解消法!薄着になる夏本番に!

夏本番の暑い時期、薄着になるとボディラインが気になります。なかでも目立ちやすいのがおなかまわり。洋服でカバーすることもできますが、せっかくならスタイルアップを目指したいもの。そこで今回は、食事・エクササイズ・姿勢の3つの観点からの、ぽっこりおなかを解消法をご紹介します。


スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

スキンケア|マスクによる肌荒れ その原因と対策を知る

コロナ禍の昨今、マスクは日々の生活に欠かせなくなっています。しかし、長時間のマスク着用によって、乾燥やかゆみなどの肌トラブルが気になることはありませんか?特に花粉症の時季でもある春先は、いつもより肌が敏感で刺激を感じやすくなっているかもしれません。そこで、マスク生活のなかで実践したい、肌荒れを予防するためのマスクの選び方や着け方の工夫、スキンケアによる対策をご紹介。


最新の投稿


健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

健康メニュー|ムニエル タラなど白身魚を洋風においしく

洋食の魚料理といえば、ムニエルが定番ではないでしょうか。主に白身魚を使うムニエルは、あっさりとした白身魚でも、調理法とバターの風味によってうま味がたっぷり味わえるメニューです。今回は、ムニエルの由来やよく使われる定番白身魚の栄養、組み合わせにおすすめの副菜をご紹介します。


健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

健康習慣|好きな曲でOK!音楽でセルフケアを

「元気になりたい時にはお気に入りのアップテンポの曲を聴く」、「カラオケで思い切り歌うとストレス解消になる」など、音楽で気分を変えることはよくあるもの。同じように、心身をリラックスさせたい時にも、音楽が力になってくれるかもしれません。今回は音楽でのセルフケアをご紹介します。


健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

健康メニュー|「牛すね肉」冬こそ食べたい煮込みの王様

煮込み料理に多く使われる牛すね肉は、煮込むことでよりおいしくなる食材です。一緒に煮込む具材との組み合わせで、より高い栄養効果も期待できます。今回は、牛すね肉の栄養やおすすめの食べ方、おすすめの副菜についてご紹介します。


健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

健康習慣|大寒の過ごし方 冬を健康に乗り切る

二十四節気(にじゅうしせっき)のひとつで、1年で最も寒さが厳しいとされる「大寒(だいかん)」。この時期を乗り越えれば、いよいよ春の気配がやってきます。今回は、大寒の概要や食、健康に乗り切る過ごし方などをご紹介します。


野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

野菜の豆知識|咳やノドの痛みにも「大根おろし」

料理の薬味や付け合わせに使われることが多い大根おろしは、料理を引き立てる脇役にはとどまらず、摂取することで大根が持つ栄養や健康効果が期待できます。使う部位や作り方によって味が変わるのも、大根おろしの特徴。今回は、大根おろしの栄養や部位の違い、作り方などをご紹介します。