健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
健康法|マスク生活を快適に

健康法|マスク生活を快適に

近ごろ、日常的にマスクを着用する機会が増えたことで、マスク特有の肌荒れしやすさや耳の痛み、息苦しさなどに煩わされている人も少なくないようです。今回は、マスク生活を快適にするちょっとした工夫についてご紹介します。


近ごろ、日常的にマスクを着用する機会が増えたことで、マスク特有の肌荒れしやすさや耳の痛み、息苦しさなどに煩わされている人も少なくないようです。今回は、マスク生活を快適にするちょっとした工夫についてご紹介します。

マスクでの肌荒れを防ぐ

マスクの内側の汗をこまめに拭く

マスクの中は高温多湿で外よりも雑菌が繁殖しやすく、肌かぶれが起こりやすい状態になっています。少しでも温度や湿度を低く保てるよう、汗をかいた時はこまめに拭くことを心がけましょう。マスクと顔の間にガーゼを挟み、湿ってきたら取り替えるのもよいでしょう。マスクに触れた後は、手の消毒・手洗いもお忘れなく。

ワセリンなどを塗って擦れを和らげる

マスクと肌が擦れて肌荒れを起こしてしまう方には、耳の後ろ、鼻、ほお、口元などマスクに触れやすい部分にワセリンやバームなどを塗って保護し、擦れを和らげる方法もおすすめです。

マスクを外す時に保湿をする

マスクを外すと中にたまった湿気が一気に蒸発して、肌の水分も奪われ、肌荒れしやすくなるといわれます。頻繁にマスクを外す機会のある方は、外した際にすぐ化粧水をスプレーするなどして保湿を心がけるとよいでしょう。

素材・サイズでマスクを使い分ける

ウイルス対策の面では不織布のマスクがより望ましいとされますが、一方でガーゼや布、ウレタンを使ったマスクのほうが肌への刺激はより少なくなるといわれています。人が多く、三密になりやすい場所では不織布のマスク、人との接触が少なく、リスクが低いと思われる場所では布マスク……と使い分けることで、肌への刺激が少なくなるように工夫してみましょう。
また、マスクが小さすぎる場合も、肌と擦れる部分が多くなり、肌荒れにつながることがあります。今のマスクのサイズが合っているかどうか、チェックしてみてはいかがでしょうか。

マスクゴムで耳が痛くなるのを防ぐ

ゴムを少し伸ばす、耳の後ろにクッションになるものを当てる

マスクを長時間着けていると、ゴムをかける耳の部分に力がかかって痛くなることも。マスクを着ける前に、ゴムを少し引っ張って伸ばしてみる、耳の後ろにカットガーゼを挟む、絆創膏を貼るといった方法で、耳への負担を和らげましょう。
ただし、ゴムを伸ばす方法はやりすぎるとマスクがフィットしなくなる可能性もありますから、少しずつ慎重に扱いましょう。

マスクゴムホルダーを使う

耳への負担がないよう、マスクゴムを後頭部に回すタイプのマスクも見られますが、医療用や手作り品などが多く、誰でも手に入るというわけではないようです。耳用のマスクゴムを左右に引っ掛け、耳ではなく後頭部でマスクを支える「マスクゴムホルダー」は比較的手に入りやすいので、試してみてはいかがでしょうか。

身近なものでマスクゴムホルダーを作ってみよう

実はこのマスクゴムホルダー、身近なもので簡単に作ることができます。用意するのはヘアゴムと、洋服用のボタン2つ。ボタンの穴にヘアゴムを通してから輪を作って結べば完成です。マスクを着ける際はマスクゴムホルダーを後頭部へ持っていき、左右のマスクゴムをそれぞれボタンに引っ掛けて、後頭部でマスクを支えるようにします(画像)。ヘアゴムの長さなどは、顔にフィットするように調整してみてください。

マスクの息苦しさを和らげる

アロマスプレーなどで好みの香りをつけてみる

2020年夏はマスク着用と熱中症対策の両立が話題になりましたが、暑い季節や運動中に限らず、マスクをするだけで息苦しいと感じる方も多いようです。
マスク用のアロマスプレーやハッカ油スプレーなどをマスクに吹きかけ、好みの香りをつけるようにすると、呼吸の度にスッキリとした香りが感じられ、息苦しさも和らぎます。アロマオイルの種類によっては、消臭や抗菌などの効果も期待できます。

マスクの内側に立体マスクフレームを入れる

マスク全体が顔に張り付くようになって息苦しいという方には、マスクの外周と顔の間にはすき間を作らず、マスクの中だけに口や鼻と接触しない空間を作れる「立体マスクフレーム」がおすすめです。さまざまな形状のものが販売されていますので、自分に合うものを探してみましょう。

このように、マスク生活を快適にするアイデアもさまざまなものが登場しています。いわゆる市販の新製品はもちろん、身近なものを使ったり、手作りしたりして解決する方法もたくさんありますから、ぜひいろいろ試して、ご自分に合うものを探してみてくださいね。

関連する投稿


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

健康習慣|学び直し 新たな学びで充実した人生を

何かを学ぶことは学生時代で終わり、という考えは、もはや古いのかもしれません。近年、社会人になってから学ぶ「学び直し」が注目されています。今回は、新しい知識やスキルのインプットや毎日の生活を充実させてくれる学び直しについてご紹介します。


健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

健康習慣|スマイルトレーニング 表情筋を鍛えて自然な笑顔

マスク生活で口元を隠す機会が増え、自然な笑顔を作る力が衰えがちなこのごろ。今回は、目元や口元を動かし、笑顔を作る筋肉である「表情筋」を鍛え、口角を上げてきれいな笑顔を作るヒントなどをご紹介します。


健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

健康習慣|ペタンクに吹き矢……今から始める!趣味におすすめの「ニュースポーツ」

年齢を重ねて筋力が落ち反射神経が衰えると、昔やっていたスポーツができなくなったり、その一方で新しいスポーツは敷居が高く感じたりと、運動から足が遠のきがちです。しかし、だからこそ今から始めても誰でも楽しめる「ニュースポーツ」を楽しんでみてはいかがでしょうか。今回は、初心者でも手軽に取り組みやすい、おすすめのスポーツをご紹介します。


最新の投稿


健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

健康メニュー|カレーがぐんとおいしくなる!ちょい足し5選

日本の国民食ともいえるカレー。カレールーを使えば簡単に調理でき、あたためてごはんにかけるだけですぐに食べられるレトルトカレーも数多く販売されています。食べ慣れている味のカレーも、「ちょい足し」で少し工夫するだけで違った味を楽しめます。今回は、カレーをもっとおいしく味わえる、ちょい足しアイデアをご紹介します。


健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

健康習慣|デジタルデトックスで心も体も軽やかに

スマートフォン(スマホ)は、今や生活になくてはならない存在。しかし近年、「スマホの使用時間が長い人ほど、もの忘れや疲労を感じる度合いが強くなっている」という研究が出ているそうです。時には意識的にスマホと距離をおき、脳を休ませる習慣をつけましょう。スマホやパソコンなどのデジタルデバイスに触らない時間をつくる「デジタルデトックス」は、心にも体にもうれしい効果が期待できますよ。


健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

健康メニュー|「西京焼き」上品な味でご飯にもお酒にも

和食の定番料理として、長く愛され続けている西京焼き。京都名産の西京味噌に漬け込んだ魚や肉などを焼いた伝統料理です。今回は、西京焼きの由来と栄養、組み合わせたい副菜についてご紹介します。


健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

健康法|心身にはたらく「緑茶」の効能&3煎目までのおいしい淹れ方

あたたかい飲み物がおいしい季節です。コーヒーやココアもよいですが、近年再注目されている緑茶も見逃せません。緑茶にはストレスコントロールに役立つ成分や、生活習慣予防・アンチエイジングが期待される効能もあるのです。今回は緑茶の効能と、同じ茶葉で3煎目までおいしく淹れる方法をご紹介します。


健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

健康メニュー|朝食はおかゆではじめよう。レシピと簡単に作るコツ

消化がよく胃腸にやさしい「おかゆ」。健康志向の高まりや、定番からアレンジまで味のバリエーションの豊富さなどから、最近ではおかゆ専門店も登場しています。簡単に作れて、いつ食べてもおいしく味わえますが、おすすめのタイミングは朝。今回は、朝食におかゆを食べるのがよいといわれる理由や、忙しい朝でも簡単にできるレシピをご紹介します。