健康食品、自然派化粧品、美味しい食品なら世田谷自然食品

世田谷自然食品がお届けする「せたがや日和」

閉じる
冷え性対策|ハーブを使った冷え性対策

冷え性対策|ハーブを使った冷え性対策

ハーブはお菓子・料理の香りづけや香辛料としてよく使用される、なじみ深い植物です。多くの種類が存在するハーブはさまざまな味や香りを持ち、その効能も多種多様。今回は、そんなハーブを使ってできる冷え性対策や、身体を温める方法をご紹介します。


ハーブはお菓子・料理の香りづけや香辛料としてよく使用される、なじみ深い植物です。多くの種類が存在するハーブはさまざまな味や香りを持ち、その効能も多種多様。今回は、そんなハーブを使って身体を温める方法をご紹介します。

(写真はローズマリー)

身体を温めるハーブの種類

ハーブの種類は非常に多く、一説には1万種類ものハーブが存在しているといわれています。日本で使われているハーブだけでも、100種類はあるのだとか。ハーブには、調味料としてお菓子や料理の味を変えてくれるだけではなく、種類によって冷えた身体を温めてくれるものもあります。
そのひとつが、「ローズマリー」。肉の臭い消しや料理の香りづけなどに多く用いられているハーブで、さわやかな風味を持つため、ハーブオイルとしても使われています。そんなローズマリーには血行を促進して新陳代謝をアップしてくれる効果があるといわれています。身体のすみずみまで血を行き渡らせることで、冷え性解消の効果が期待できます。
人類が最初に発見した世界最古のハーブといわれている「エルダーフラワー」には、発汗作用があります。発汗により老廃物の排出を促進して血液がサラサラになると、デトックス効果もアップして、冷え性改善をサポートしてくれるといわれています。
レモンのような強い香りを持つ「レモングラス」も、血行促進効果を持つため、冷え性によいといわれています。また、リラックス効果の高い「カモミール」は、冷え性の原因となる自律神経の乱れを整えてくれる効果、抗酸化作用による血行不良の改善効果を持つといわれています。
これらのハーブは身体の温め効果だけではなく、風邪予防、集中力アップなどの効果にも期待できます。

とっても簡単!身体を温めるためのハーブの使用方法

身体を温めるために最も効果的なハーブの使用方法は、ハーブティーとしていただくことです。作り方はとても簡単。乾燥した状態で市販されているハーブを、お茶と同じ要領で淹れるだけです。ハーブティーを摂る場合は、1種類のハーブを使用するよりも数種類のハーブをブレンドしたり、はちみつやミルクを少量加えることで飲みやすくなります。
また、ハーブは入浴剤としても使用できます。日本では、柑橘系果実の皮を乾燥させたものを湯船に浮かせることがありますが、同じようにオレンジピールを入浴剤として利用すると血行改善が期待できます。ハーブティーとして人気が高いカモミールも、発汗作用があることから入浴剤に適しています。
ハーブ入浴剤の作り方も簡単です。乾燥させたハーブをお茶パックなどに入れ、浴槽に入れるだけ。お湯は38~40℃ほどのぬるめの温度に設定すると、ゆっくりつかることができるので温め効果がアップします。
ハーブの花や葉から抽出した精油から作られた100%天然成分のエッセンシャルオイルを入浴剤として使用するのもいいでしょう。ただ、エッセンシャルオイルはハーブの成分が凝縮されたオイルなので、多く使いすぎるとお肌に刺激を与えてしまう場合もあります。そのため、お風呂に入れるエッセンシャルオイルは5~10滴程度に抑えておきましょう。

乾燥ハーブやエッセンシャルオイルは手軽に入手できるので、香りを楽しみながらハーブティーやお風呂に使用してみましょう。ハーブ独特の香りでリラックスしながらの冷え性対策、ぜひ実践してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

健康習慣|夏の睡眠 ぐっすり眠る&すっきり起きるコツ

日本の夏は、寝苦しい熱帯夜が続くことが多く、ぐっすり快眠できたと感じられることが少ないものです。夜中に暑さで何度も目を覚ますこともあり、朝まで眠れてもすっきり起きられないということも。そこで今回は、暑い夏でもぐっすり快眠してすっきり起きるためのコツをご紹介します。


健康メニュー|夏野菜を食べよう! 栄養&おすすめの食べ方

健康メニュー|夏野菜を食べよう! 栄養&おすすめの食べ方

「夏野菜の○○」と銘打ったメニューが登場するなど、季節ごとの野菜の中でも特に注目されることが多い夏野菜。手ごろな価格で出回る時期になると、つい手に取ってしまっていつも冷蔵庫が一杯に……なんて方もいるのではないでしょうか。今回は、これから旬を迎える夏野菜の栄養や、おすすめの食べ方についてご紹介します。


健康法|梅雨の不調を改善する健康メニュー5選

健康法|梅雨の不調を改善する健康メニュー5選

湿度も気温も高くなる梅雨。急激な気候の変化は、体調にさまざまな不調をもたらし、食欲もなくなりがち。そんな時は、体をいたわりながらさっぱりと味わえる健康メニューを取り入れてみてはいかがでしょうか。おいしく食べて、梅雨に負けない体作りを目指しましょう。


健康習慣|湿気対策をしてジメジメに負けず健康に過ごそう

健康習慣|湿気対策をしてジメジメに負けず健康に過ごそう

ジメジメとした雨の日が続き、気分まで憂うつになりがちな梅雨の時期。今回は、過去にご紹介した湿気対策に関する記事のなかから、特に読み返していただきたいものをまとめました。健やかな心と体で過ごすためのポイントを、ぜひ参考にしてみてください。


最新の投稿


健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

健康メニュー|麻婆茄子 実は日本生まれの中華料理

麻婆茄子は、日本でポピュラーな中華料理。中華料理店で食べられるほか、簡単に調理できるソースが市販されているので、家庭でも広く食べられているメニューです。そこで今回は、麻婆茄子に使われる定番の具材とその栄養、おすすめの副菜をご紹介します。


健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

健康メニュー|暑さで疲れた胃腸に「さばの味噌煮」

暑い日にはさっぱりしたものが食べたくなりますが、冷たい食べ物や飲み物ばかりだと胃腸が冷えて消化機能が弱まり、夏バテの原因になってしまうことがあります。そんな時に食べたいのが「さばの味噌煮」。さばにも味噌にも、夏バテ予防になる栄養素がたっぷり含まれています。


健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

健康メニュー|夏バテの強い味方「黒糖」 肉体疲労・集中力アップにも

夏はミネラルを意識的に摂ることが重要。ミネラルとブドウ糖が豊富な黒糖は、体が疲れた時も、仕事や勉強で頭が疲れた時にもおすすめです。持ち歩きや使い勝手も良いので、夏の間は常備しておきたい食材です。


健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

健康習慣|梅シロップ 1日1杯で疲れ知らずに

毎年初夏を迎える頃には、梅仕事が楽しみだという方も多いのではないでしょうか。時間はかかりますが、自宅で漬けた梅の味は格別ですよね。また梅には、疲労回復によいとされる栄養素も詰まっています。今回は、梅のエキスを抽出する梅シロップの栄養や作り方についてご紹介します。1日1杯の梅ドリンクで、早めの夏バテ対策に役立てましょう。


健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

健康メニュー|食べすぎに注意 納豆のちょうどいい食べ方

納豆は健康によくヘルシーな、昔ながらの日本食のひとつ。最近では免疫力アップを期待して食べる方も多いのではないでしょうか。納豆が体にいいのは確かなことなのですが、一度に何パックも食べるなど、極端な食べ方をすると体調を崩してしまうケースも。本記事では、納豆のちょうどいい食べ方と効果をご紹介します。